ピクシブ百科事典

リューズ

りゅーず

リューズとは、アニメ『キャシャーンsins』のキャラクター。もしくはライトノベル『クロックワーク・プラネット』のヒロイン。

曖昧さ回避

  1. 『キャシャーンsins』のキャラクター
  2. クロックワーク・プラネット』のキャラクター。

『キャシャーンsins』のリューズ

CV:宮原永海

キャシャーンを「滅び」を生み出した存在として憎み、その前に度々姿を現す女ロボット。
並みのロボット数体なら瞬殺できるほどの戦闘能力を持ち、左腕の収納式の刃物を武器とする。
姉・リーザはドゥーンやニコとともにルナの護衛をしていたロボットの1人であったが、ブライキング・ボスの刺客として現れたキャシャーンによって負傷し、最初の「滅び」の犠牲者として息を引き取った。リューズは姉が今際の際に遺したキャシャーンへの憎しみから、姉と世界の仇としてキャシャーンを破壊しようとつけ狙っていた。
しかしキャシャーンと接触するうちに、キャシャーンの中に生まれていた罪悪感と責任感を知り、「キャシャーンには、自分のやったことを思い出す責任があり、それまで死ぬのは許さない」と破壊を中断。その後ルナ存命の噂を聞き、それが本当ならば何故リーザは「滅び」を受けたのかと言う疑問を持ち、複雑な思いを抱きながらも同じくルナを探すキャシャーンと行動を共にする。度々キャシャーンに対して恋愛感情的なものがあるような描写が描かれている。
第24話で人里離れた山の中で、戦いから離れたキャシャーン達と暮らしていたがついに力尽き、キャシャーンの腕の中で死亡した。


クロックワーク・プラネット


『クロックワーク・プラネット』のリューズ

CV:加隈亜衣

地球を全て歯車に作り替えた人物「Y」が、約1000年前に製造した自動人形Initial-Yシリーズの壱番機。本人曰くInitial-Yシリーズの中で最弱。

206年前に故障したが構成する歯車が複雑すぎる故、修理できる者がいないまま機能停止状態となっていたが、箱に入った状態で見浦ナオトの家に墜落、異常聴覚を持つナオトに直されたことにより再起動する。その後、与えられた至上命令である「付き従うもの(ユアスレイブ)」に従い、修理を施したナオトをマスターとして登録し、彼と行動を共にするようになる。

歯車は「虚数運動機関(イマジナリー・ギア)」を起動するのに必要な部品で、修理されたことにより「虚数時間(デュアル・タイム)」を発動できるようになる。これは自身の体感速度を高速化し、発動中はリューズからすれば数時間の出来事であるが、見ている側はほんの一瞬の出来事のように感じる。そのため、どんな敵でもリューズ以外は一瞬で倒されているように見えている。

マリー・ベル・ブレゲを超えるものすごい毒舌家で、ナオトに対しても例外ではない(本人はあまり自覚が無い)。しかしナオトに危害を加えようとする者には容赦がない。
ナオトの通う中学校にも転校したが、自己紹介時に「ナオト様の奴隷」と名乗ったため、ナオトは学園中から針のムシロ状態となってしまった。

pixivに投稿された作品 pixivで「リューズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223193

コメント