ピクシブ百科事典

零式水上観測機の編集履歴

2012-12-09 18:27:09 バージョン

零式水上観測機

れいしきすいじょうかんそくき

零式水上観測機とは旧帝国海軍で運用された軍用機である。

概要

零式水上観測機は旧帝国海軍で偵察・弾着確認用として採用され使われた複葉複座の[[水上機]]である。 略して「零観」と呼ばれる事もある。
日本の軍事組織が採用した複葉機としては最後の機種になる。
既に全金属製単葉機が主流となった時期に制作された複葉機であり、当時の先端技術で設計されているため従来の複葉機とは一線を画す性能を与えられている。
観測機ながら空戦性能にもある程度高い水準を求められた結果、運動性の高い設計となっており、実戦での撃墜記録も残している。