ピクシブ百科事典

江戸川コナン

えどがわこなん

江戸川コナンは『名探偵コナン』の主人公である天才小学生名探偵。
目次[非表示]

『江戸川コナン。探偵さ。』


概要

CV:高山みなみ

帝丹小学校1年B組所属。少年探偵団のリーダー格。特技は推理とサッカー。 

天才的な頭脳の持ち主である名探偵で、幾多の難事件を持前の頭脳で解決してきた。

正体は、天才高校生探偵の工藤新一で、黒の組織の取引現場を目撃してしまったために、組織が開発した謎の薬の力によって体が縮んでしまった。

組織に正体がバレて、周囲の人物に危害が及ばないよう「江戸川コナン」と名乗り、現在は小学一年生として生活している。「江戸川」は推理作家の江戸川乱歩から、「コナン」はイギリスの推理作家でシャーロック・ホームズの生みの親のコナン・ドイルから引用しているが、小さくなってしまった新一が自宅に戻っていた際、突然様子を見にやって来たに名前を聞かれて、背後にあった本棚の本の著者名を見て咄嗟に答えてしまった名前である。

外見

服装は赤い蝶ネクタイと青いジャケット半ズボンが中心(小さくなってから自宅に帰って最初に見つけた子供の頃の服だった)だが、現在は普通の服装も増えてきている。原作者の青山剛昌曰く「だっていつもあの格好じゃ寒そうだし」ということである。

眼鏡は、コナンが初登場時にとっさに子供の頃見た『スーパーマン』を思い出し、正体を隠すためにかけたのが始まり(後に灰原に「クラーク・ケントも使ってる魔法のアイテムだぜ」と言っている)。ばれないように寝る時なども着用しているが、コナンの周囲からは「新一に似ている」などと思われている。度は入っていない。

コナンは見た目は小学生の姿のため発言力が無い上に不自然な為、腕時計型麻酔注射器で小五郎など周囲の人物を眠らせて素早く人物の後ろなどに潜み、蝶ネクタイ型変声機で眠らせた人物の声を出すと言った推理を行っている。工藤新一の声で電話を通すなどの方法もある。また、事件序盤や麻酔が使えない状況などでは、色々苦労しながら周囲にヒントを出している。しかし、後述の性格のためか、最近は人前で平然と推理を始めたりしている。

性格

性格は工藤新一時代と比べると基本的に猫かぶりのような無邪気な少年の演技をしているが、事件が発生すると新一のようなクールな素顔を見せるようになる。
また、興奮すると素の感情を抑えられなくなるので、正体を隠しているものが周りにいても小学生離れした態度を取ったり、事件が起きると関わらずにはいられなくなる。特に蘭がらみの嫉妬は「このキック力増強シューズでその腐ったノーテンぶっ飛ばしてやる!!」などといった定番ネタ。

探偵として「犯人を絶対に自殺させない」ことを信条としている。しかしこのコナンの信条、実は元々持っていたものではない。
これはコナンが推理で追い詰めた末に自殺を止められなかった犯人、浅井成実の影響によるものである。自殺はさせないが、赤井の死亡を偽造するために黒の組織の構成員の死体を燃やした事が後に判明した。
ちなみに、成実が自殺してしまうよりも前にも自殺しようとした犯人と遭遇しているが、その時には犯人が殺人を犯し、かつ無関係な蘭をも襲った自身を正義の使者と称したことに堪忍袋の緒が切れて、園子の声のまま「死にたきゃ勝手に死ねバーロー!!」と激昂した。成実先生の一件はよほどショッキングだったのだろう。

他にも「真実は一つしかないのだから、推理に勝敗や優劣・上下関係は存在しない」という信条を持っているが、こちらは服部平次相手の場合、時には意図的に自分からその信条を破ることがある(なんだかんだで平次のことはライバルと思っているようである)

大の詮索好きであり、事件が起っていない状況でも他人を嗅ぎ回って(子どもの姿でも性質が悪く、事件が起こったり主人公補正がなければむしろ悪質とも言える場合があるほど)は度々蘭や小五郎に叱責されている。

推理能力

コナンの推理力は、父優作譲りの才能に加え、推理物の作品に囲まれて育っただけに、名探偵に欠かせない洞察力から導く力量は凄まじい。ほとんど直感で犯人に目星を付ける事もあり、演技力に長けたベルモットの変装でさえ、ほんのわずかな違和感だけで見抜いてしまう。ただし、浅井成実の女装など、全く見抜けない場合も。

それと同時に雑学王と呼ぶに値するほど豊富な知識を兼ね揃えている。推理作品にも関わる警察の専門用語や医学知識はもちろんだが、見ただけでカラスの種類と特徴を言い当てたり、マツタケやアサリの採り方や釣りの仕方、情報技術、自然現象、歴史、心理学など、分野を問わず色んな事に詳しい。その豊富な知識が時に推理の助けにもなっていたりする。
前述の身体能力といい、この雑学王的な知識を備えている点といい、小学生はおろか17歳の高校生とも思えないほどに天才、もはや「頭脳は大人」のレベルを超えていると言える。
だが、この抜群の推理能力をもってしても父である工藤優作には到底おいつけないようである。また、心理的な推理の面には年相応に限界があり、犯人の心情を察しきれない場合がある。それにより曲がりなりにも人生経験を積んでいる小五郎に度肝を抜かれたこともある。

小学生の頃は、小学生レベルの漢字しか読めないなどあくまで小学生として適正範囲の能力だった。同じ小学生時代で比べると円谷光彦の方がハイレベルである。というか、現在でも光彦が知っている事を知らなかったりもする(この場合は光彦の知識がおかしいのだが)。

弱点として挙げられるのは、蘭が危機にさらされた際に冷静さを欠くこと、音楽の知識に疎いことと極度の音痴なこと、隠し事が致命的に下手なことなどが挙げられる。
それと、上記にもあるが心理的な面では物事を合理的な範疇でしか発想出来ない面があり、やらかしてもおかしくないミスならともかく天然だったり間の抜けた犯人の行動では、意外にも少年探偵団の仲間に後れを取ってしまったこともある。
また、自身が犯した罪に対処する能力には大いに問題が有り、全く非が無い善人を凶悪犯と早合点して傷害した際には、子どもの姿を悪戯扱いや、「じゃ、そういう事で」と誤魔化して逃げようとしたり(悪役俳優の事例)、パニックを起こして硬直したり(産気づいた妻を病院に担ぎ込んだ音楽家の事例)している。

身体能力

コナンも新一時代と同じくサッカーが得意で、ボールのコントロールは自由自在。工藤新一と違い小学生体型のために衰えた身体能力を補った博士の「キック力増強シューズ」のおかげで、時に暴行に出る犯人などを撃退することもある。
精神能力も極めて高く、などの殺傷能力の高い武器を持った敵を目の前にしても怖気づかずに対抗する勇敢な面も合わさって、ヒーロー的な活躍をする。

劇場版ではコナンの身体能力に補正がかかり色々と超人になる。特に「ターボエンジン付きスケートボード」に乗ってのバランス感覚溢れるその動きは現実では到底再現し切れないほど。
また、本人は工藤新一の時に「ハワイで親父に教わった」ということでコナン時でも様々なものを扱っているが、拳銃はともかくヘリコプター飛行機など、その理由では到底ごまかしきれないほどのものを自由自在に使いこなしている。

人気投票

10周年記念人気投票でコナンは1位を獲得。怪盗キッド灰原哀らを大きく引き離した。
15周年の800回記念人気投票でもコナンが見事に1位に輝いた。多くの番組やネット・雑誌企画などの人気投票でもコナンは上位に輝いており、抜群の人気と知名度を誇る人気キャラクター。

コナンの正体を知る人物

人物名正体を知った理由
工藤優作阿笠博士に事情を説明されたため。
工藤有希子優作と同じく阿笠から聞いたため。
阿笠博士コナンから自分の身に起こったことを聞いたため。
灰原哀(宮野志保/シェリー)自身が同じ状況に陥り工藤宅を2回目に調べた際子供時代の服がなくなっていたため
怪盗キッド(黒羽快斗)劇場版ではコナンと阿笠の電話を盗聴したため。原作では工藤新一時代の対決後、個人的に新一を調べたため。
服部平次ある事件で同一人物と確信し、コナンに問いだたしたため。ちなみに自力で正体を見抜いたのは彼が初めて。
本堂瑛祐本人が、蘭に告白されるのを阻止しようと自分で言ったため
ベルモット(シャロン/クリス・ヴィンヤード)自身の調査で判明。なお現時点での存命中の敵キャラでコナンの正体を知るのは彼女のみ
沖矢昴(リンク先ネタバレ注意)新一として電話する際に新一の声に変えていたのを聞かれていたため
宮野明美本人が話したのち、死去
アイリッシュ独自の調査で知るが、始末される


また、服部平次、灰原哀、怪盗キッド、本堂瑛佑、ベルモット、沖矢昴、アイリッシュの7人は自力で正体を見破っている。上記の11人以外にも、コナンの推理力や小学生離れした振る舞いから少なくとも『ただの子供ではない』と思っている大人は大勢いる。

阿笠博士の発明品

キック力増強シューズ どこでもボール射出ベルト 伸縮サスペンダー
弁当型携帯FAX ターボエンジン付きスケートボード 腕時計型麻酔銃
蝶ネクタイ型変声機 犯人追跡メガネ

関連イラスト

コナンくん2
1・2・3


【腐】おとり捜査
発光する靴



関連項目

名探偵コナン 工藤新一 少年探偵団 黒の組織 帝丹小学校

pixivに投稿された作品 pixivで「江戸川コナン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43621872

コメント