ピクシブ百科事典

影山零治

かげやまれいじ

『イナズマイレブンシリーズ』の登場人物。
目次[非表示]

「会いたかったぞ、鬼道 我が最高の作品」

CV:佐々木誠二(ゲーム1のみ嶋田久作

プロフィール

イナズマイレブン

帝国学園総帥。
監督としては非常に優秀な指導力と選手の育成力を持つが、同時に勝つためなら手段を選ばない非道な性格で、帝国学園の40年間無敗伝説の裏には全て影山の陰謀が関わっていた。
40年以上前の子供時代にサッカー選手であった父の影山東吾が円堂大介率いる若手選手勢の台頭によりサッカー界を追われて失踪、母は病死とで家庭が崩壊。それ以降サッカーに対して愛憎の混じった複雑な感情(かつてのチームメイトをして「憎むことでしかサッカーを愛せない」とまで言わしめた)を向けるようになる。
円堂大介への復讐のために彼が監督を務めていたイナズマイレブンの一員となり、大会決勝当日にバスに細工を仕掛けて事故を起こし、無敗のイナズマイレブン伝説に終止符を打った。その後も事故に見せかけて円堂大介を殺害している。

1期ではいずれ帝国と当たる大介の孫である円堂守率いる雷門イレブンを潰すために、部下を使ってバスのブレーキに細工をしたり、試合直前に鉄骨を落とすなどして本気で殺しにかかってきたが、前者はスパイとして雷門に潜り込んでいた土門の離反により、後者は今までの陰謀を知った鬼道らの離反により失敗に終わる。
一旦は逮捕されたが証拠不十分で釈放され、「神のアクア」と呼ばれるアイテムでドーピングした世宇子中を率いて全国大会1回戦で帝国を潰すが、決勝戦で雷門に敗れて再逮捕された。
なお、その1年前には決勝戦で当たる木戸川清修を潰すために、エースストライカーであった豪炎寺修也の妹の夕香を交通事故に遭わせて意識不明の重体に追い込んでいた。

2期では護送車に乗っていたところを雪崩によって脱出(アニメでは不動が蹴ったエイリアボールで雪崩が発生した)。
不動と結託して真・帝国学園を設立し、雷門にリベンジを目論むも敗れ、拠点としていた潜水艦を爆破して艦もろとも海に沈み、再び姿をくらます(おそらく警察の目を欺くための演出だと思われる)。

3期では姿を変えて「ミスターK」と名乗り、チームKを率いてイタリア代表オルフェウスになり替わろうとするが、円堂や鬼道がオルフェウスに協力したことで失敗。
しかし、オルフェウスの監督を脅迫して正式にイタリア代表の監督として交代していたため、そのままオルフェウスを率いることになる。
幾度となく円堂たちに敗れた影響か、この時点で自分の在り方に揺らぎができてきており、仕組んだ事故に巻き込まれて怪我を負った盲目の少女ルシェに正体を隠して目の手術費と励ましの手紙を送っていたりした。
イナズマジャパンとの試合で同じ境遇の持ち主であるフィディオにサッカーへの複雑な感情を見抜かれ、彼の再現した影山東吾のプレイングを見てかつての情熱を取り戻し、監督として正々堂々と試合に挑んだ。
試合後にこれまで自身の背後にいる黒幕の存在を示唆して逮捕されるが、護送中に事故で死亡する(作中ではあくまで事故としか言われていないが、アニメでの展開や演出的に陰謀死だった可能性も考えられる)。

イナズマイレブンGO

死後から10年後にあたるイナズマイレブンGOにてなんと結構可愛い容姿をした甥の存在が発覚し、甥と円堂の会話から自然と兄弟or姉妹がいたことが明らかとなった(ゲーム中での表記は「おじ」となっている)。しかしアニメでは父親の失踪、母親の病死後影山は一人となったとされており、この兄弟姉妹とは生き別れとなったと思われる。

そして・・・ついに10年の沈黙を破り、イナズマイレブンGOギャラクシーにて「黒岩流星」としてまさかの復活を果たした。詳しい内容は当記事を参照。

イナズマイレブン アレスの天秤

2017年1月20日放送『イナズマウォーカー』Vol.3内で放映されたショートアニメ『イナズマイレブン アウターコード』第3話で新作への登場が発表された。
今作ではエイリア学園の襲撃が無かったパラレルワールドの世界で、2期であった護送車からの脱走が無くなり、そのまま刑務所で服役することとなったが、政府考案の「アレス更生プログラム」の実験対象に志願し、短期間の内に刑期を終えて出所、帝国学園新監督として復帰を果たした。
帝国学園を一から鍛え直すべく、強化委員として雷門中から風丸一郎太を迎え入れた上でレギュラーメンバーを変える方針を取る模様。

特徴

常にサングラスを着用している。髪型はオールバックでポニーテールにしてまとめている。
ミスターKの容姿では髪型を変えて金髪に染め、サングラスもオーバル型からフォックス型に付け替えている。
相当な高身長で、背の高めな海外監督勢を含めてもトップに位置する。

顎が長く、帝国学園という点から帝都物語加藤保憲がモチーフに入っていると思われる(ゲーム1で声を担当した嶋田氏は実写映画で加藤保憲を演じている)。

育てた選手を自身のコレクションと認識しており、その中でも鬼道を「最高傑作」と評して離反後も事あるごとに自分の元へ連れ戻そうとしていた(過去に鬼道の父親から彼のメンタル面のフォローを念入りに頼まれていたため、それ抜きでも鬼道とは密接な関係であるといえる)。
祖父を殺された円堂・妹を殺されかけた豪炎寺・師弟関係の鬼道と主要3人それぞれと因縁を持ったキャラだったが、実は円堂大介は生きており、豪炎寺夕香も無事意識を取り戻したため、最終的に鬼道との因縁以外は有耶無耶になっている。
これが「アレスの天秤」ではどのようになるかは不明。

余談

元々キャラクターデザインの初期案は今の響木正剛(イナズマイレブンGOギャラクシー早期購入者特典の秘蔵データDVDより)。そのためサングラスや服装などが共通している。
五条勝も彼の没デザインがベースとなっている(長野拓造のTwitterより)。

二次創作での扱い

何か意図的な事件があったらたいていこの人の仕業である。
また、作品のツッコミどころや納得いかない展開があっても大体は「影山のせい」で済まされる。

関連イラスト

三☆
ペンギン好きのおじさん


関連タグ

イナズマイレブン イナズマイレブンGO アレスの天秤
帝国学園 世宇子 真・帝国学園 チームK(イナイレ) オルフェウス
黒岩流星

pixivに投稿された作品 pixivで「影山零治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 392776

コメント