ピクシブ百科事典

まじっく快斗

まじっくかいと

『まじっく快斗』とは青山剛昌原作の漫画作品であり、シリーズのメディアミックス作品の総称。
目次[非表示]

概要

国民的作品『名探偵コナン』の原作者・青山剛昌がデビュー後に執筆した初の連載作品である。

1987年から現在も週刊少年サンデーで不定期連載中。連載作品の中で最も長期間掲載されている。しかし現在は特別掲載が中心であり、実質的な一番の連載作品は同じく青山剛昌原作の『名探偵コナン』である。

手品が得意な江古田高校2年生の黒羽快斗
8年前に事故死した世界的マジシャン黒羽盗一の息子である彼は、幼馴染の中森青子との口ゲンカに触発され、同じマジシャンで最近再び巷を騒がせている怪盗キッドを捕まえてみせると豪語する。
しかしその日、自室にある盗一の写真パネルの裏に仕込まれていた隠し部屋を見つけ、その中で怪盗キッドの衣装を発見してしまう。
快斗は、盗みを終えて逃走中の怪盗キッドを待ち伏せし対峙するが、そのキッドの正体は盗一の付き人を務めていた寺井黄之助だった。
寺井から8年前に姿を消した怪盗キッドの正体が黒羽盗一であり、更に事故死と見せかけて謎の組織に殺害されたことを知った快斗は、父親の仇をあぶりだすため自らが怪盗キッドとして活動することを決意するのだった。
その後、組織の目的は、不老不死の秘薬となる伝説のビッグジュエル『パンドラ』の入手であることを突き止める。組織の野望を打ち砕くため、快斗は怪盗キッドとして宝石を専門に狙う怪盗となる。

現代が舞台の作品だが、魔法が実在していたり悪魔や幽霊が存在する描写もあるファンタジー寄りの作風である。
連載開始時がバブル期だったこともあり、今見るとジェネレーションギャップを感じる描写もあるだろう。基本はコメディである。細けえことは気にするな。
本作の登場人物にはイメージカラーがあり、苗字や名前に色の名称が含まれている。


アニメ

『名探偵コナン』でのゲスト出演でさらに大人気となり、コナン初の応募者全員サービスOVA『名探偵コナン コナンvsキッドvsヤイバ 宝刀争奪大決戦!!』にて初めてまじっく快斗の原作がアニメ化された。元は「刃vs.快斗!」だが、原作には登場しないコナン一行が追加され主役となっているため、半ばオリジナル作品となっている。
後に、名探偵コナン219話『集められた名探偵! 工藤新一vs怪盗キッド』でまじっく快斗の「ブラックスター」がテレビアニメ化。コナンの世界観との釣り合いを取る為に小泉紅子が魔法を使おうとするシーンはカットされているが、それ以外は原作に忠実であり、主人公も黒羽快斗である。
OVA『コナンとキッドとクリスタル・マザー』ではまじっく快斗の「クリスタル・マザー」がアニメ化された。黒羽快斗が主役ではあるが、こちらも原作にはいないコナンやオリジナルキャラが追加されている。

2010年には本作の定期的なアニメ化が決定し、コナンの枠内(土曜午後6時)で放送され、以降もスペシャルで放送された(全12話)。作中では、本来の枠の主人公である江戸川コナンが必ずどこかにカメオ出演している。また、制作スタッフは『コナン』とほぼ同じ布陣で制作されている。

2014年から初の単独レギュラーアニメが放送。まじっく快斗1412というタイトルで日本テレビ系列で土曜午後5時30分から放映された。こちらの制作スタッフは『コナン』や前述のコナン枠での『まじっく快斗』とは異なり、A-1Picturesのスタッフによって構成されている。
視聴率は、前番組などを抜いて同時間帯のアニメ枠で歴代最高視聴率を記録した。

本作のタイトルは『まじっく快斗1412』。「1412」はキッドの国際犯罪者番号を指している。


他作品との関係

青山剛昌が発表した作品の中で古株であるため、クロスオーバーや小ネタといったお遊び要素で他作品との絡むことが多い。
『まじっく快斗』の「刃vs.快斗!」ではYAIBAの峰家の宝刀を狙い、鉄刃と真剣勝負をする。また、「眼下の怪盗の巻」ではYAIBAのシオジアナウンサーが登場する。
「グリーンドリームの巻」では劇場に訪れた青子のセリフ内で、『夏のサンタクロース』のアンアン(安斎明日香)の名前が登場。
『YAIBA』の「大泥棒五右衛門登場の巻」では、さやかが怪盗キッドの名前を挙げるギャグシーンがある。最終回ではセリフ内に「黒羽君と中森さん」が登場する。
4番サード』1話では、主人公・長島茂雄 が所属する野球部の対戦相手として、まじっく快斗の江古田高校の野球部が登場する。よく「まじ快とYAIBAが繋がっているからコナンの世界にも怪物が存在することになるじゃないか」という話になるが、4番サードは神様や幽霊が存在するのでこれはこれでかなり危険な繋がりである。
『名探偵コナン』では16巻に怪盗キッドが初登場。出番が少ないながらも人気キャラとなり、以降の話や映画でも登場。準レギュラーとなる。工藤新一が幼児化させられたトロピカルランドはまじっく快斗1巻に登場する遊園地と同名である。
また、快斗の父・黒羽盗一と新一の父・工藤優作はお互いライバル関係であり、怪盗キッドの名付け親は工藤優作となっている。新一の母・工藤有希子は友人のシャロン・ヴィンヤードと共に黒羽盗一に弟子入りし、彼の変装術を受け継いでいる。快斗の母・黒羽千影工藤有希子のファンである。


さりげなくルパン

まじっく快斗の原型となった未発表作品。『青山剛昌短編集』の文庫版とワイド版に収録されている。青山剛昌が漫画家になるきっかけとなった作品である。
主人公は流犯快斗(るぱんかいと)。ヒロインは宝睦葵子(ほうむずあおこ)。名前も外見も性格も黒羽快斗・中森青子と似ているが、宝睦葵子は探偵少女であり、子供っぽい青子よりもしっかりした性格となっている。
扉絵の流犯快斗の衣装(白スーツ、シルクハット、モノクル)は怪盗キッドの衣装の原型であると思われる。


登場人物

メインキャラクター

主人公


ヒロイン


クラスメイト


担任


親族


仲間


警察


組織


関連項目

名探偵コナン 黒羽快斗 怪盗キッド 江古田高校 江古田組 怪盗キッドの変装 青山剛昌

pixivに投稿された作品 pixivで「まじっく快斗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34223989

コメント