ピクシブ百科事典

ガンキャノン重装型

がんきゃのんじゅうそうがた

RX-77-3 ガンキャノン重装型(GUNCANNON HEAVY CUSTOM)とは、プラモデル企画『モビルスーツバリエーション』(MSV)で設定され、後にアニメ『機動戦士Zガンダム』に登場した地球連邦軍の中距離支援用試作モビルスーツ。
目次[非表示]

機体説明

ジム・キャノンの開発過程で生まれた試作型モビルスーツ
基本構造はガンキャノンそのままに全面的に装甲を強化し、コア・ブロック・システムをオミットして生産性も向上させている。
当時連邦軍は砲撃型MS部隊とジムなどの通常装備のMS部隊との有機的な連携運用を企図しており、本機は重装甲化により若干の機動力の低下は認められるものの、一年戦争終盤に予想された対要塞攻略戦等に威力を発揮すると期待されていた。
武装はガンキャノンと共通だが、一部の機体は実体弾型のキャノン砲から試作型のビームキャノンに換装したテスト機も存在する。

生産コストの高騰と戦争の早期終結により数機が生産されるに止まり、暫くして欠点を解消したD型も生産されるものの間もなくガンキャノンⅡが生産された事もありこちらも少数生産に留まった。

戦後もジャブローでテストが続けられ、その成果はジム・キャノンⅡの開発に利用された。
その後も一部機体はリニアシート・全天周モニターを搭載した上でジャブローに配備され続けたものの、グリプス戦役に於いてティターンズがジャブローの放棄を決定した際、他の旧式機と共に囮としてエゥーゴをおびき寄せ核で一掃するべく、作戦詳細を知らない一般部隊によって運用された。

機体データ

形式番号 RX-77-3
所属 地球連邦軍
製造 ジャブロー
全高 18.1m
本体重量 58.6t
全備重量 79.1t
出力 1,380kw
推力 62,200kg
センサー有効半径 6,000m
装甲材質 ルナ・チタニウム
武装 240mmキャノン砲×2(ビームキャノン)
60mmバルカン砲×2
ビームライフル
ハンドグレネード


関連項目

MSV
ガンキャノン 量産型ガンキャノン ガンキャノンⅡ ザクキャノン ジム・キャノン ジム・キャノンⅡ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンキャノン重装型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6468

コメント