ピクシブ百科事典

レラ

れら

「サムライスピリッツ」の登場人物。
目次[非表示]

「自然の痛みを知りなさい」

概要

身上書

流派:シカンナカムイ流刀舞術
武器銘:宝刀・チチウシ
出身地:アイヌモシリ・カムイコタン
生年月日:明和八年(1771年) 十月十一日 明け方
身長:五尺一寸(155cm)
体重:語らず
三体数:二尺五寸(B76),一尺六寸(W48),二尺八寸(H85)
血ノ型:AB型
好きなもの:シクルゥ、リムルル
嫌いなもの:道義的に悪党と区別できる人間
特技:シクルゥと話ができる
コンプレックス:いつも見ているだけの自分
尊敬する人:父様
剣の道について:邪魔者を排除する手段
平和を感じるとき:シクルゥ、リムルルと昼寝(してみたい)
好みのタイプ:父様
cv氷上恭子(『剣サム』のみ高橋美佳子)

解説

蝦夷の地から来た自然の巫女である本作のヒロインナコルル分身で、殺伐とした世の中で「大切なものを守るか、相手の命を奪うか」というジレンマを抱えるナコルルの中に潜む心の闇が分離した存在。ナコルルが追いつめられ、心の均衡が崩れた時に現れる
よって、レラとナコルルは本質的には同一人物である。
その性格も清楚で温厚なナコルルとは違って、冷静沈着で厳格。しかし元はナコルルなので根はやさしい部分があり、ナコルルのリムルルにも慕われており、彼女もリムルルを大切にしている。なので、リムルルに泣かれると思わずうろたえてしまうといった一面も持っている。
ナコルルがママハハを連れているに対し、レラはシクルゥという灰色のを連れている。
なおレラとは、アイヌ語で【】という意味である。

誕生の経緯

原形は『羅刹ナコルル(通称:紫ナコルル)』をベースにしたキャラ。
『サムライスピリッツ零』(零サム)以降、【修羅・羅刹】による剣質変化(キャラ性能変更)が廃止されて以降、紫ナコルルを続投させる策として登場したのがレラであった。
なにせこの紫ナコ、ファンから「こっちの方がいい」「こっちナコの方が彼女の素だろ」とまで豪語させる熱烈なファンを生み、ナコルル人気の暴走に拍車をかけた実質もう一人いた別のナコルルといって差し支えが無い。

しかし、元の紫ナコは勝気でドSな性格に対し、レラがクールビューティーというこれまた方向性が違ったために、紫ナコファンからの人気をうまく掴むことができず、最終的に『サムライスピリッツ天下一剣客伝』(剣サム)で紫ナコがレラとは別に隠しキャラ復活を遂げることになる。

ゲームでの性能

とにかくシクルゥに乗って戦う
レラといえば『必殺技「シクルゥに乗る」』というぐらい、必殺技が全部シクルゥがらみ。・・・というか、シクルゥに乗らないと技が使えないという妙に尖りまくった性能をしている。
『剣サム』以降はシクルゥに乗る際の問題点が解消され、使いやすく改良がくわえられた。特にその機動力は凄まじく、全キャラ中でもシクルゥに乗った状態ならばその速さは相当なもの。しかし、今度はサムスピに有るまじき低下力という難点が浮上。具体的には大斬り一発が最低でも3割弱は固いバッサリ剣劇のサムスピで、彼女の大斬りは1.5割という驚きの低さ。
一応は中堅ランクにおさまったが、その攻撃力の低さがネックとなっている。

余談

知る人ぞ知る、格ゲー界の尻神様
ウェストとヒップの落差が実に38cmもある、38センチメートルである、漢字にすれば「参拾捌糎」である。
実は『サムライスピリッツ』の女性陣は総じて安産ヒップの持ち主が多く、人格元のナコルルも、エロスの権化と名高いいろはも、そして幼女枠に入れられがちなリムルルでさえもWH比30cm(斬サム基準)以上という至宝を抱えている。
なにこの尻フェチホイホイ
その中でもレラはトップクラスのお尻の持ち主であり、未だ持ってこの記録が他の格ゲーヒロインに破られたことはない
ちなみに、ナコルルの分身設定があるに係わらず、レラの方が総じてスタイルが良い
スタッフのレラへの試行錯誤が垣間見れる一面と言えよう。

余談中の余談

実はプレイヤブルキャラとしてだとサムライスピリッツ零が初出だが、レラ自身の初出はそれより前にSNK倒産後に発売された『ナコルル ~あのひとからのおくりもの~』(通称『ナコりもの』)がソレ。
OVAにもなっているが、前編で止まっている。何でかって?それを聞いちゃぁおしめぇよ。

関連イラスト

レラ

 

レラとシクルゥ



関連タグ

サムライスピリッツ
ナコルル 紫ナコルル
 クールビューティー

pixivに投稿された作品 pixivで「レラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 262058

コメント