ピクシブ百科事典

松崎銀次

まつざきぎんじ

広江礼威の漫画『ブラックラグーン』の登場キャラクター。
目次[非表示]

「日本編(『Fujiyama Gangsta Paradise』)」に登場した、鷲峰組に所属する極道者。 【人斬り銀次】の異名を持つ凄腕の剣客だが、一線を退いて亡き先代の娘である鷲峰雪緒の保護者として平穏に過ごしていた。 しかし、徐々に鷲峰組の存在が危うくなり、現場に復帰することとなる。

作中、及びファンからの愛称は『銀さん』。
担当声優は梁田清之

概要

「日本編(『Fujiyama Gangsta Paradise』)」に登場した、鷲峰組に所属する極道者。立ち位置は若頭代行。
 ロックレヴィとは、松の内屋台でレヴィが射的屋のオヤジと諍いを起こしかけていたときに割り込んできたのが最初。以後、その場に付いてきていた鷲峰雪緒とともに日本編おけるキーパーソンの一人となって物語に係わっていく。

 かつては【人斬り銀次】の異名で知られた凄腕の剣客であり、近在の極道は名を聞くだけで恐れおののくと言われるほどの実力者。しかし、亡き先代組長の娘である雪緒の保護者役として一線を退き、以後はテキ屋を商いつつ、同業者たちの調停役として雪緒とともに平穏に過ごしていた。
 しかし、雪緒がチャカの独断行動で攫われた際にロックたちと共同戦線を張り、再び白鞘を握ることになる。その腕は微塵も鈍ってはおらず、得物は白鞘一本のみで腕前も達人級、おまけに飛んできた弾丸をブった斬るという人間離れした芸当までこなしてみせ、チャカを完全に圧倒して葬り去った。
 その後、ホテル・モスクワとの協定関係が瓦解し、鷲峰組が危機に瀕したことで雪緒が組長の座を継承し、その側近として本格的に現場へ復帰。ホテルモスクワの日本支部の頭目であったヴァシリ・ラプチェフの事務所を単騎で襲撃して全滅に追い込むなどの活躍を見せるが、状況は好転せず、追い詰められていく。

 最終的にホテル・モスクワが香砂会を潰したことで事は収まるが、バラライカのやり方によって死んでいった組員を思う雪緒の一存でレヴィたちとぶつかることとなる。最終的にレヴィとの決闘を果たすことになるが、ロックと雪緒の問答から雪緒の言葉に心が揺らぎ、レヴィのカトラスに眉間を撃ち抜かれて絶命した。
(※銀次も銀次で、カトラス一挺破壊とレヴィの大腿部を串刺しにする大健闘を見せており、コミック版でレヴィにここまでの重傷を負わせたのは今のところ彼だけである)

容姿・性格

 普段からサングラスをかけ、横と後ろを刈り上げた短髪に無精髭で、見るからに厳つい風貌をしている。雪緒の誘拐事件以降はロングコートを羽織るようになった。
 見た目は厳ついが義理堅く冷静な性格で、常に雪緒のことを慮って行動に移る。そのため、雪緒の組長就任の回避に奔走し続け、やむなく彼女が組長を継いだ後は常にそばで彼女を守り続けていた。こうした性格もあって、先代組長やほかの幹部たちからの信頼も非常に大きい。
 意外にも料理が得意で、雪緒の邸宅の食事の用意は銀次が担当していたと思われる。

関連タグ

銀さん。



関連タグ

ブラックラグーン
ヤクザ 極道 剣客
白鞘 居合
おっさん サングラス 無精髭

pixivに投稿された作品 pixivで「松崎銀次」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21964

コメント