ピクシブ百科事典

コルレルの編集履歴

2010-07-12 21:59:35 バージョン

コルレル

起動新世紀ガンダムXに登場するMS。

コルレル



形式番号:NRX-007
頭頂高 :17.9m
機体重量:4.5t
武装  :ビームナイフ×1


起動新世紀ガンダムX 第26話「何も喋るな」で登場した、新連邦軍の開発した試作MSである。
元々は赤とグレーのカラーリングだったが、パイロットのデマー・グライフ少尉の要請で純白にリペイントされた。

デマー曰く、「白がいいんだよ!!!!」。

劇中での動きを見る限り、もはやMSではなくMFレベル。

なんと、DXのライフルの上に立つ。しかもそのままDXの頭を蹴る。



シャギア兄さん曰く、「その機動性は従来のMSの常識を覆す。ただし、軽量化のために装備された装備はビームナイフ一本。」らしい。

劇中での活躍

シャギアによっておびき出されたガンダムDXの背後から現れDXの左わき腹にダメージを与えた後、DXの左腕を切り落とす。
DXのバックパックに1刺ししコックピット前面を3連続で切り刻む等、非常に一方的な戦闘を行った。

装甲を極限まで減らした紙装甲にも関わらず、DXを足蹴にしても壊れない頑丈さがある。

最終的には、爆風で吹き飛んだ所をDXのバルカン&ブレストランチャーで撃ち抜かれて破壊された。


あまり知られていないが、実はコルレルの目は黄色のデュアルアイである。

DXに止めを刺そうとナイフを振りかぶる所で一時停止すると良く判る。