ピクシブ百科事典

サザン

さざん

「南の」という意味の英語の形容詞。(Southern) 他にも色々な意味で使われている。
目次[非表示]

1. サザンオールスターズの略称。
2. 南海電気鉄道が運行する特急列車の愛称。本項で説明。

南海特急「サザン」

サザン(Southern)とは、南海電気鉄道の有料特急列車のひとつである。
南海線系統で、難波和歌山市和歌山港を結ぶ。1985年運行開始。
指定席料金が必要な指定席車4両と指定席料金不要の自由席車4両を連結する編成を組んで運行する。この方式は名鉄の特急に似ている。
かつては自由席車を連結しない10000系のみの運用もあり、その場合は全車指定席としていたが、2009年のダイヤ改正で消滅した。
和歌山港発着のサザンは、終点の和歌山港で徳島行のフェリーに連絡する。

車両

指定席車に10000系

10000系

「サザン」専用の指定席車。抵抗制御で、連結器が自動連結器という手をつなぐように連結するタイプのものしかないのと、走行機器の関係上、同形式同士または7000系・7100系としか連結できない。扉は、貴重な折戸式。室内の仕切り扉も、半透明で褐色に着色されているなど、レトロな雰囲気が目立つ。一方、後から追加された10007編成~10010編成の中間車は近代的な雰囲気を思わせる。

2011年9月から、全車禁煙化が実施された。後述の12000系の導入に伴い、10000系については7編成のうち2編成が運用離脱し、廃車されている。10004編成は、南海創業130周年を迎えた記念として2015年から1年間限定でデビュー当時の旧塗装になっていた。

登場当初は2両固定編成だったが、現在は4両固定編成となっている。4両編成化後の組成は次の通り。10001編成~10003編成の2両編成3本は、中間車化改造によって10004編成~10006編成に組み込まれ、10007編成~10010編成の中間車は新造とした(編成表のうち太字の数字の車両)。

←和歌山市・和歌山港 難波→
10904-10104-10804-10004
10905-10105-10805-10005:廃車済み
10906-10106-10806-10006:廃車済み
10907-10107-10807-10007
10908-10108-10808-10008
10909-10109-10809-10009
10910-10110-10810-10010

7000系

10000系の自由席車として連結される車両。片開き扉。老朽化のため、2015年秋に引退した。ネット上では塩害魔王の呼び名があった。
また最後まで残った7037編成4両は、10004編成と同じく130周年記念と、運行終了の記念として引退までの3ヵ月間旧塗装に変更された。

7100系

7000系のマイナーチェンジ車。こちらも10000系の自由席車として連結される。両開き扉で在籍車両数も多いため、「ラピート」以外の優等列車普通運用に多く就くオールラウンダー。老朽化のため、後述の8300系により置き換えられる。

指定席車に12000系

12000系

2011年9月に運行開始した特急サザンの指定席用車両。南海の特急形車両で初のステンレス車。
「サザン・プレミアム」という愛称がある(運用は10000系と共通で、列車名も「サザン」のまま)。この車両では、全車に空気清浄機(鉄道車両で初めてシャープ製の「プラズマクラスター発生器」を採用。)が設置される。関西の電車かつ大手私鉄で空気清浄機が導入されるのはこの車両で初であり、特急形車両で禁煙車にも導入されるのもこの車両が初となる。
制御装置は8000系と共通のIGBT素子のVVVFインバーターである。連結器は電気連結器+密着式連結器を使用。
なお、2016年以降は高野線特急の定期検査に伴う泉北ライナーの代走も担当。

8000系

2008年にデビューの通勤形車両。12000系の自由席車として連結される。4両固定編成しかないが、もう1編成か既存車の1000系と連結して優等列車の運用につくことも。

8300系

2015年にデビューの通勤形車両。8000系同様12000系の自由席車として使われるとのことだが、2016年現在まで運用実績はない。1000系とも連結可能。

1000系

先述の通り、1000系は8000系・8300系・12000系と連結可能なので、特急サザンの自由席運用に就くことも可能だが、試運転で連結し走行したのみで現在のところ定期列車としての運用実績はない。

4両固定編成は1051編成のみの1本。2+2の4両編成で自由席に使う場合、そのための2両固定編成は6本(うち1本は高野線所属)いる。南海本線所属の2両固定編成は、8000系が4両固定編成しかないこともあって、1051編成・8000系8300系とつないで6両運用に入ることが多い。

9000系

「サザン 自由席」の方向幕は用意されている。
構造上1000系・8000系・8300系・12000系と連結可能だが、空調装置のメーカーが異なるため、連結しても不具合が起こりやすく、サザン運用は滅多にない。

2015年12月10日、2016年2月22日にそれぞれ1往復運転。そして2016年3月12日以降、定期的に12000系と組成している。

停車駅

なんば-新今宮-天下茶屋-堺-岸和田-泉佐野-尾崎-みさき公園-和歌山大学前-和歌山市(-和歌山港※1)

※1定期列車だが、徳島港行きのフェリーに合わせているほか、和歌山市発着で和歌山港線普通へ1度乗り換えさせられる列車もあるため、基本的に少ない。
この他、通常は通過するが、野外ライブが行われる日に泉大津駅に臨時停車することがある。

設定当初のなんば-和歌山市間の途中停車駅は新今宮・堺・岸和田・泉佐野の4駅のみであったが、急行の削減と天下茶屋駅の主要駅化に伴い順次停車駅が追加されていき、2014年10月ダイヤ改正で現在の停車駅に。

関連タグ

南海電気鉄道 南海 南海電車 南海電鉄 ラピート こうや りんかん 天空 南海8000系

pixivに投稿された作品 pixivで「サザン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45039

コメント