ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避


灯油(燃料)

石油から精製される化石燃料の一種「ケロシン」を、ストーブランプ用に調整したもの。

ケロシンは『軽油より軽くガソリンより重い』とされるが、主成分の炭化水素の炭素数は軽油に重なり、ガソリンよりは軽油に近い性質を持つ。

ガソリンよりも引火しにくく安全性が高く(ガソリンを燃料として使うストーブもあるが引火には注意が必要)、軽油よりは揮発性が高いため(軽油をストーブに使うと大量の黒煙を出す)、暖房器具の燃料として重宝される。また、工業用、産業用途として機械の洗浄あるいは溶剤にも用いられる。

ケロシンは気圧差に左右されにくい特性を生かしてジェットエンジン向きの燃料として調整され、飛行機の燃料にも用いられている。

※なお石油製品は『LPG(プロパンガス)<ナフサ(ガソリン)<ケロシン(灯油)軽油<重油<アスファルト』の順に重質化する。

萌えるドット


ポリタンクに入れられることから「灯油=ポリタンク」イメージが強い。

関連タグ

燃料 石油 醤油チュルチュル 一斗缶 ポリタンク

pixivに投稿された作品 pixivで「灯油」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1189045

コメント