ピクシブ百科事典

シュマゴラス

しゅまごらす

アメコミ「ドクター・ストレンジ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

いわゆる素敵軟体生命体
触手目玉が特徴の緑色。

原作でのシュマゴラス

スーパーヒーローの一人であるドクター・ストレンジ(Doctor Strange、略称はDr.ストレンジ)の敵役として登場し、作中でもシュマゴラスについての説明がある。
曰く「異界カオスディメンションの混沌の神。見た者が恐ろしいと感じる姿をとる」とあるが、詳細はほとんど不明。

 日本ではMARVEL SUPER HEROESで一躍有名となるが、実はアメリカでも知名度は皆無だった。それもそのはず、上記の作品で数度の敵役出演(それも1970年代~1980年代とのこと)のみ。
 その時の記述には未知の異次元空間から来た謎の超生命体。ありとあらゆる生命の根絶を企んでいるとあるものの、ぶっちゃけシュマゴラスについての記述は3ページ程度しかなかったという。
 色指定すらなく、元々の全長は30mらしい。
 動機も不明、ある意味でクトゥルフ神話を感じさせる設定ではあるが、マーヴルからの注文もほぼなく、キャラとしての下地を除き、ほとんどの設定がカプコンが担当したと言ってもいいほどだった過去をもつ。

カプコンに輸入されてからのシュマゴラス

 ゲームでは独特の艶めかしい動きやトリッキーな操作性と、体力吸収能力を付加されたK投げでのピストン運動と触手という二大要素から女性キャライジメに好んで使用された。無論、目的はエロ目線だろう。

 キャラ性能は全体的に鈍くタメ技が主軸な上、連続技も不得意なので待ちタイプ。使うのが難しいキャラの一人と初期は言われていたが、続編であるMARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES などでは、エアリアルコンボの使い勝手などでマニアには人気があった。
 ぬるぬるとした移動や攻撃の描写に、クリエイタ―の職人芸を見る事ができる。キメポーズである腕組みなどもイカしている。

 性別は女とも。具体的にはどちらでもないのかもしれない。不明。
 ゲーム版では侵略どころか、これといった派手な演出もない。単なる気のいい触手君とも思える愛嬌のあるデザインとして知る人も多い。

『マーブルスーパーヒーローズvsストリートファイター』では、エンディングでダルシムと語り合うなど、どちらかといえば知性的な印象の方がある。日本版では「シュ」混じりで喋るなどコミカル。唯一、マーヴルスーパーヒーローズEDでは神となっての破滅を行っている。

そして現在

 2011年に発売した『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』にはDLCキャラとして参戦。
 前述のように海外ではそこまで知名度が高いとは言えないキャラだったが、新妻プロデューサーがMARVEL社側の人間を説得してDLCとはいえ参戦させたとの事。
 3Dモデルでぬるぬると動きまくるシュマちゃんは一見の価値あり。勿論、おなじみの攻撃もしっかり表現されている。
 ちなみに、デッドプール同様、第四の壁を認識しているという事が対デッドプールの勝利台詞で分かる。本人曰く
「知ってはいけない次元でシュ。カオスというよりタブーでシュ」
 とのこと。下手に触れればとんでもない事になるから敢えて見てみぬ振りをしている…のだろうか。

 そしてMVC3のアッパーバージョンである「ULTIMATE」ではアレンジコスチュームの一つが、もはやシャレにならないレベルのキモさになってしまった。
 一言で言えば、シュマゴラスの顔面に小さな目が10個付いているというもの。俗に言う蓮コラや複眼の類であり、
 今までの「可愛い単眼キャラ」だったシュマゴラスが一変、SAN値直葬されたプレイヤーが続出した。(イラスト右)

シュマゴラス様とクォゴス様



 なおこの複眼の元ネタは、2008年にX-MEN外伝で披露した分身「クォゴス」。目が多いだけに反目し合うことが多く、創造主であるシュマゴラスに歯向かうという反骨ぶりを見せた。しかし、彼らに骨はないのだが。


 ちなみにMVC3のエンディングでは、ギャラクタスを倒した事で救世主扱いになってしまい、原生生物だと思っていた地球人達が特濃のカオスで満たされていると気付き、「倒せないなら同化せよ」という人間の古い格言に則って、日本のクイズ番組「シュマってポン!」の司会者を務めることに。何がどうしてこうなった。

どうも、司会のシュマゴラスでシュ。
1問目は恒例の、108択クイズからでシュ。

関連タグ

MARVEL アメコミ
日本の伝統 触手 リョナ

pixivに投稿された作品 pixivで「シュマゴラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 823380

コメント