ピクシブ百科事典

S&W

すみすあんどうぇっそん

アメリカ最大の銃器メーカー、スミス&ウェッソン(Smith & Wesson)社の通称。
目次[非表示]

コルト・ファイヤーアームズ社とならび、アメリカを代表する銃のメーカー。
1852年、ホレース・スミスとダニエル・ウェッソンによって設立された。
リボルバー(回転式拳銃)の評価が高い一方、自動式拳銃(オートマチックピストル)はあまりパッとしなかったが、近年はM&Pの登場などにより評価されつつある。

南北戦争期の大量の需要の中で設立され、二度の世界大戦で巨大な利益を得た。
西部開拓時代のガンマンにも愛用されており、この会社の製品は、コルト社のリボルバーと並んで、西部劇には欠かせない。
一方、戦争が終わる度に経営難に追い込まれており、経営的にはあまり良くない状態が続いている。

カスタム部門であるS&Wパフォーマンスセンターは社内の腕利きの職人を集めている。
パフォーマンスセンターの製品は、専用部品やカスタマイズした部品への交換、調整加工を施され、市販品ながらガンスミスが最適化した製品に迫る品質を持つ。

代表作

.44マグナム=S&W M29というほど、知名度の高い大口径リボルバー。
映画『ダーティハリー』で、ハリー・キャラハン警部が愛用したことから人気を得た。

2003年に開発した、.500S&W弾を使用する大口径リボルバー。

.38口径Kフレームリボルバー。
軍や警察向けに開発されたものではなかったが、軍用に.38LC弾用モデルを出した事からM&Pの愛称が付けられた。

通称コンバットマスターピース
M10を元に開発された競技用リボルバー。

70~80年代のポリスアクションに欠かせない、通称コンバットマグナム

その携帯に有利な小ささと、信頼性で、各国の警察で愛用された。
正確にはチーフス・スペシャル(Chiefs Special)。

S&Wの初のダブルアクション方式オートマチックピストル

  • シグマ
S&W初のポリマーフレームのオートマチックピストル。
グロック社にグロック17のデッドコピーとして訴えられる程似せているが、肝心のトリガー・システムは独自のもので、グロック17が何故売れたのかを理解できていなかった。
グリップはグロックより薄くて握り易く、そこそこ安い事もあって意外と人気機種であった。
M&Pの下位機種としてSDが登場したことで販売が終了した。

M10の愛称を引き継いだポリマーフレームのオートマチックピストル。
AR-15やJフレームのリボルバーにもM&Pの名を冠するものがある。

コルトM1911のクローンモデル。

S&W初の金属薬莢を使用したリボルバー。

ブレークオープン(中折れ)式の.44口径リボルバー。軍への制式採用を念頭に開発された。
.45口径とした改良型はコルト・ファイヤーアームズ社のシングルアクションアーミーに敗れ、制式採用拳銃の座を逃した。

リボルバーのフレーム名

1896年以降のS&W社製リボルバーのフレームは規格化されている。

  • Iフレーム
初期に開発されたリボルバー用フレーム。
現行製品ではJフレームに統一されている。
  • Jフレーム
小型リボルバー用。
M36などに使用。
  • Kフレーム
中型リボルバーでも比較的小型なモデルで使用されている。
M10、M19などに使用。
  • Lフレーム
マグナムカートリッジを使用するにはKフレームでは強度不足のため開発された。
M686等に使用。
  • Mフレーム
小型リボルバー向け。
レディスミスなどに使用されたが、現在は使用されていない。
  • Nフレーム
大型リボルバー向け。
M29等に使用。
  • Xフレーム
大口径超大型リボルバー向け。
M500等に使用。
  • Zフレーム
.410ショットシェルや.45ロングコルト等を使用するロングシリンダー用。
ガバナーに使用。

外部リンク

スミス&ウェッソン - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「S&W」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179012

コメント