ピクシブ百科事典

文明堂の編集履歴

2016-01-29 17:40:51 バージョン

文明堂

ぶんめいどう

カステラ一番電話は二番の老舗のスイーツ店。

概要

関東地方では、カンカンダンスを踊るクマの操り人形のテレビコマーシャル(文明堂豆劇場)と、そのCMで流れるジャック・オッフェンバックのオペレッタ「地獄のオルフェ(邦題「天国と地獄」)」の序曲にのせたひばり児童合唱団による「カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂」というCMソングが有名である。このCMは関東地方の文明堂数社が共同で制作したもので、1962年から放映開始。最後のマークは中川の紋である。文明堂東京のサイトで閲覧可能。後述のように、他地域では「3時のおやつ」のフレーズを使用していないため、「3時のおやつは?」と子供達に尋ねて「文明堂」と答えが返ってくるのは関東地方の子供達だけというのは40年経っても変わらない。

ちなみに文明堂総本店がある長崎県では全く流れない為、長崎では知らない人が多い。
そもそも長崎では『カステラ一番、電話は二番』は共通だが『文明堂のカステーラ』とフレーズ自体も異なる。しかも文明堂総本店はCMソングに複数のパターンがある。代表的なのは『ぶんぶぶぶん、ぶんぶんぶん、文明堂のカステーラ』の歌詞のもの。長崎のわらべうた『でんでらりゅう』『あっかとばい』もCMソングにされていたので、特に前者は長崎県で知名度が高い。

なお、人形が熊であるにも拘らず長い尾を持っているのは、CMの制作を依頼された外国人夫婦が最初から猫のつもりで制作を進めてしまったための名残らしい。パッと見た感じ、人間の子供が着ぐるみを着ているようにも見える風貌もあって、ハッキリ熊だとわかりにくく、最初から猫だと勘違いしていた視聴者も多いだろう。

ちなみに『半熟英雄対3D』で初めてゲーム作品内でCMが流れた事がある。

実はそれぞれ別会社!?

屋号が「文明堂」である為、各地の文明堂は同じだと思われがちだが支店ではなく別会社なのである。
根(発祥)が同じなのはどの文明堂もだが、屋号がそれぞれ異なる正式な屋号を持つ。CMが異なるのもそれが要因。
ちなみに文明堂発祥の地・長崎県の文明堂は『文明堂総本店』である。
なお扱っている商品も味にも違いがある為、特に関東地方で買ってきてもらう場合は「どこの文明堂」のものかを言わないと間違われる。

関連動画



外部サイト

公式
総本店公式 - サイト内に長崎県版のCMギャラリーあり。

関連タグ

長崎 カステラ CM 天国と地獄(CMソング)