ピクシブ百科事典

OICW

おいかう

Objective Individual Combat Weaponの略。
目次[非表示]

概要

OICWは個人主体戦闘武器という意味で、米軍の4軍、空軍陸軍海軍海兵隊全軍共通で利用するアサルトライフルを造ろうという計画によって分類されるアサルトライフル。またはその計画そのものを指す。
欲張りな計画なだけあって未だたったの一種しか作られていない。その銃ことH&KXM29であるがここでその銃を語るのはよしておこう…
しかもそのXM29でOICWの問題点と今後最低限要求される機能が浮き彫りにされた。

「3つの計画」

XM29を参考に、3つの計画というものが生まれた。

  • 計画1 - 軽量兵器の開発 XM8を採用されかけた寸前、大手銃器メーカーからトライアルに自社開発製品を参加させるように大きな圧力がかかり一度白紙に戻されることとなった。そして米軍から発表された要求諸元が以下の要求。
    • 要求1 - 5.56x45mm NATO弾をセミオートマチック、フルオートマチックで発射できる。
    • 要求2 - 有効射程150mの近接戦闘火器で小型携帯型。標準火器である有効射程500mのカービン型、スナイパーライフル型、フルオート射撃が可能であり射程600mまでの分隊支援火器型。またそれぞれがモジュールの付け替えで改造ができる。
XM8でも一応実現不可能ではないのだが、上述した通りのわけでたとえXM8を改造しても光は指さないだろう…

とにかくグレネードが好きなアメリカである。しかし、それを実現した結果のXM29が…

  • 計画3 - 再び二つの兵器を合体させる
計画3は現在計画1及び2が完了していないため、まだ手がつけられていない。

しかし、これらをすべて満たした銃が出来たとして、コスト面はどうするつもりなのだろうか。米軍4軍に配備するのだから相当数必要なはずなのに…

余談ながらこの銃もバヨネットラグがあり、着剣可能となっている。

関連タグ


武器
兵器
アメリカ
H&K
アサルトライフル
K11(XM29と仕様が似ているが構造が全くの別物、OICWとは多少ベクトルが違う)
F2000(XM29の対抗馬として開発された)

pixivに投稿された作品 pixivで「OICW」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11167

コメント