ピクシブ百科事典

MARVELvsCAPCOM

まーゔるばーさすかぷこん

カプコンから発売されている格闘ゲーム「MARVEL VS. CAPCOM」シリーズを指す。
目次[非表示]

概要

MARVELCAPCOMの提携による対戦格闘ゲームは『X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』(1994年)に端を発する。
グラフィックの原画は『MVC2』までほぼ同一で、グラフィックが2Dから3Dに一新された『MVC3』以降もキャラ性能等はほぼそのまま引き継がれている(新タイトルのたびに調整はされているが)。
さらに『X:COA』の時点で拳を極めし者隠しキャラとして参戦している。
このことから以下のタイトルも含め同一のシリーズとして扱うこともある。MVCシリーズではキャプテン・アメリカリュウなど複数のキャラクターが皆勤しているが、『X:COA』から『MVC3』までの皆勤賞はウルヴァリンのみ。

X-MEN CHILDREN OF THE ATOM(1994年)

使用可能キャラ

サイクロップス / アイスマン / ストーム
ウルヴァリン / コロッサス / サイロック
シルバーサムライ / スパイラル / オメガレッド / センチネル

CPU専用キャラ

ジャガーノート / マグニートー

隠しキャラ

豪鬼

MARVEL SUPER HEROES(1995年)

使用可能キャラ

キャプテンアメリカ / ハルク / アイアンマン
スパイダーマン / ウルヴァリン / サイロック
ジャガーノート / マグニートー / ブラックハート / シュマゴラス

CPU専用キャラ

ドクタードゥーム / サノス

隠しキャラ

アニタ

X-MEN VS. STREET FIGHTER(1996年)

使用可能キャラ

サイクロップス / ストーム / ウルヴァリン / ガンビット
ローグ / セイバートゥース / ジャガーノート / マグニートー
リュウ / ケン / 春麗 / ザンギエフ
ダルシム / ベガ / キャミィ / ナッシュ

CPU専用キャラ

アポカリプス

隠しキャラ

豪鬼

MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER(1997年)

使用可能キャラ

キャプテンアメリカ / ハルク / スパイダーマン / サイクロップス
ウルヴァリン / オメガレッド / ブラックハート / シュマゴラス
リュウ / ケン / 春麗 / ザンギエフ
ベガ / 豪鬼 / ダン / さくら / 憲磨呂

CPU専用キャラ

アポカリプス / メカ豪鬼

隠しキャラ

U.S.エージェント / アーマースパイダーマン / メフィスト
日焼けしたさくら / メカザンギエフ / シャドウ

MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES(1998年)

対応機種

ドリームキャスト プレイステーション(EX EDITION)

使用可能キャラ

キャプテンアメリカ / ハルク / スパイダーマン
ウルヴァリン / ガンビット / ウォーマシン / ベノム
リュウ / 春麗 / ザンギエフ / キャプテンコマンドー
ロックマン / ストライダー飛竜 / モリガン / ジン・サオトメ

スペシャルパートナー

マイティ・ソー / U.S.エージェント / サイクロップス
アイスマン / ストーム / コロッサス / サイロック
ローグ / ジュビリー / マグニートー / ジャガーノート / センチネル
名無しの超戦士1P / ルー&アカビー / アーサー
想鐘サキ / 東風 / デビロット一味 / アニタ
ピュア&ファー / ミシェルハート / シャドウ

CPU専用キャラ

オンスロート

隠しキャラ

ハイパーアーマーウォーマシン / ハイスピードベノム / MSH性能ハルク
シャドウレディ / リリス風モリガン / ロール

表記ゆれ

マブカプ マヴカプ MVC

MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES(2000年)

詳細は「MARVELvsCAPCOM2」のタグ参照。

対応機種

アーケード ドリームキャスト プレイステーション2 Xbox
DL版: Xbox360 PS3

表記ゆれ

マブカプ2 マヴカプ2 MVC2

MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds

詳細は「MARVELvsCAPCOM3」のタグ参照。

対応機種

Xbox360 PS3 PSvitaUMVC3

表記ゆれ

マブカプ3 マヴカプ3 MVC3 Marvel_vs_Capcom_3

MARVEL VS. CAPCOM INFINITE

2017年後半に発売予定のシリーズ最新作。

余談

  • 上記のCPU専用キャラのうちいくつかは隠し要素として、または移植に伴う追加要素として使用可能になっている。
  • 『X:COA』は同時期の格闘ゲームと較べて非常に難易度が高く、マグニートー戦で挫折したプレイヤーも少なくない。以降のシリーズでは爽快感を重視した調整がなされるようになった。
  • 『MSH』の隠しキャラ・アニタは『ヴァンパイアハンター』のドノヴァンが連れていた少女。本人が超人たちを殴ったり蹴ったりするわけではなく、通常攻撃は魔剣ダイレクが、必殺技はリンリン(レイレイの姉)と豪鬼が、超必殺技は抱いている人形が担当。
  • 1996年、『MSH』と同じく『Infinity Gauntlet』を原作とする『Marvel Super Heroes: War of the Gems』も発売されている。こちらはSFC用の横スクロールアクションゲーム。
  • 『XVS』から参戦したストリートファイターZEROシリーズのグラフィックが使用されているが、ベガ親衛隊コスチュームのキャミィは『XVS』で新規にデザインされ、『ZERO2』移植版での追加要素を経て『ZERO3』からレギュラー参戦となった、いわゆる逆輸入のパターンになっている。
  • 『MVS』のシャドウはシャドルーに改造されたナッシュ。『ヴァンパイアセイヴァー』の同名キャラクターとは別物。
  • 『MVC』開発中はアイアンマンの再登場が予定されていたが版権の都合でNGとなり、急遽ウォーマシンに差し替えとなった。そのため細部のデザインが原作と異なっている。
  • 『MVC』のシャドウレディはシャドルーに改造された春麗。桂正和の漫画作品とは別物。


関連タグ

MARVEL CAPCOMカプコン) アメコミ
X-MEN ストリートファイター

pixivに投稿された作品 pixivで「MARVELvsCAPCOM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111350

コメント