ピクシブ百科事典

ガンダムAGE-2

がんだむえいじつー

ガンダムAGE-2とは、機動戦士ガンダムAGEに登場する機動兵器。第2部(第2世代)の主役機。
目次[非表示]

概要

ヴェイガンとの戦争が本格化する中、連邦軍の技術的な支えとなっているガンダムのスペックアップを行うべくAGEシステムに蓄積されたガンダムAGE-1の戦闘データをもとに開発された機体。
同時にAGEシステムも移植されており、戦闘におけるデータ収集・送信およびウェア換装機構も受け継いでいる。
長距離移動が可能な高速飛行形態「ストライダー形態」への変形機構を持ち、ストライダー形態時にはMS形態時の3倍の速度での移動が可能となる。また、単独での大気圏突入機能も有している。
専用のウェアについてはAGE-1と異なり腰部アーマーを取り替えない、各ウェア間でパーツが共有されているなど、機構の簡略化が認められている。
パイロットはアセム・アスノ

バリエーション

ガンダムAGE-2 ノーマル

AGE-2 ノーマル


ガンダムAGE-2の基本形態。左右の肩に2枚ずつ、計4枚取り付けられた大型の可変翼が特徴。
専用武装はドッズライフルの銃身を延長する事で貫通力を強化した「ハイパードッズライフル」。
ハイパードッズライフルは運用方法次第では敵を貫通して更にその後ろの敵を撃墜したり、障害物に隠れた敵を障害物ごと撃ち貫くといった芸当も可能とする。
また、腰部にはビームサーベルを装備し、ストライダー形態時には両肩アーマーの下からビームバルカンが露出する。

特務隊仕様

AGE-2の白。


特務隊の隊長となった際にアセムの搭乗していたAGE-2。
戦死したウルフ・エニアクルの意志を継いで白一色に塗り替えられている(ノーマルスーツおよび軍服についても、アセムはウルフと同じものを着用している)。
後に「EXA-DB」護衛用MS「シド」との戦闘で大破し、AGEシステム・AGEデバイスは連邦軍に、残された残骸は宇宙海賊ビシディアンに回収される事となる。
色以外はノーマル装備のままだが、ダブルバレット装備については(作中で使用していないため)特務隊カラーに塗られているのかどうか不明。

ガンダムAGE-2 ダブルバレット

ガンダムAGE-2ダブルバレット


AGEシステムが対複数戦用に作出したウェア。
両肩に「ツインドッズキャノン」を装備した対大群用の大火力形態であり、ゼイドラクロノスとの交戦経験を元に開発された対Xラウンダー用装備でもある。
ドッズキャノンは分離してドッズライフルとして使用可能な他、ドッズライフルを外した箇所からはビーム刃も発生でき、近接戦闘にも対応可能。また、脚部にはカーフミサイルを装備して対面攻撃にも優れる。
AGE-1のウェアが敵の特性に合わせて作出されたのに対して、ダブルバレットのウェアはパイロットであるアセムの戦闘スタイルに合わせて設計されており、OSもそれに特化したものが構築されている。
なお本形態でも可変機構は健在であり、ストライダー形態への変形が可能。

ガンダムAGE-2 ダークハウンド

Dark Hound


本編第3部以降及び外伝「追憶のシド」に登場。
宇宙海賊ビシディアンの首領キャプテン・アッシュ(=アセム)の乗機。
シドとの戦闘で大破したガンダムAGE-2の残骸を回収、マッドーナ工房で再生させた機体。
大型のドッズランサーを携行する他、両肩のバインダーにワイヤーフックを射出するアンカーショットを装備する。
胸部と頭部に髑髏を思わせるレリーフを持ち、右目にはアイパッチを思わせるパーツが追加されている他、胸部ドクロの眼窩には目眩ましのフラッシュアイを装備している。
海賊行為を行う為の機体として、正規軍の機体とは方向性の異なる装備を施されているのが特徴。
相手の破壊よりも無力化及び拿捕を目的としているためかまともな火器を装備しておらず、基本的に重火器を内装しているヴェイガンの機体に対して相性が良いとは言えない武装であり、重装甲の機体やビットを持つ機体にはアセムの技量をもってしても苦戦を強いられることが多い。
なお、本来は次期キャプテンであったウィービック・ランブロの乗機として(ガンダムの拿捕も含めて)計画されていた機体であるが、そのウィービックがシドとの交戦で行方不明となったことと、正規パイロットであるアセムがガンダムごと海賊に合流したことで引き続き彼が搭乗することとなった。

TV放映版以外のバリエーション

ガンダムAGE-2 アルティメス

ガンダムAGE-2 アルティメス


外伝「EXA-LOG」初出、ゲーム版にも登場(アニメパート含む)。
ヴェイガンのステルス技術である「見えざる傘」に対抗する為に作出されたウェア。
ダブルバレットの発展系であり、大型艦艇並みのレーダーや各種索敵システムを有し、敵が移動する事で影響を受ける宇宙塵の動きを観測する事で間接的に敵を捉えることが出来る。
星間物質の状況によって捕捉能力が左右される為、場合によっては有効に稼動しない事もあるが、持ち前の索敵性能の高さやガンダムAGE-2の可変機構から、艦隊のセンサーピケットや高速戦術偵察機として用いる事が可能。
武装はアルティメス・ロングライフルとアルティメス・ビームサーベル、ビームマシンガン。ビームマシンガンにはダブルバレットのツインドッズライフルを装着可能。
なお、飛行形態は「グライダー形態」と称される。

ガンダムAGE-2 ダブルブレイド

ゲーム初出のウェア。後に「Unknown Soldiers」において詳細な設定が加えられた。
両肩にワイヤーを有するシザークローを、両膝には腕部に装備可能なヒートブレイドを装備した格闘戦用ウェア。
パイロットであるアセムの地上転属に伴い、大気圏内での戦闘に有用な装備を生み出すべく、アルティメス同様にダブルバレットをベースに開発され、実戦に投入されたが戦闘時の使い勝手については不満点が上げられている。
なお、シザークローについては、そのデータがダークハウンドのアンカーショットに活かされたとも言われている。

ガンダムAGE-2 ザンテツ

ゲーム版機動戦士ガンダムAGEに登場。
を思わせる外観を持ち、ザンテツブレードによる近接戦闘を得意とする。
また、エネルギーを消費する事で剣波による遠距離攻撃にも対応する。

ガンダムAGE-2 フェニキス

ゲーム版機動戦士ガンダムAGEに登場。
ファンネルによるオールレンジ攻撃を意図した装備。
両肩のフェニックスの翼を思わせるパーツが分離し、ファンネルとして運用される。
ガンダムAGE-1 フェニックスとの関連性は不明。

ガンダムAGE-2 フルアームド

BB戦士ガンダムAGE-2のオリジナルギミック。考案者はデザイナーの海老川兼武。
上半身はノーマル、下半身はダブルバレットで構成され、両肩の可変翼の間にツインドッズキャノンが取り付けられている。
両形態の全ての武装が使用でき、ストライダー形態への変形も可能である。


関連タグ

機動戦士ガンダムAGE ガンダムAGE アセム・アスノ
ガンダム ガンダムAGE-1 ガンダムAGE-3 
Ζガンダム アリオスガンダム ギャプラン クロスボーンガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムAGE-2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289894

コメント