ピクシブ百科事典

サンバー

さんばー

主にスバル・サンバーを指す。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. スバル・サンバー…後述
  2. 南アジア東南アジア産のシカの一種。別名スイロク。1.の名の由来。


スバル・サンバー

富士重工業(スバル)の軽貨物車(軽トラ)及びその派生の軽乗用1BOXバン。昭和36年に初代モデルが発売され、現行型は7代目にあたる。

赤帽トラックとしては余りにも有名である。ちなみにこの赤帽仕様は内装の細かな点やエンジンをはじめ、普通に市販されているサンバーとはかなりモノが違い、赤帽仕様から一般用にフィードバックされた部分もあるという。
所有者以外にも確認できる違いとして、NGK等のスパークプラグの適合カタログを見ると赤帽仕様は純正指定熱価がノーマルより1番高い。
そしてエンジンオイルもやや固めのものを入れる指示がされている。長距離の高速巡航でエンジンの過熱を抑える意味合いもあり、赤帽サンバーは大阪から東京まで1日で往復しても大丈夫と言われている。
これは軽トラとしては車室空間が広く、エンジンが最後端にあり空荷でも重心移動が少なく、四輪独立懸架のため不快な音や振動がドライバーに伝わりにくく「ドライバーに優しい車」であるからこそ実現できるものである。

上記以外にもスイッチ一つで4WD(四輪駆動)へと切り替えが可能なので悪路への耐性も良く、農業方面でも活躍している(この機構はサンバーが初であるが、現在は他のメーカーの軽トラも搭載しているため特別と言う訳ではない)。
また他社の軽トラよりも運転席が広く出来ていて、ゆとりのある作りとなっている。
本車種はリアエンジン・リアドライブ・四気筒と、ポルシェ社製の車と構成がよく似ていることなどから、冗談交じりに「農道のポルシェ」と呼ばれることがままある。
実際に排気音はポルシェに似ているし、前述の様に巡航性能も軽トラとしては高い物であり、あながち冗談でもない。
また、リヤエンジンのメリットとして簡易な点検であれば荷台上の荷物を降ろさず後部メンテナンスハッチを開くことで行える点も商業用として重宝された点である(アクティトラックのメンテナンスハッチは荷台奥にあり積荷を下ろさないと点検できない。キャリイハイゼットのメンテナンスハッチは運転席下にある)。

だがスバルの軽自社生産撤退に伴い、乗用仕様(ディアスワゴン)はハイゼット(アトレー?)のOEMになってしまった。トヨタの資本が入った際の懸念事項がいよいよ現実のものとなってしまったということである。このことに関し、「むしろハイゼットを生産中止にしてサンバーを残せ!」という発言がしばしば見受けられた。

2011年7月26日にサンバー50周年記念としてWR BLUE LIMITEDが1000台限定で販売された。事実上これがスバルが製造するサンバーでの最後の特別仕様車となった。

そして2012年2月29日、スバル・サンバーは群馬県太田市の本社工場から「スバル最後の軽自動車」として出発していった…

現在はサンバー生産ラインでBRZ/86が生産されている。また、スバル系ディーラーでは軽自動車の販売を継続するため、全てダイハツ製の車種を販売している(サンバーは7代目以降はハイゼットのOEM車として販売)。

関連タグ

スバル/富士重工業 農道のポルシェ ダイハツ ハイゼット

1.が登場する作品

瀬田/ラブひな

pixivに投稿された作品 pixivで「サンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144232

コメント