ピクシブ百科事典

西方project

せいほうぷろじぇくと

西方projectとは、『瞬殺サレ道?』による同人STG。
目次[非表示]

概要

同人サークル瞬殺サレ道?』によって作られた弾幕シューティングゲーム
秋霜玉稀翁玉幡紫竜の3作が存在している。
制作スタッフの大学時代の先輩であるZUN氏の作品東方projectとは対になっているゲームである。

東方と比較すると知名度は低いものの、二次創作においては東方の作品に西方のキャラクターが出てくることはそれなりに多い。

東方projectとの関連性

本作は第二作目である稀翁玉までのBGMをZUN氏が担当しており、東方からのゲストキャラとして、秋霜玉では博麗霊夢霧雨魔理沙稀翁玉では幽香(風見姓はまだ無い)が出演している。
システムも東方のそれを踏襲し『ステージが全六種類とEX』『ボスの弾幕に段階があり体力を減らすごとに弾幕が変わる』といった共通点がある。

対になっている設定としては、東方が『古風な世界観』『人間と妖怪を始めとする人外』『ファンタジー成分の多い要素』を含んでいるのに対し、西方は『未来の世界』『人間・ロボット・兵器』『SF』をテーマとしており、一般的なシューティングゲームに近い背景を抱えている。

また秋霜玉の設定において、東方の舞台『幻想郷』の外の世界は西方の世界となっているようだ(あくまで合作的な要素なので、東方側の設定がそうなっている可能性は低い)。

舞台背景(秋霜玉のtxtより抜粋)

この物語は、とことん未来の地球が舞台。
悪化した環境は、地球に本来生息していた植物すべてを絶滅させた。
たったひとつ、サボテンを除いては…。

このままでは地球は滅んでしまう…。
人類は生き残りをかけ、サボテンからエネルギーを抽出する研究を進めていく。

そして、ついにカクタスカンパニーがサボテンエネルギーを完成させた。
サボテンエネルギー ―― 原子力さえもはるかに凌駕するエネルギー。
それによって、地球滅亡の危機はなんとか回避することが出来た。

しかし、サボテンエネルギーはまだ不安定な存在。
エネルギーが暴走し、深刻な被害を与えることもあったという。
カクタスカンパニーもそのエネルギーの強大さゆえに、大きな事故を起こし、
一時は壊滅寸前にまで追いこまれた。

数十年後、人類はサボテンエネルギーの制御に成功し、再び繁栄を築き上げた。
そんな中、カクタスカンパニーは人型の戦闘ロボットを開発する。
開発者の趣味だかなんだかは知らないがメイド型。
しかしながら、テストでは既存の兵器の戦闘力を遥かに凌駕した。
そう、彼女もまた、サボテンエネルギーを利用して開発されたのだ。

「おつかいに行ってきます!」

登場キャラクター

秋霜玉
VIVIT(自機)
ミリア(stage1ボス)
めい&まい(stage2ボス)
ゲイツ(stage3ボス)
マリー(stage4ボス)
エーリッヒ(stage5ボス)
ビビット(stage6ボス)
博麗霊夢霧雨魔理沙(EXtraボス)

稀翁玉
VIVIT(自機&対戦相手)
ミリア(自機&対戦相手)
めい&まい(自機&対戦相手)
ゲイツ(自機&対戦相手)
マリー(自機&対戦相手)
エーリッヒ(自機&対戦相手)
モーガン(自機&対戦相手)
ミューズ(自機&対戦相手、ラスボス)
幽香(自機&対戦相手、隠しキャラ)

幡紫竜
VIVIT-r(自機またはstage4ボス)
桜崎比良乃(自機またはstage4ボス)
エーリッヒ(stage1ボス)
桐島雄太(stage2ボス)
イリアトリアフェリア(stage3ボス)
ラグナス(stage5ボス)
ユイティア(stage6ボス)
マリー(EXtra中ボス)
ミリア(EXtra中ボス)
めい&まい(EXtra中ボス)
ゲイツ(EXtra中ボス)
モーガン(EXtra中ボス)
ミューズ(EXtra中ボス)
イカロス(EXtraボス)

関連イラスト

Say-Ho!
よくわかる西方Project


西方extra's
魔理沙ちゃんマジ天使



関連タグ

秋霜玉 稀翁玉 幡紫竜
同人ゲーム 弾幕シューティング
東方Project ZUN

pixivに投稿された作品 pixivで「西方project」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68574

コメント