ピクシブ百科事典

徳川慶寅

とくがわよしとら

徳川慶寅とはサムライスピリッツの登場人物の一人。「零」および「零SP」の主人公

「強くてカッコよくて、しかも男前。悔しくって、ぐうの音も出ねぇだろ?」

人物像

流派我流(基礎となる剣術は柳生十兵衛から教わる)
武器銘撫子・白百合・牡丹・椿・朝顔・夕顔・慶寅
出身地江戸
生年月日明和三年(1766年) 一月一日
身長五尺八寸
体重十七貫目
血ノ型B型
好きなもの粋な遊び全般
嫌いなもの
特技天才
コンプレックス(零、零SP)次代将軍に就かなければならないこと、(剣客伝)心腹の友がいないこと
尊敬する人兇國日輪守我旺
剣の道について何気なく覚えた処世術の一つ
平和を感じるとき六人の恋人と過ごしているとき
好みのタイプ世の中の全ての女性を愛している


天草降臨より久々に稼働した2Dサムスピ、サムライスピリッツ零の主人公。CVは優希比呂(旧結城比呂)が務めた(零SPまで)。
キャラデザインはるろうに剣心和月伸宏

徳川10代将軍徳川家治の一人子。次期将軍と目されているが、当の本人は義弟の家斉に即位してもらうつもりだった。と言うのも将軍家の気質が肌に合わず、下町で恋人(6人!!)と気ままに過ごす方を好んだ為。
零のラスボス「兇國日輪守我旺」に戦いを挑んで敗れたことがあり、それ以降は我旺を憧れの人として尊敬。「零」では反乱を起こした我旺を止めるため戦いに赴く。
「天下一剣客伝」では新キャラ・アンドリューと出会い、国の代表としてお互いに世界に通じる良い国を作ろうと約束をし、 世界を一つにまとめる「世界幕府」を作ろうという同じ志を持ったもの同士、友情を深めた。

キャラ性能

初登場となった「零」ではダイアグラムのトップ。通常技のリーチが多く、必殺技はガードされても反撃されにくい技が多いので、リーチと突進力を生かしてガンガン攻めるのが主流。
…なのだが、いかんせん高性能過ぎて零のバランスを崩壊させるに至っている。
特に中・撫子が強く、なんとなく戦っていれば「ナデシコッ(ズバッ)→ナデシコッ(ズバッ)→(ズバッ)....→どうだ、カッコ良かっただろう? ハーッハッハッハ」みたいな感じで勝ててしまう
ちなみに炎邪を相手にした時にはしゃがみ中斬りだけで炎邪の動きを完全に封じることが可能。

とはいえ、これまでのサムスピシリーズに比べればその性能は突出したものではなく、またキャラ職人の多いことも相まって、闘劇では準決勝で全ての慶寅使いが姿を消している。
あと、CPUのエグさにも定評があるサムスピではどれだけ高性能な技をそろえていても、CPU戦でも楽勝とは行かない。どういうことなの…

この後は技全体に調整が加えられ、「一通りの技は揃っているが、肝心なところに手の届かない器用貧乏」になってしまった。
まぁ「零」での強さも、スタッフが「コレはマズい」と思いながらも、最終調整時の超過密スケジュールに忙殺されるハメになり、そのまま世に送り出されたっていうオチが付いてるんだがな!!

pixivに投稿された作品 pixivで「徳川慶寅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24645

コメント