ピクシブ百科事典

フォトカノ

ふぉとかの

『フォトカノ』とは、2012年に角川ゲームスから発売されたPSP用恋愛シミュレーションゲーム。及びそれを原作としたアニメ・漫画・小説作品。
目次[非表示]

概要

トゥルー・ラブストーリー』シリーズの系譜を受け継ぐエンターブレイン恋愛シミュレーションシリーズの一作。
とはいってもシステムの一部を継承している程度で製作陣はほぼ異なっており、『キミキス』以前の製作総指揮だった杉山イチロウ氏がプロデューサーであることと音楽が岩垂徳行氏であること以外は全く異なるチーム。

キャラクターデザインもTLSシリーズのグラフィックを担当し『キミキス』以降の作品のデザインを担当してきた高山箕犀氏ではなく、ヤマザキマサハル氏が担当。

また前作『アマガミ』と前々作『キミキス』は世界観が同一だったが、本作では繋がりはない。

2012年2月2日に発売された。また、追加要素が含まれた『フォトカノ Kiss』がPlayStation Vita用ソフトで2013年4月25日に発売された。制作はエンターブレイン
CEROレーティングは「C」(PSP)・「D」(PSVITA)。

写真をテーマとしており、PSPをカメラに見立てて各ヒロインを撮影していく要素が盛り込まれている。公式サイト上、および広告展開におけるキャッチコピーは、「ファインダーの向こうのキミに……恋をした。」。

コミカライズ、小説、アニメなどのメディアミックス展開がなされている。

ストーリー

夏休みも終わるある日に父が新しいカメラを買うために旧式のデジタル一眼レフカメラを押し付けられた高校生主人公は色々な写真を撮りたいと思い、翌日学校にカメラを持ち込んだ。学校中で女子の写真を撮影し、多くの女性と知り合った主人公はその様子を見ていたフォト部の部長と写真部の部長からどちらかの部に入るよう呼びかけられる。カメラを通じてヒロインたちとコミュニケーションを重ねてゆく。

ゲームの目的

フォト部もしくは写真部に所属する主人公を操作して女の子と会話しつつ、時には美しく時にはエロく写真を撮影し、女の子の好感度を徐々に上げていく。そして、約2ヶ月後の最後の日曜日に行われる学園祭で自分の活動の成果を女の子に見せ、告白を成功させるのが主な目的。

特徴

ヒロイン達を実際に撮影して、画像をメモリーに保存して鑑賞できるのが最大の特徴。また、主人公が所属することになる部活を選ぶことで、ヒロインにつき2種類のストーリーが展開される(初回プレイ及び2つのルートで攻略できるのはメインヒロイン6人のみで、隠しヒロイン達は1つのルートのみ)。

登場人物

メインキャラクター太字はメインヒロイン

サブキャラクター

テレビアニメ

2013年4月より6月までTBSMBSCBCBS-TBSにて放送された。全13話。
第4話まではストーリーであるが、第5話以降は『アマガミ』同様のヒロインによってそれぞれ異なるストーリーが展開されるオムニバス形式となっており、2話で完結の新見遙佳を除き、各メインヒロイン1人につき1話ごとの構成となっているそれぞれの時系列もまちまちで、間咲ののか編においては原作ゲームにはない春季からスタートする。主人公が選択するのは写真部で、共通ストーリーは原作のストーリーH準拠だが、個別ストーリーには原作ストーリーLのシナリオも組み込まれている(個別ストーリーでLHのシナリオが組み込まれているのは、原作同様メインヒロイン6人のみで、深角友恵と前田果音はない)。

主題歌

オープニングテーマ「恋するレンズ」
作詞 - 大森祥子 / 作曲・編曲 - 窪田ミナ / 歌 - hayato kaori

エンディングテーマ「スマイルF」
作詞・作曲・編曲 - 流歌

話数
うたカノ♪第1話 - 第4話
新見遙佳伊藤かな恵第5、6話
実原氷里水橋かおり第7話
室戸亜岐中原麻衣第8話
間咲ののか斎藤千和第9話
早倉舞衣金元寿子第10話
柚ノ木梨奈大亀あすか第11話
深角友恵沢城みゆき第12話
前田果音伊瀬茉莉也第13話

各話リスト

話数サブタイトルメインヒロインルート
第1話出会い共通H
第2話学園天国共通H
第3話百花繚乱共通H
第4話これからの想い共通H
第5話恋の掛け違い新見遙佳L>H
第6話想いはるかに新見遙佳L>H
第7話星の笑顔実原氷里L>H
第8話素顔を見つめて室戸亜岐L>H
第9話恋の果たし状間咲ののかL<H
第10話天使の舞い早倉舞衣L<H
第11話学園のお嫁さん柚ノ木梨奈L>H
第12話フォトグラフメモリー深角友恵共通
第13話想い合い前田果音共通


フォトカノ Kiss

フォトカノ』本編の1/4、『キミキス』の1/2の文量のシナリオを書き下ろし!
分かりやすく言うと『アマガミ』のテレビアニメ版2期のアマガミSS+ plusの様なものをゲーム化。
季節は初秋。女の子たちが冬服制服で登場!副題の「Kiss」の通り、キスシーン満載。
『本編』と同様、移動場所を選択し、バイオリズムマッチング会話や、イベントを発生させ、女の子の好感度をアップ。1週間後の日曜日に休日デートに誘うこと。
日曜日の休日デートでは、恋人との新たなエンディングを迎えられる!

評価点

個性的なキャラクター
前作『アマガミ』のキャラの個性に比べると癖は強くないように見えるが、やっぱりどこか変わっているキャラが多い。
特にパッケージヒロイン「新見遙佳」の行動がその設定に対してあまりにも意外過ぎて、初見プレイヤーなら確実に驚かされるはず。
『アマガミ』パッケージヒロイン絢辻詞とはまた別の方向で強い印象を残し、「さすがパッケージヒロインは格が違った」とネタにされている。ファミ通人気投票では断トツの1位を記録しており、ファンからは主人公のよそよそしい態度と合わせ「新見…さん」とさん付けで呼ばれることが多い。
前作主人公(キミキスも含めて)が「変態紳士」と称される強烈なキャラクターだったのに対し、本作の主人公はところどころエロい考えに至る場面やとんでもない選択肢を見せつつも割とまとも。 代わりに変態成分は写真部の部員二名に移行した。

余談

言及されてはいないものの、『キミキス(2000年代)』・『アマガミ(1990年代)』と違って本作の舞台は現代(2010年代以降)のはずなのだが、エロ本のことを「エッチ本」と表現したりするなど、所々古臭かったり妙な表現がある(アニメ版ではスマホを所持している者がいるが)。

関連タグ

ゲーム PSP PSVITA
エンターブレイン キミキス アマガミ
2013年春アニメ パラレルワールド 東京都 スカイツリー

外部リンク

公式サイト
『Kiss』公式サイト
テレビアニメ公式サイト
フォトカノ - Wikipedia

他の記事言語

Photokano

pixivに投稿された作品 pixivで「フォトカノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4670696

コメント