ピクシブ百科事典

メテオ(FF)

めてお

メテオ(FF)とはファイナルファンタジーに登場する強力な魔法の一つである。
目次[非表示]

ファイナルファンタジーシリーズに登場する魔法のうち、威力が強大なものの一つ。
初出はファイナルファンタジー3
メテオ(Meteor)の名が意味するとおり敵に隕石を降り注がせダメージを与える魔法

ファイナルファンタジー7では世界を滅ぼす魔法として登場する。

作品ごとの概略

  • ファイナルファンタジー3で初登場。
    • 全体攻撃魔法でそれなりに強いのだが、魔界幻士召喚魔法(合体召喚)の方がさらに強く使い勝手が良い。そのため縛りプレイでもなければほとんど使われず、いまいち影が薄い。
    • この流れを汲むSa・Gaシリーズにて、サガ3時空の覇者でも地属性の魔法として登場。
  • ファイナルファンタジー4では伝説の黒魔法として登場。
    • 詠唱時間が非常に長い(10ターン)代わり非常に高威力で、発動すると高い確率で敵全てに9999のダメージを与えられる。
    • 無属性に見えるが、実は聖属性。
    • 物語上ではテラが最初に習得。ただし、メテオの消費MPが99なのに対してテラのMPは90が限界のため、メテオが使われるのはイベント戦のみ(DS版では可能)。その後テラは死亡してしまう。
    • 他にもリディアパロムが習得でき、フースーヤは最初から覚えている。
    • 更に「Wメテオ」というものも存在する。こちらについてはいいですとも!の項目が詳しいだろう。
  • ファイナルファンタジー5でも登場。
    • 封印されている時空魔法の一つとして登場する。同じく封印されているフレアホーリーと比べると呆気なく入手出来る。
    • 敵ランダム対象に4回ダメージを与える魔法。また、威力の変動が激しいのが特徴。
    • 敵に使われると時折高いダメージが出てしまい危険度が高い魔法だが、味方が使うとあまり使い勝手が良くない。
  • ファイナルファンタジー6でも登場。
    • これまでとエフェクトが全く異なり、隕石を降らせるのではなく、自分たちのいる場所と宇宙空間をつなげてそこに流れている隕石を敵にぶつける。(味方には無害)
    • 高威力・全体攻撃・無属性・必中など、これまでのメテオと比べて非常に高性能。ただ、さらに高性能なアルテマが注目されがち。
    • オーディンの魔石で1倍、ジハードの魔石でなんと10倍という脅威のスピードで習得可能。
    • ちなみにセリスのレベルを物凄く上げる事で習得出来るがそれまでに魔石で習得していることが多い。
    • 魔法以外に、特技にもメテオがある。エフェクトが異なり、威力は魔法より高いが避けられる。
  • ファイナルファンタジー7では前述の通り世界を滅ぼす魔法でありイベント的存在である。
  • ファイナルファンタジータクティクスでも時魔道士が取得可能な魔法として登場。
    • 時魔法最強の攻撃魔法であり、発動地点を中心として範囲攻撃を行うことが出来る。しかし、チャージタイムが非常に長く、敵味方無差別に当たるためも非常に使い勝手が悪く、威力もフレアホーリーに劣る有様。赤チョコボ専用(まじゅう使いアビリティがあれば黒チョコボも使用可能)アビリティのチョコメテオ(CTなし、MP消費なし、回避不可)にすら劣るというのには泣けてくる。


  • 「マリオバスケ 3on3」ではクロマのスペシャルショット。シロマのホーリー、クッパのボンバーダンクに続いてエフェクトが派手。


以後ほとんどのファイナルファンタジー作品で登場している。

関連イラスト

イラストとしてはメテオの印象の強い4や7のものが多い。

キングベヒーモス
思い知れ....!アンナの痛みを!!


関連タグ

ファイナルファンタジー 魔法 コメット 隕石
いいですとも! セフィロス チョコメテオ
人類滅亡シリーズ

コメント