ピクシブ百科事典

魔法使いと黒猫のウィズ

まほうつかいとくろねこのうぃず

株式会社コロプラが提供するソーシャルゲームアプリ。2013年3月5日配信開始。正式名称は『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』。
目次[非表示]

概要

よくあるカードバトル物のソーシャルゲームクイズの要素を追加したスマートフォンゲームアプリ
カード(ゲーム内では精霊と呼称)にはの3属性があり、いずれかの属性を持つ問題を正解することで同じ属性を持つカードがモンスターを攻撃する。
属性には「」といった三すくみの相性法則が存在し、例えば敵モンスターが属性の場合は属性のカードが最も効率的にダメージを与えることができる(当然だが、雷属性の問題に正解できなければ攻撃自体できない)。
2属性・3属性を持つ問題も存在し正解できればより多くのカードが攻撃できるが、属性が多いほど問題は難しくなり(現在の正解率は2属性が50%~80%、3属性が20%~50%)、不正解で1ターンを無駄にするリスクを背負う。
そのため、デッキ(カード1~5枚で構成)は単一属性で固めるというのが基本となっている。

クイズ形式は当初「四択」のみだったが、アップデートによって「スライド」「穴埋め」「線結び」「一問多答」「グループ分け」が実装されている(2015年12月現在)。
ただし、「四択」以外は一部のイベントに登場するのみで、通常クエストには登場しない。
また、クエスト道中に登場する宝箱に限定されるが「並べ替え」クイズも存在している。

なお、2015年4月に主属性と副属性という2つの属性を持つ複属性カードが登場し、同年8月末には副属性にを持つカードも登場している。
の2属性は互いに有利なダメージを与える関係だが、既存の3属性との相性は存在しない。また、自動的に供給される問題には存在せず、カードのスキルによって生成する必要がある(2015年9月現在)。

黒猫のウィズ

チュートリアルを進めていくと、途中からクエストの道中画面右下に黒猫が居座るようになる。この猫こそタイトルにある黒猫のウィズである。
放置しててもそれなりにかわいらしい仕草を見せるが、これをタップすると鳴きながら様々なリアクションを返してくれる。連打すればものすごい勢いでニャーニャー鳴く
これが癖になり、当アプリを猫ゲーとして評価する者もいるとかいないとか。
2013年5月のアップデート以降はシルバニアファミリーのような毛並みのツヤが表現されるようになった。
また、2013年8月頃に放送されたTVCMではリアル黒猫のウィズ(?)が登場していた。

担当声優

2014年12月に公開されたアップデート告知ムービー(YouTube)でメインストーリーのフルボイス化が発表された。それと同時にウィズバロン・ライオネルの声優が、続く2015年3月頭の2周年アップデート情報(YouTube)ではアレク・ルミナレスロレッタ・ミラージュの声優が判明している。
その後、2015年3月からメインストーリーにボイスが順次実装されていった。

また、一部イベントのストーリーや限定カードにもボイスが実装されている。
ボイスが実装されたカードはスキルの発動時にセリフを発するほか、リーダー(デッキの一番左)に置くとバトル中に様々なタイミングでセリフを発する他、スペシャルスキル発動時や助っ人出現時にもセリフを発する。

なお、ボイス実装以前の2015年2月に行われた白猫プロジェクトとのコラボの際、あちらに登場したウィズを含むキャラクター7人にもボイスが実装されている。
後にこちらでもボイス付きのカードが登場したリヴェータ・イレミカエラ・セラフィムファム・リリーは同じ声優が担当しており、他のキャラクターもボイス付きカードが登場する場合は同じ声優が担当している。

メインストーリー

ウィズ田村ゆかり
バロン・ライオネル広田みのる
アレク・ルミナレス柿原徹也
ロレッタ・ミラージュ早見沙織
ルシェ・ワダツミ三瓶由布子
ドゥーガ・ザムンダール藤原啓治
ベルナデッタ・イルマ能登麻美子
オルネ・タンペート釘宮理恵
ティア・ソピア村瀬歩
キーラ・バルバレス斎藤千和
シオン・ミディアルヴィルハルト菊池幸利
リアナ・ミディアル阿部里果
アナスタシア茅原実里
クォ・ヴァディス子安武人
マルガ山下まみ

期間限定イベント

幻魔特区スザク
キワム・ハチスカクロ寺島拓篤
スミオ・ネジヅカ真堂圭
ヤチヨ・カスガ沖佳苗
トキオ・ネジヅカ水島大宙
アッカ・フロレンテ後藤邑子
タモン・シャズ真木俊一
トキモリ・ウガイヤ高宮彩織
ヴィルゴウシュガ・ハイガド弓原健史
サジェ・カムラナアサギ・カムラナ七瀬彩夏
アトヤ・ハクザン君嶋哲
ミュール・リベラ篠宮あすか
コベニ・ロウヤマ深川芹亜
ヒミカ・ミナミデ織田亜希

マジカルグリコクエスト
リコ紗々
グリ永塚拓馬
その角元明日香
美雨立花理香
濱野大輝

クロム・マグナ魔道学園
イツキ・マスグレイブ内山昂輝
リンカ・ワイアット茅野愛衣
ニコラ・モーガン金元寿子
ヴォルフ・ロイ前野智昭
シャーリー・コルト小倉唯
アーシア・ベネットM・A・O
アキラ・マスグレイブ斉藤壮馬
ノア・アームストロング小澤亜李
カエデ・ジングウジ降幡愛
ミユキ(MIU☆MIU)長縄まりあ
ジョージ・トドロキ間宮康弘
エミリア・トドロキ山岡ゆり
ユキヤ・コンラッド白井悠介
エマ・ユーイング北原知奈
ダンケル・アダムス乃村健次
サロメ・ヌヴー今瀬未知
アムベル・ケイ加藤美佐

超魔道列伝☆アルティメットガールズ
アリエッタ・トワ黒沢ともよ
レナ・イラプション中原麻衣
ソフィ・ハーネット※:山崎はるか
リルム・ロロット※:大和田仁美
エリス=マギア・シャルム安済知佳
エターナル・ロア細谷佳正
※・・・ボイスの実装自体は3500万DL記念で登場した「ソフィ&リルム」が先に行っている。

空戦のドルキマス 沈まぬ翼
ディートリヒ・ベルク森川智之
ローヴィ・フロイセ相坂優歌
クラリア・シャルルリエ水瀬いのり
ヴィラム・オルゲン名村幸太朗
ライサ・ナトゥル柚木涼香
キャナル・エアガイツ堀中優希
ルヴァル・アウルム鈴木達央
プルミエ・シエル福原綾香
ピエラ・サバタドロシー・ド・ロシー野村真悠華
ラウリィ・グラントエクサヴェル・アルガ佐々健太
トァラ・アルゼンタム友永朱音
ノグズエルイグノビリウムてらそままさき

八百万神秘譚
ミコト・ウタヨミ大亀あすか
スオウ・カグツチ河西健吾
セイ・シラナミ増田俊樹
マトイ・ナヒサコ山村響
トミ・コトブキ(ジョセフィーヌ):伊藤美来
ナゴミ・オソドリ松田利冴
ウカ・イナオセ辻あゆみ
アツマ・ヤコゴリ堀江瞬
カフク・アバラヤ西口亜里沙
カタバ・フツガリ竹内栄治
オオミコシガミ:堀江瞬、松田利冴、花守みゆり
ツクヨ・オトエヒナ花守みゆり
コノハ・ヨリヒメ佳村はるか
エトワール・ブリュネ※:麻倉もも
メリエル・エクリプス※:永田優美
モミジ・カキツバタ新名彩乃
ザ・セブン:永田優美、堀江瞬
※八百万神秘譚限定キャラではなく、それ以前に通常のクリスタルガチャに登場している。

双翼のロストエデン
アルドベリク・ゴドー※1(サッド・アルドベリク):櫻井孝宏
ルシエラ・フオル※1:喜多村英梨
ミカエラ・セラフィム※1※2:川澄綾子
イザーク・セラフィム※1※2、イアデル・セラフィム※2:興津和幸
クリネア・マキア※1:小岩井ことり
マクシエル・ウーゴ岩澤俊樹
エストラ・ディミール近藤唯
レイフェル・ユリーマ優希
※1:通常のクリスタルガチャに登場している。
※2:以前に開催されたイベントクエスト「天界の双子 訣別のクロニクル」に登場している。

天上岬天上岬の調香師
ファム・リリー花澤香菜
フェルチ・リリーフロリア・リリー山下七海
エテルネ・ポムビッグフモーフ和氣あず未
アネーロ・フェサファラフォリア朝日奈丸佳
ベアード・フェサジャガード・ライド斉藤次郎
ロゼッタ・ラッシュヴェレッド佐藤美由希
ブレド・クラフツ酒井広大
カルテロ・レナド東内マリ子
ソリッサ・ミマミルニーモ渡谷美帆
ヤネット・フリール佐土原かおり
リグス・ナハル木村良平
ナルナ・カスタ芹亜希子
ロニール・クム高城元気
ガウローンエリーク・ハネス坪井智浩

ハッピースイーツコラボレーション
ラヴリ近藤佳奈子
アーモンドピーク冨岡美沙子
アーモンドプレミオ橋本結
デザートン近藤浩徳※1
アーモンドグリコ堀内賢雄
アルティミシア※2:高森奈津美
コリン※3:相坂優歌
シャルロット※3:内田真礼
ヴィルフリート※3:子安武人
コヨミ※3:諸星すみれ
テレーゼ※3:木村珠莉
マール※3:種﨑敦美
ミレイユ※3:谷口夢奈
ツキミ※3:佐藤聡美
※1・カードに実装されていないが、ハンサム、マッハ、ハカセも担当
※2・今回初めてボイスが付いた
※3・白猫プロジェクトより登場

約束の地
アンジェリカ・ヴァイル水樹奈々
ルーファス・ヴァイル杉田智和阿澄佳奈(少年期)
ミシェル・ヴァイル阿澄佳奈

黄昏メアレス
サンセット=リフィル小清水亜美
ガンダウナー=ルリアゲハ行成とあ
エッジワース=ゼラード小松史法
アーセナル=コピシュ森永千才
ダイトメア=ラギト佐藤拓也
ウォーブリンガー=ミリィ村上奈津実
ピュアメア谷口夢奈
ファミリアメア西田望見
ミスティックメアせきしほ
アフリト森嶋秀太

覇眼戦線
リヴェータ・イレ日笠陽子
ルドヴィカ・ロア小林ゆう
ジミー・デヴィス大河元気
ゲルデハイラ・アルバ橋本ちなみ
アマカド・ヒメザクロルミア・スア矢作紗友里
ガンドゥ・ギギライメンジャル・アンフ市川太一
イスルギ・ユスラウメ本泉莉奈
エスメラルダ・アウルム折戸マリ
オーリントール・バイアウラジア・カタル粟津貴嗣
ヤーボ・ブラックモア泰勇気
ギルベイン・ルガイリシオス・ゲー大泊貴揮
ギンガ・カノン斎賀みつき
ハクア・デスサイス原由実
セリアル・ノト山本希望
アシュタル・ラド日野聡
ミツィオラ・スア泊明日菜

各ブレイダーイベント
アウラ・アマタ森なな子
ルルベル巽悠衣子
クオン・リムセ青木瑠璃子
アヴィン・シュミット内田雄馬
アスモデウス・トビト藤沼健人

各アビスコードイベント
カルム・アルジェン山中真尋
テルミド白城なお
カイン八代拓
ニティア本渡楓
ニレイヌ恒松あゆみ
バシレイデ藤巻勇威

他作品コラボイベント
※カードにボイスが実装されているキャラのみ記載
黒猫と魔法の世界へ 初音ミク藤田咲(初音ミク)
迷宮なしの名探偵 江戸川コナン高山みなみ
早乙女アルト中村悠一
シェリル・ノーム遠藤綾
ランカ・リー中島愛
ミハエル・ブラン神谷浩史
クラン・クラン豊口めぐみ
ブレラ・スターン保志総一朗
グレイス・オコナー(バジュラクイーン):井上喜久子
熱気バサラ神奈延年
ミレーヌ・ジーナス桜井智
ガムリン木崎子安武人
美雲・ギンヌメール小清水亜美
フレイア・ヴィオン鈴木みのり

その他
ヴィヴィ・ナイトメア吉村那奈美
イザヴェリ・ヘイズ森千晃
アイ(コードネーム:AI、PLB-279-T両方):伊藤かな恵
サーシャ・スターライト大西沙織
シンシア・スターライト浜崎奈々
リミーラ・ネール種﨑敦美
チェルシー・ネリム諏訪彩花
ベアトリーゼ・テルラ華山梨彩
エルト・ファレンツブリドカットセーラ恵美
シール・サンテ佐藤有世
ピレット・チャンプ※:今村彩夏
リンリン&ポンタンほなみ
シャロン・イェルグ雨宮天
テオドール・サザ※:石田彰
ユッカ・エンデ悠木碧
アリス・スチュアート加藤英美里
エリカ・オイリン※:???
マギカ・ルーシュ下地紫野
キシャラ・オロル田中美海
クィントゥス・ジルヴァ伊達忠智
レノックス・ジルヴァ米澤円
ダムザ・イナ松本忍
リエン・ユー白石晴香
ガトリン・G・U吉岡麻耶
ヒカリ・スフィア瀬戸麻沙美
マーガレット・リル渕上舞
ノイン・ケーラ千菅春香
イヴ・フォルクロール中恵光城
エリアナ・グロス田村奈央
ピピア・ショトウ佐藤奏美
アデレード・シラーLynn
イニュー・リェル愛美
ザハール・サハロフ田所陽向
ミネバ・クロード明坂聡美
アニマ・アウローラ※:
サーヤ・スズカゼ植田佳奈
トリエテリス大井麻利衣
スモモ・ブルーム伊瀬茉莉也
ルフ・ファルネーゼ田澤茉純
ラト・ファルネーゼ安野希世乃
ミラノ・サリス千本木彩花
クラヴィル・スティ石川界人
テスタメント・へイル高岡瓶々
グレイス・シグラー上田麗奈
リギット・ミリアン中道美穂子
ハローラ・タクト桑原由気
サクト・オオガミ榎木淳弥
※:イベントストーリーに声付きで登場したのみで、現時点ではカード自体には実装されていない

白猫プロジェクト

ウィズ田村ゆかり
ミカエラ・セラフィム川澄綾子
リース・ヴァレリア田所あずさ
フレイ・エレン荒川美穂
リヴェータ・イレ日笠陽子
ピノ・マリアンヌ加隈亜衣
ファム・リリー花澤香菜
ミコト・ウタヨミ大亀あすか
キワム・ハチスカ寺島拓篤
ユッカ・エンデ悠木碧
ディートリヒ・ベルク森川智之
アルティミシア高森奈津美
アリエッタ・トワ黒沢ともよ
アイ伊藤かな恵
ルシエラ・フオル喜多村英梨

過去のイベント

年月は主な開催時期。復刻開催、及び不定期開催のイベントは省略。

クエスト

開催時期イベント備考
2016年
4月マクロス~星を繋ぐ精霊マクロスシリーズコラボイベント。マクロスFを中心にTV版における前後作マクロス7マクロスΔのキャラクターが入り混じるオリジナルストーリーが展開する(限定カードに超時空要塞マクロスのモノもある)。報酬としてアイテムやストーリークエストが解放されるマクロスポイントや、ノーマルより低難易度のイージーが実装。ステージ道中で劇中歌が流れるが、一部ステージでバルキリー高速戦闘が再現されてて、超魔道列伝☆アルティメットガールズと同様3D酔いに注意。なお、何故か早乙女アルト役の中村悠一のバトルボイスやストーリーボイスの実装が遅れていた(4月15日実装)
覇眼戦線2 はじまりの眼覇眼戦線の続編。前回が「魔道士の家」でゴールド復刻の他、3500万DL記念でのリヴェータ&ルドヴィカ、3周年記念のルドヴィカのサイドストーリーも復刻してるため、今回が初めての人や、過去のイベントの伏線を確認したい人でもストーリーの全容が分かるようになっている
3月黄昏メアレスイベント開始前にクリスタルガチャにも登場していない新規キャラで構成されたイベントは、八百万神秘譚以来10カ月ぶりである
2月ハッピースイーツカーニバル白猫プロジェクト江崎グリコとの合同コラボイベント。専用マップ実装で開催期間も約二か月と長期。
1月天上岬の調香師 しあわせのラストノートファム・リリー主役イベント「天上岬 ~とこしえの姫君~」の続編で、同時復刻と共にボイスも実装された。また、道中やサブクエスト報酬で手に入る専用アイテムは合成することで色々なアイテムに変更可能
2015年
12月双翼のロストエデンアルドベリク・ゴドー主役イベント。ストーリーは「天界の双子 訣別のクロニクル」と「Gate Defenders 光の巨神と闇の騎神」の後の話となっている。難易度ノーマルの上級までは四択、封魔級以降は四択以外の出題形式になり、雑魚敵の種類も変わるので図鑑を埋めたい人は要注意。なお、ハードモードはミカエラが主役のストーリーとなっている
名探偵コナン 魔法世界の来訪者(トラベラー)名探偵コナン」コラボイベント(厳密にはまじっく快斗も含まれる)。グループ分けクイズ初登場。他作品とのコラボイベントでは初の専用マップ実装で、前後編に分かれている(後編は12月28日解放)。イベント中に集めた証言や証拠カードによるギミックもあり、一部クエストの解放条件に特定のカードを入手するのもある。一部出演者はストーリー中に喋るが、コラボカードには(上記の江戸川コナンを除き)ボイスは実装されていない
11月八百万神秘譚2 れえすの行方は神のみぞ知る前回の八百万神秘譚も復刻の上、ボイスが追加された。イベントクリア後のムービーのラストにミコトの和歌が詠まれ、封魔級・絶級はウィズの代わりにナゴミの実況が入っている。そしてハードモードは舞台裏話の模様。
初音ミクの歌色ファンタジー(輝く想いの魔法/アメイジング☆マジシャン/Find the Light)初音ミクVOCALOIDコラボイベント。初音ミクの他、クリプトン・フューチャー・メディア製のVOCALOIDも登場している。
10月空戦のドルキマス 沈まぬ翼ディートリヒ・ベルクを主役に据えたイベント。専用エリアとハードモードが用意され、開催期間も2ヵ月半超と長期。推奨属性と出題形式が異なる3つの軍(ストーリー)をクリアした後(難易度、順番は問わず)、最終ストーリーに進める。また、「一問多答」クイズがディートリヒパネルとして実装され、正解すると様々な効果を受けられる。
超魔道列伝☆アルティメットガールズアリエッタ・トワを主役に据えたイベント。クエスト道中が空中を旋回しつつ上下に移動するため3D酔いしやすい。
8月クロム・マグナV 鋼鉄のラストバトル初となる専用エリアでの開催。クエストが従来に比べ多く、ハードモードも実装されている。その影響か、開催期間も1ヵ月半と長い。ボイス実装(同時復刻中のI~IVのストーリーも同様)に人気投票も行われた。
7月幻魔特区スザクII カリュプスの槍ボイスが実装された(同時復刻となったスザクIのストーリーも同様)。魔道士の家による最初の限定復刻となった
マジカルグリコクエストII ひえひえサマークルーズ江崎グリコ」コラボイベント第2弾
6月境界のRINNEと黒猫の魔法使い高橋留美子コラボイベント
5月八百万神秘譚後に行われた「グリココラボ人気投票」にて、このシナリオの主役ミコト・ウタヨミが人気常連キャラを抑えて第2位にランクインしている。
Sailormoon 黒き月の侵略者美少女戦士セーラームーン」コラボイベント第2弾
4月時詠みのエターナル・クロノスII
ギルドマスター・セレモニーズ
勇者しょこたんと導きの猫たち中川翔子コラボイベント
3月幻魔特区スザクI魔道士の家による最初の限定復刻となった
2月選ばれし少年と黒猫のウィズヱヴァンゲリヲン新劇場版」コラボイベント
白猫の仲間たちと冒険にゃ!白猫プロジェクト」コラボイベント
Sailormoon 2匹の黒猫美少女戦士セーラームーン」コラボイベント第1弾
1月クロム・マグナIV 片恋☆ラプソディ
覇眼戦線人気投票3位リヴェータ・イレ主役イベント。魔道士の家による復刻の際にボイスとハードモードも追加された
2014年
12月天界の双子 訣別のクロニクル人気投票2位ミカエラ・セラフィム主役イベント。続編に双翼のロストエデンがある
ギルドマスターとクリスマス翌年に復刻開催された際に、新しいギルドマスターの分と追加進化が実装された
ふなふにゃな冒険なっしー!ふなっしーコラボイベント
白白コンビがやってきた!白猫プロジェクト」コラボイベント
11月天上岬 ~とこしえの姫君~人気投票1位ファム・リリー主役イベント
異世界交差「エースワールド」少年エース」「ヤングエース」コラボイベント
10月マジカルグリコクエストI江崎グリコ」コラボイベント第1弾
Halloween Night2013年10月の新生復刻
9月新生ジェニファーの大冒険
8月進撃の巨人!反撃の黒猫!進撃の巨人」コラボイベント
7月クロム・マグナⅢ 臨海学校
6月神竜降臨II
蒼穹のストライカーこの時期にFIFAワールドカップブラジル大会が開催されていた
5月異空間野球 黒ウィズPRIDE「プロ野球PRIDE」コラボイベント
4月イタズラ女神とうさぎのお話
3月古の森の千年桜
黄昏の四神書
2月フェアリーガーデン
ショコラフォレスト
1月煉獄より来たる者
2013年
12月サンタの贈り物
神竜降臨!
蒼の三国志同作品とのコラボ
11月桃娘伝
10月Halloween night
9月クロム・マグナⅡ 学園祭
8月時詠みのエターナル・クロノス
7月クロム・マグナⅠ 魔道学園
6月えれくとろ☆ぱにっくこれ以降、何度か復刻されるが、その度に新要素が追加されている。


協力バトル

開催時期イベント備考
2016年
4月マクロス 星を繋ぐ精霊 Gate Defendersマクロスシリーズコラボイベント。協力穴埋めクイズも実装。バルキリーに搭乗してるという設定故か、プレイヤーの表示がバトロイド形態のバルキリーで登場している
2月白黒スイートDefenders2015年7月の「マジカルスイートDefenders」の復刻にも見えるが、白猫プロジェクトとの合同コラボ企画「ハッピースイーツコラボレーション」の一つであり、報酬精霊に一段階上の進化形態が追加された
2015年
10月超魔道外伝「超魔道列伝☆アルティメットガールズ」の後日談
9月Gate Defenders 光の巨神と闇の騎神後に連動するストーリー、双翼のロストエデンが開催
7月マジカルスイートDefenders江崎グリコ」コラボイベント第2弾
2月EVANGELION Defenders 天使と呼ばれる破壊者ヱヴァンゲリヲン新劇場版」コラボイベント
2014年
12月激闘・巨大ふなっしー!ふなっしーコラボイベント
Gate Defenders 異界を超えた友情の絆白猫プロジェクト」コラボイベント
10月Gate Defenders 目醒めし魔竜と境界騎士団


魔道杯

トーナメントを利用して行われるイベント。
順位に応じて専用ポイントが獲得でき、1日の獲得ポイントと全日程の獲得ポイントで順位付けされ、それに応じた報酬が配布される。

チーム戦実装後

開催時期大会名チーム分け備考
2016年
4月大魔道杯in覇眼戦線~戦線拡大~チームリヴェータ、チームルドヴィカ、チームハクアイベントトーナメントは線結び方式。敵味方もわからない戦場の中を駆け抜けるという設定故か、チーム対抗のポイントに関する説明が無かった。
3月3周年大魔道杯 with ギルドマスターズチーム歌舞伎(バロン&ドゥーガ)、チームメルヘン(オルネ&ティア)、チームエピック(ベルナデッタ&キーラ)イベントトーナメントは四択形式。今回の景品カードは初めてボイス実装となっている(ウィズを除いて)
2月大魔道杯プロジェクト with Glicoチームポッキー(ユッカ&マール)、チームパナップ(キワム&コヨミ)、チームクラッツ(ディートリヒ&ヴィルフリート)イベントトーナメントは穴埋め形式。「ハッピースイーツコラボレーション」イベントの一環であるが、白猫プロジェクトのキャラが関わっているのはチームのイメージキャラのみで、景品カードはグリコのお菓子モチーフの新規キャラである
1月大魔道杯in天上岬チームファム、チームフェルチ、チームエテルネイベントトーナメントはグループ分け形式。今回は何故かギルドフェスタと開催が完全に被ってしまい、魔道杯とギルフェス報酬と、魔力の使い道に迷うプレイヤーも多い模様
2015年
12月大魔道杯といちごの聖なるケーキチームロレッタ、チームベルナデッタ、チームオルネイベントトーナメントは一問多答形式。なお、各ギルドマスターにタッチすると喋る(他チームのギルドマスターもチーム対抗順位ページで聞くことが出来る)。
11月大魔道杯feat初音ミク ライブファンタジーチーム初音ミク、チーム鏡音リン、チーム巡音ルカプレイヤーはこの三人のうちのいずれかのライブに参加している、という設定になっている。また同時開催中の「空戦のドルキマス」にて四択以外の出題形式で行われているためか、イベントトーナメントの出題形式も通常と同じく四択となっている
9月大魔道杯with境界騎士団Next Defendersチームアネモネ、チームセドリック、チームエステル境界騎士団の新入団員入団テストという設定で、報酬精霊も新入団員候補となっている。
8月クロムマグナ大魔道杯チームアクアシア(イツキ)、チームイグニーマ(リンカ)、チームエクレアル(ニコラ)クロムマグナの卒業試験という設定で、報酬精霊もクロムマグナの教員である。新クイズ「線結び」登場。所属チームが初日からランダム化、クリスタルによるコンティニューが不可能に。
7月常夏!お菓子でハッピー大魔道杯チームリコ、チームグリ、チームその所属チームが最初の3日は日替わりでローテーション、最終日はランダムに変更。
6月大魔道杯ギルドマスターズチームバロン、チームアレク、チームロレッタチーム戦とイベントトーナメントが実装。新クイズ「穴埋め」登場。所属チームは4日間固定。魔道杯中のみ現在の2つ下の段位まで挑戦可能に。

チーム戦実装前
開催時期大会名備考
2015年
4月魔道杯神話
3月魔道杯-綺石-
2月美味フェス☆魔道杯
1月燃えよ魔道杯
2014年
12月星祭の魔道杯中止された前月の再開催。
11月星祭の魔道杯不具合により中止、12月に延期。魔道杯が中止となったのはこれが初めて。
10月Halloween魔道杯
9月秘伝の魔道杯
7月魔道杯withクロム・マグナ上記、2015年8月の魔道杯とは全くの別物
6月錬鉄の魔道杯
5月魔道杯レジェンズ
4月新緑の魔道杯
3月魔道杯 覚醒
2月夢幻の魔道杯
1月旋律の魔道杯
2013年
12月聖夜の魔道杯
11月FBファミ通文庫の魔道杯関連作:『犬とハサミは使いよう』『覇剣の皇姫アルティーナ』『サイコメ
10月天下一魔道杯
8月夏彩の魔道杯
7月天の川の魔道杯
5月薫風の魔道杯
黄金の魔道杯Android版とiOS版とで一週間ずらして開催。

ソシャゲ要素

課金

お約束通り課金アイテムによるガチャが存在する。
ガチャを回すのに必要なクリスタルは課金のほか、通常クエストのステージクリア報酬、イベントクエストの初回クリア報酬、ログインボーナス報酬などで入手可能。
また、カードの強化・進化に必要な素材は曜日毎に開催される専用クエストで獲得できるため、カードの育成のために課金する必要はない。
そのため、無課金や少しの課金でも十分に楽しんでプレイしやすい。

対人要素

プレイヤー同士が直接対戦するシステムは存在しない。
そのため、強力なレアカードを持たないがために敗北が重なりアイテム類を根こそぎ奪われてしまう、といった惨劇は起きない
またプレイヤー同士で結成する「ギルド」なども存在せず、連帯責任で血で血を洗う抗争に身を投じさせられるようなこともない。

  • トーナメント
自分を含めた参加者15人で、5回の戦闘にかかった合計ターン数を競う。同一ターンの場合は合計解答時間の短い方が上位となるため、早押しの要素も含んでいる。
オンライントーナメントと銘打っているものの、自分以外の14人はプレイヤー本人ではなく彼らの残した記録(俗に言うゴースト)である。
段位・級位が存在し、上から十五段(ゲーム内では伍式と表記)~初段、続いて1級~9級となっている(2016年4月現在)。
最終的な順位で経験値とゴールドが得られ、最下位だったとしても経験値やゴールドの減算はない(ただし、二段以上は一定順位以下となると昇段用のポイントが減算される)。
また、これを利用した魔道杯というイベントが開催されている。
  • 協力バトル
自分を含めた最大5人の参加者で1体のボスモンスターに挑む。俗称はレイド
トーナメントと違ってリアルタイムでマッチングしている。
名称の通りプレイヤー同士は協力する立場なのだが、勲章システムにより互いに競い合う現象が発生してしまっている。

関連イラスト

旅に出よう
魔法使いと黒猫のウィズ


電脳少女 アン・D・ロイド
奇才なる化学者 イーライ・エアーズ



関連タグ

ソーシャルゲーム ファンタジー RPG クイズ  黒ウィズ
コロプラ 白猫プロジェクト ほしの島のにゃんこ
コラボ:ニコニコ超会議ファミ通文庫進撃の巨人江崎グリコ(双子の魔法使いリコ&グリ)/ふなっしー月刊少年エースヤングエース美少女戦士セーラームーンCrystalヱヴァンゲリヲン新劇場版中川翔子高橋留美子作品(特に境界のRINNE)/VOCALOID名探偵コナンマクロスシリーズ(主にマクロスF)

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法使いと黒猫のウィズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1862848

コメント