ピクシブ百科事典

のり平

のりへい

 桃屋のテレビCMでもおなじみの、 三木のり平をイメージしたキャラクターである。
目次[非表示]

のり平とは、かつて株式会社桃屋テレビCMでおなじみだったキャラクターである。

のり平出生の秘密

桃屋といえば・・・

 桃屋の創業は1920(大正9)年。翌年に食品メーカーとしては珍しく、新聞広告をはじめています。
戦争中は原材料の調達ができず、休眠状態の桃屋でしたが、1950(昭和25)年に「江戸むらさき」を発売。やがて広告も復活させます。
そして、新聞に「江戸むらさき」のおいしさを有名人が語るシリーズ広告をはじめました。
1953(昭和28)年、これを三木のり平さんにお願いしたところ、のり平さんは、「私がとやかく言うより、絵でも描きましょう」とご自分の似顔絵を入れ、シャレたコピーを添えてくれました。この新聞広告は「突き出し広告」という縦は新聞の一段分、横はおよそ6~7センチの小さなものです。このひとコマ漫画のようなスタイルが評判を呼び、「のり平漫筆」というのり平さんが描く広告シリーズとなりました。
舞台やラジオですでに有名だった三木のり平さんの人気が急上昇したのは、テレビが開局した1954(昭和29)年ごろからです。
舞台、映画、テレビで売れっ子になり、誰もが顔と名前を知る喜劇役者となりました。
当時、のり平さんは、黒ブチの大きなメガネがトレードマーク。大きめ鼻にメガネをかければ、誰もが三木のり平さんと分かったのです。

メガネをはずしたのり平

 桃屋がテレビCMを開始したのは、1958(昭和33)年。少ない予算で、印象的なCMをつくろうと考えました。
そして、新聞のシリーズ広告でおなじみとなった、のり平さんのキャラクターでいろいろなパロディアニメをつくろうということになりました。
第1作は、歌舞伎十八番の助六篇でした。
その頃、のり平さんと芸風の似た喜劇役者が現れました。大村昆さんです。その大村昆さんが「番頭はんと丁稚どん」「とんま天狗」でブレイクしたのは1959(昭和34)年です。のり平さんは、大村さんをかわいがり、「とんま天狗」に大村さんの父親役で出演。
 その時に、「これから先も鼻メガネをかけてやるなら、やっていいよ」とメガネの芸を譲ってしまいました。
つまり、三木のり平さんは、桃屋のテレビアニメCM開始1年でメガネをかけない姿で、映画、舞台で活躍するようになりました。
後年ののり平さんは、「ボクはね、ひとつ何か当たると、それをすぐあきちゃうんだ。
ただ、桃屋のCMだけは、アニメだからあきないんだよ」とよく話していました。
たいへん寂しいことですが、三木のり平さんは、1999(平成11)年に亡くなられました。
しかし、桃屋のキャラクター「のり平」は変わらぬ味を大切に、メガネスタイルでこれからも元気に活躍していきます。

関連タグ

桃屋
ごはんですよ
ごはんですよ!
CM
CMキャラ

関連タグ

あなたとは違うんですよ

pixivに投稿された作品 pixivで「のり平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101822

コメント