ピクシブ百科事典

ティターンズの旗のもとに

てぃたーんずのはたのもとに

ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとにとは、電撃ホビーマガジンの連載企画「ADVANCE OF Ζ」シリーズのうちの一作。
目次[非表示]

概要

機動戦士Ζガンダムの外伝作品群「ADVANCE OF Ζ」シリーズの第一弾。
著者は今野敏。キャラクターデザインは斎藤卓也、メカニックデザインは藤岡建機による。
コミカライズはみずきたつが担当。

「Ζガンダム」において主人公達と敵対した組織ティターンズ側からの視点で物語が進む。
グリプス戦役会戦前~終戦までを描いた「T3部隊編」と、グリプス戦役後に行われた主人公エリアルド・ハンターの軍法会議を描いた「法廷編」で構成されており、この二つのエピソードが交互に展開する事で物語が進んでいく。
ガンダムシリーズにおいては初めて本格的な軍法会議の内容を描いた作品であり、ガンダムの小説作品や立体物をメインに展開するホビー雑誌の連載企画としては若干の異彩を放っている
(ただし漫画版に関してはエリアルドのティターンズ入隊からグリプス戦役終結までしか描かれていない。とは言え、こちらは漫画版オリジナルキャラクターを加えて人間関係がより明確に描かれているのが特徴)。

既存のモビルスーツモビルアーマーをベースとし、追加パーツを施した「TRシリーズ」と呼ばれる試作機群、兎をモチーフとしたエンブレムや指先を赤く塗装したマニュピレータなど、その独特なメカニックデザインも特徴。
また、メカニックの設定にはΖガンダム劇中で登場したティターンズのMSの系列を整理するという側面も見られ、本作で登場したMSの一部パーツの技術が後に他のMSやMAに転用され使用される、という設定が多く見受けられた。

ティターンズ側のテスト兵器名は全てイギリスの児童文学「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」が出典であり、機体のマーキングもうさぎにちなんだものが描かれている。

あらすじ

地球連邦軍の若き将校、エリアルド・ハンターは、念願かなって憧れのティターンズへ配属された。
新型モビルスーツのテストの傍ら、様々なミッションや実戦を繰り返し、パイロットとして成長していく。
だが、僥倖にも『グリプス戦役』を戦い抜いたエリアルドを待っていたのは、軍事法廷という新たな戦いだった……。
法務官コンラッド・モリスはエリアルドの弁護人となり、彼の無罪を証明するため、エリアルドのかつての仲間を探し求める。

主な登場人物

ティターンズ

  • エリアルド・ハンター

本作の主人公。
地球至上主義を掲げるティターンズでは稀なスペースノイド。階級は中尉。
真面目で正義感が強いが、同時に甘さと純粋さも併せ持つ。T3部隊マーフィー小隊(ブラック・オター小隊)へ配属され、ティターンズの掲げる正義と仲間を純粋に信じて戦い続けた。
小隊ではサブ前衛を担当。優秀なパイロットではあるものの、本人にその自覚は無い。
グリプス戦役後はティターンズ時代に犯したとされる四つの罪状により、軍事裁判にかけられることになり、コンラッド・モリスがその弁護にあたる。

  • カール・マツバラ
エリアルドの同期であり、良きライバルである戦友。階級は中尉。
白人主体のティターンズでは珍しい日系人であり、髪は気分によって染めている。
明るく素直だが少し皮肉屋の気質があり、一見悩みなどない軽い人物に見えるが、内心ではしっかりと物事を考えている。
小隊では長射程火器を用いて後衛を担当。ハイザックなどジオンスタイルの機体に対して不満を漏らす事も多かったものの、次第にその性格の良さを認めていく。
なお、ヘイズルなどTRシリーズに描かれているウサギをモチーフにしたエンブレムは彼の手によるもの。

  • ウェス・マーフィー
T3部隊所属のマーフィー小隊の隊長。階級は大尉。
一年戦争終盤のチェンバロ作戦で初陣を飾り、デラーズ紛争でも活躍した歴戦の勇者。
ティターンズ設立以前にはエイパー・シナプス大佐の直属の部下だった経験があり、シナプスがデラーズ紛争の全責任を負わされ処刑されたことに強い不満を持ち、それがきっかけでT3部隊に回されてきた。
ウサギ好きという意外な一面があり、ネザーランド・ドワーフの「ピーター」をペットとする他、小隊の部隊章にはウサギを元にしたデザインを選んだ。
沈着冷静な性格の指揮官であると同時に扱いづらい機体の性能をフルで引き出すほどの卓越した操縦技術を持つエースパイロット。小隊では前衛を担当する。

  • オードリー・エイプリル
マーフィー小隊の紅一点。階級は中尉。
エリアルド達より2年先輩で、時にはエリアルドたちを叱責するなど、前向きで意志の強い性格をしている。器量もよく、カールからは美人と評される一方でメカ・フェチの一面があり、メカニック達からも一目置かれている。
動物が嫌いで、マーフィーが部隊章にウサギのデザインを提案した際には最後まで反対した。
マーフィー小隊では4番機を担当するが、部隊発足当初は予備要員としてアスワンで待機し、オペレーターを担当することが多かった。
情報通でゴシップやアングラサイト等を漁る事もある。

  • オットー・ペデルセン
コンペイトウを拠点とするアレキサンドリア級アスワン艦長。階級は大佐。
大局的な視点を持った、時勢や戦局を的確に把握出来る有能な指揮官であり、部下思いで人情に厚い。スペースノイドに対する偏見を持っていないため、バスク・オムのやり方には反感を持っている。
ティターンズ上層部の欺瞞と劣勢に傾きつつある戦局を察しながらも、あくまでエリアルド達の信じた正義を守るべく、アスワンの艦長でありつづけた。
グリプス2を廻る戦闘でエリアルドに「ある命令」を下し、戦死した。

  • ヘンドリック・ネス
アスワンの整備主任。階級は大尉。
高齢ながら、機体の入れ替わりが激しいテスト部隊たるT3部隊のメカニックを任されるだけあってその腕は一流であり、部下のピート・シェルトンなど若手からの信頼も厚い。
アスワンの中でも年長者という事もあり、マーフィーらの良き理解者としての一面も見られ、その苦労を心配して何かと声をかける事も多い。

  • トーマス・シュレーダー
士官学校時代に「氷柱(つらら)」とあだ名されたサラミス改級イズミールの艦長。階級は大佐。
一年戦争末期に20代の若さでサラミスの艦長になり、今まで部下を一人も死なせた事が無いことで連邦軍内では一種の伝説となっている人物。部下を生かすためならば平気で憎まれ役を引き受ける大きな器を持つ。

エゥーゴ(ジオン残党軍)

  • ガブリエル・ゾラ

乗機に「ジオン・アライブ」のマーキングを入れるジオン公国軍元大尉。
一流のMSパイロットであり、ザンジバルを乗艦としてゲリラ活動を行っていた。後に乗艦ごとエゥーゴに移籍するが、制服はエゥーゴの物は使わずジオン軍服を着用し続ける。
無口で無表情、無愛想だが、その腕前と信念の強さから周囲の信頼は篤い。
当初はジオン再興に執念を燃やしていたが、混迷を深める戦いの中で繰り返される各勢力の政治抗争に辟易し、次第にその興味を失っていく。その一方で度々T3部隊に苦汁を舐めさせられたことで、グリプス戦役終盤には完全にティターンズのガンダム(=T3部隊)打倒の妄執に取り付かれる事になる。

  • カザック・ラーソン
ジオン公国軍元大尉。
ゾラとは一年戦争時からの戦友で、彼と共にゲリラ活動を行っていた。
当初はモビルスーツパイロットとしてゲルググに搭乗していたが、T3部隊との戦闘で左足を失い、その後ザンジバルの艦長に就任する。
ゾラの数少ない理解者の一人。

  • ヒルデガルド・スコルツェニー
漫画版に登場。元ジオン公国軍キルマイヤー小隊所属の女性MSパイロット。
キルマイヤーが計画したガンダム強奪作戦のため、ティターンズの新型のパイロット(=エリアルド)に接近する。
ザクⅡに搭乗して作戦を行うもエリアルドらに阻止され、コロニー外に逃走。後にエゥーゴに参加し、ゾラ隊にエゥーゴに参加するよう交渉を行う。
ゾラ隊のエゥーゴ編入後は同隊の一員としてエゥーゴ上層部との兵器調達などの交渉も行う一方で、ゾラの身を案ずる。
エリアルドと出会った時は戦う理由を見失いかなり無気力だったが、その出会いによって自らの目標を見出し、エゥーゴ時は年相応の活発な女性としての面が大きく出ていた。


地球連邦軍

  • コンラッド・モリス

もう一人の主人公。
軍人でありながら弁護士を勤める、地球連邦軍法務局所属の法務官。階級は少佐(宇宙世紀ガンダムの主人公としては珍しい佐官)。
元はMSパイロットだったが、一年戦争のソロモン攻略戦で左足を負傷してパイロット生命を絶たれ、歩行杖が欠かせない体となった。
その後、軍に残るためにロー・スクールに通い弁護士資格を取得し法務局に転属する。
前線を知らない「政治家」達が指揮を執る現在の連邦軍の体質に辟易しており、その体制への反発心から、グリプス戦役後に行われたティターンズ構成員への軍事裁判の一つの中で「絶対に勝ち目のない」と評されたエリアルドの弁護を受け持つ。

  • ジョアンナ・パブロア
コンラッドの秘書官。階級は中尉。ロシア系の美人。
秘書としての能力は高く、コンラッドの忠実な右腕として活動する。元は広報部門の出身であり、何人かのジャーナリストともコネを持っている。

  • マキシム・グナー
デラーズ紛争時のマーフィーの戦友。階級は大尉。
高機動型ガルバルディβと新型武装のテストのためにアスワンへ赴任するが、本人は30バンチ事件などの真実を知っており、それが原因で部下を自殺に追い込んだ事を悔いていた。そのため連邦軍の正義に疑問を抱き、アスワン赴任直後に機体ごとエゥーゴへと寝返った。
小説版ではその後は語られていないが、漫画版ではグリプス2攻防戦でマーフィーと対峙している。

  • オルトヴァン・ジェスール
漫画版に登場。
地球連邦軍のMSパイロット。階級は中尉。
エリアルドがティターンズに入隊する直前に配属されていたMS中隊での同僚で親友だった。
ティターンズ発足当時は自身もティターンズを志願していたが、後にティターンズの実態を知り連邦軍内の反ティターンズ派に属する事になる。


登場メカ

アドバンス・オブ・Zを参照。

専門用語

T3部隊

ティターンズ・テスト・チーム。通称T3。
ティターンズの権力拡大に伴って戦力増強を目的としたティターンズ専用の新型機の開発を行う「TR計画」遂行の為に発足された技術試験部隊。
コンペイトウ(旧ソロモン)を拠点とし、同施設を母港とするアレキサンドリア級「アスワン」を母艦とする。
ブラック・オター、チャッピー、フリージアンの三小隊で構成され、試作機のテストは主にブラック・オターが担当する。
ティターンズに属する名声と新型機を優先的に与えられる名誉から連邦軍の一般将校から煙たがられる事も少なくはないが、実際には信頼性の低いテストパーツでの実戦を強いられる激戦区である。
それ故に、実戦小隊はティターンズの中でも優秀だが失っても問題の無い人員で構成されており、スペースノイドであるエリアルドや日系人であるカールがこの部隊に配属されたのもそういった理由が上げられる。

エリアルドの罪状

法廷編においてエリアルドに掛けられた四つの罪状。
グリプス戦役におけるエリアルドとその周辺人物の行動が密接に関連している。

  • 30バンチ事件への関与
  • アッシマーによる飛行規律違反
  • コロニーレーザー争奪戦における敵前逃亡
  • 新兵器を無断で破壊

関連項目

ガンダム 機動戦士Ζガンダム
アドバンス・オブ・Z 刻に抗いし者 AOZRe-Boot

pixivに投稿された作品 pixivで「ティターンズの旗のもとに」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63443

コメント