ピクシブ百科事典

大山猫

おおやまねこ

食肉目(ネコ目)ネコ科オオヤマネコ属に属する中型の肉食動物。
目次[非表示]

概要

オオヤマネコは、ネコ科オオヤマネコ属 Lynx に属する中型獣の総称で、リンクスとも呼ぶ。
狭義の「オオヤマネコ」は、オオヤマネコ属の種:ヨーロッパオオヤマネコを指す。

身体的特徴

体長85~115センチ、体重に関しては12~22キロ。
四肢はがっちりとしており、雪上の活動に適応して足裏が大きい。耳の先端に長い毛があり、尾が短い。

分布

北米ヨーロッパアジア北部に生息し、行動範囲が広く一夜で40km移動することもある。生息地域によって体色が異なり、黄色~褐色の個体もあれば、ホワイトタイガーのように白い個体もいる。

かつては日本にも、北海道から南九州まで広範囲に分布していた。イリオモテヤマネコツシマヤマネコに近い種類のヤマネコが縄文人や弥生人との接触後に割とすぐに絶滅したが、オオヤマネコはしばらく生き残っていたと思われる。絶滅の経緯は不明だが、ヤマネコの方はニホンオオカミなどの例に漏れず、イエネコからの感染症があったのかもしれない。

生態

シカ類、ウサギイノシシの仔、キツネなどを捕食し、220キロのアカシカを殺した例もある。

オオヤマネコ属の種

  • ヨーロッパオオヤマネコ
  • カナダオオヤマネコ
  • スペインオオヤマネコ
  • ボブキャット


文化的側面

オオヤマネコのがかすかなでもよく見えることから、観察眼の鋭さを「オオヤマネコの眼」と表現し、たとえば英語では、lynx-eyed という表現で「眼の鋭い」ことを表す。
中世キリスト教ではキリストの全知を表し、貴族の紋章に明敏や明智を意図して用いたものもある。
また、上記の事例から発展して、嘗て中世ヨーロッパではオオヤマネコは「透視」のメタファーともされた。

イラスト

リンクス にゃー!
剣と大山猫



動画



関連タグ

動物  大山猫 オオヤマネコ リンクス
やまねこ座 山猫座 

動物としての「オオヤマネコ」を意図する場合、タグ 大山猫 を推奨。

pixivに投稿された作品 pixivで「大山猫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13769

コメント