ピクシブ百科事典

バハムート

ばはむーと

バハムートとは、中東の伝承に登場する巨大魚の幻獣。あるいはそれを原典としたドラゴン姿の幻獣。
目次[非表示]

概要

バハムートとは、主に以下のことを指す。
ほとんどの場合、ドラゴンに関連することが多い。

曖昧さ回避

  1. 中東の伝承に登場する、世界を支える巨大な魚に似た幻獣ベヒーモスベヘモットとも。本項で解説。
  2. ゲーム『D&D』において、ドラゴンのキャラクターとされる。以降の多くの作品に受け継がれた元ネタといえる。
  3. ゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するの王:。→バハムート(FF)。シリーズによって召喚獣だったり敵だったりする。
  4. ゲーム『バハムートラグーン』に登場する、異世界アルタイルの龍王。ストーリーに重要な関わりを持つ存在。
  5. ゲーム『神撃のバハムート』に登場する存在。開発会社Cygamesシンボルでもあり、『グランブルーファンタジー』でも登場する。→プロトバハムート
  6. ロードオブヴァーミリオン』に登場する使い魔:バハムート(LoV)
  7. もしかして:バハムーチョ半熟英雄
  8. 絶対防衛レヴィアタンのキャラクター:バハムート。赤いネコミミのようなトンガリ帽子がトレードマークで、ミニスカート
  9. もしかして:最弱無敗の神装機竜(神装機竜をバハムートと読む)


伝承

中東伝承に登場する巨大なの幻獣。その背中で全世界を支えるとされ、7つの大海でさえバハムートの前では鼻孔に入る砂の小粒程に等しいと言われる。
「千夜一夜物語」ではかのイエス・キリスト(イーサー)もバハムートに遭遇しており、その目が反射した光に目をくらませ気絶したという。そして三日後に目を覚ましても、バハムートはいまだ背びれを揺らしていたという。

知らない人が多いが、バハムートとベヒモスのスペルは全く同じであり、読みがラテン語かアラビア語かの違いだけである。

ドラゴンになった訳

なお、バハムートがドラゴンとして浸透した背景には、アメリカの有名TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』でバハムートを善サイドの『神の竜』とした設定の影響が大きいとされる(因みに、同作では神の竜に相反する「悪の竜」としてティアマトが設定されている)。
日本においてはファイナルファンタジーシリーズの影響が強いとされる。

関連タグ

ファイナルファンタジーシリーズ 召喚獣(FFシリーズ)

pixivに投稿された作品 pixivで「バハムート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1104715

コメント