ピクシブ百科事典

フライング・ヒューマノイドの編集履歴

2020-03-28 10:23:01 バージョン

フライング・ヒューマノイド

ふらいんぐひゅーまのいど

メキシコなどで目撃されるUMAの一種。

概要

UMAの一種。
超常現象の一種だともいわれており、皮膚の色が黒または茶色の人間に似た形をしており、空を飛ぶことが可能だとされる。

ただし形についてはかなりまとまっておらず、それぞれによって形が違っており、大抵は人間の様に見えるが、グレイのような形のものも確認されている。

目撃情報は世界中で報告されているが、特に最初に目撃されたメキシコでの報告が多く、大きさは3m程と推測させているが、空中に浮かんでいる為、実際の大きさは不明となっており、目撃者によっては黒いマントを羽織った魔女の様だったという証言もあるらしい。

また人間を襲ったという証言もあり、最初の目撃例とされているメキシコの警官の証言によると2004年1月16日の深夜、パトカーでパトロール中に真っ黒い姿の何かが木の上からパトカーに向かって飛んで来たので、直ぐにUターンしてアクセルを踏み、本部に緊急要請を求めるが、それは物凄い速さで飛んできてボンネットの上に乗ると荒れ狂った様に手を伸ばして掴みかかろうとフロントガラスを何度も殴りつけたらしい。

その正体は諸説あり、なかには宇宙人ではないかというものもあるが、最近では気球風船説が有力であるという。

関連タグ

表記ゆれ:フライングヒューマノイド
UMA 都市伝説妖怪 現代妖怪 空中浮遊