ピクシブ百科事典

ガオファイガー

がおふぁいがー

ガオファイガーは、OVA「勇者王ガオガイガーFINAL」&TV「勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING」に登場するファイティングメカノイド。
目次[非表示]

あらゆる脅威から人類を守るため新生したファイティングメカノイド…
その名も、勇者王! ガオ・ファイ・ガー!!!

概要

ガオファイガー



基本データ

  • 形式番号:GBR-11
  • 全高:31.5m
  • 重量:630.0t
  • エネルギー源:GSライド
  • エンジン:ウルテクエンジン
  • ジェネレータ出力:2000万馬力以上(1億5000万kw)
  • メインパイロット:獅子王凱


正式名称『ファイティング・ガオガイガー』。
もっとも主題歌の歌詞以外でこの呼称で呼ばれることはほとんどなく、基本的にはガオファイガーと呼称される。

原種大戦後、天海護ギャレオンと共に宇宙へ旅立つことにより、ガオガイガーファイナル・フュージョン(以降F.F)が不可能になった為に次世代型勇者王量産計画『ガオファイガー・プロジェクト』の要として実働データを元に開発された、純地球製の重機動ファイティングメカノイド。

エヴォリュダーへと進化した獅子王凱ファントムガオーとフュージョンしたガオファーが中核となりライナーガオーⅡステルスガオーⅢドリルガオーⅡがF.Fすることにより生まれる。

動力はGSライドとウルテクエンジンではあるが、弾丸Xのシステムを再検討し凱のエヴォリュダー能力とリンクさせることによって実現された機体各部のGSライドとの連動でエネルギー集積体を励起させる『エヴォリアルウルテクパワー』によって出力が向上しており、基本戦闘はガオガイガーのスタイルを貫きながらも、性能上スターガオガイガーを完全に上回っている。

F.F時にはファントムチューブと呼ばれる遮蔽防御用電磁竜巻を生成し、その内部で行う。
ガオガイガーのEMトルネードとは違い、後述のプログラムリングに対する負荷がない代わりに物理防御に劣る欠点を持つ。ガオファーが生成するリングを介し、各ガオーマシンにF.F用プログラムが随時更新転送されるようになって限りなく100%に近い合体成功率を達成している。新ガオーマシンが破損などで使用不能になった場合に備え、旧ガオーマシンとの互換性がある(本編未登場)。

完成までには半年以上もの歳月を費やしたが、その矢先、バイオネットによる新型ガオーマシン奪取及び卯都木命の拉致が発生。更には被害に遭わなかったファントムガオーの滷獲と後手に回る出来事が続き、初合体は年が明けてからと災難が続いた。

初起動させたのは試作機である『XF-111 プロトタイプ・ファントムガオー』だが、後に正式採用機に出番を譲りオービットベースの片隅に放置されていた。
しかし、記憶を取り戻したアルエットが、もしもの為にと阿嘉松の承認で機体修復しており、木星圏で猛威を振るう覇界王から脱出した凱の下へと届けられ、約10年ぶりに再会を果たしF.F。再びその勇姿を現した。

基本装備

ブロウクンファントム
プロテクトウォール
ドリルニー
プラズマホールド

専用ハイパーツール

ディバイディングドライバーⅡ
ゴルディオンハンマー
ゴルディオンクラッシャー

ヘル・アンド・ヘブン
ハンマー・ヘル・アンド・ヘブン

関連タグ

勇者王ガオガイガー外伝エヴォリュダーGYI
勇者王ガオガイガーFINAL
覇界王~ガオガイガー対ベターマン~

ガオガイガー 
スターガオガイガー 

ジェネシックガオガイガー 

ガオガイゴー

pixivに投稿された作品 pixivで「ガオファイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47395

コメント