ピクシブ百科事典

安藤みなわ

あんどうみなわ

安藤みなわとは、漫画・アニメ『まほろまてぃっく』のキャラクター。

CV:清水愛

人類の歴史を影から操ってきた組織「管理者」のサイボーグ兵士。本名は「CODE:370
サイボーグ用の素体として管理者の培養施設で生み出され、
改造手術を受けたが要求された性能を満たせず、欠陥品として非道な扱いを受けていた。
(本名の「CODE:370」も、370番目の改造人間という製造コードに過ぎない)

しかし、最強のアンドロイド安藤まほろの性能に目をつけたメフリス教授の命令で
「管理者を脱走した」と偽り、まほろの住む美里家にスパイとして潜入する事になる。
メフリスは370に成功報酬として「サイボーグ兵士の待遇改善」と、
「サイボーグ化の際に、洗脳によって失われたみなわの心を返す」ことを約束しており、
友人のCODE:369が「消却」された事がトラウマになっていた370は、
不用品として「消却」される同胞を減らす為にもメフリスの命令に従わざるを得なかった。

以降は美里優の提案でコードネームの370から「みなわ」と名付けられ、
メイド見習いとして美里家で生活し始める(ただし、家事能力は皆無に等しい)。
同時にまほろの妹(安藤家の次女)という名目で緋立第四中学校へ入学する。

管理者内で備品のように扱われていた為、控えめな性格で無表情。
自身の存在がまほろや周囲の人間を窮地に追いやる事を危惧しているので
常に罪悪感を抱えており、「ごめんなさい」という言葉が口癖になっている。

改造手術によって優れた身体能力を与えられており、特に脚力が優れている。
能力を開放した状態なら専用武器のブーメランで戦闘ロボット軍団を殲滅する事も可能。
しかし、無理な改造の為「能力を開放すると全身の血管が破裂する」という欠陥を抱えている。
能力を使わずとも負担は大きく、普段の生活でもバランスを崩して転ぶ事が日常的だった。
まほろと同様に余命が残り僅かな事も示唆されている。

当初は平和な生活に馴染めなかったが、まほろや優たちの手助けで少しずつ適応していく。
また、クラスメイトの浜口俊也(通称はまぢ)から想いを寄せられるようになり、
彼との交際を経て少しずつ表情豊かになっていった。

アニメ版ではセイントの下で治療を受ける事になるが、その後の消息は不明。
漫画版ではヴェスパーの下で治療を受け、人間として生活を送れるようになった。
また、自分と同じ生い立ちの少女「CODE:773」を「安藤ななみ」として義妹にしている。
20年後にははまぢと結婚、娘の「みなこ」を授かっている。

関連タグ

まほろまてぃっく 安藤まほろ

pixivに投稿された作品 pixivで「安藤みなわ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11022

コメント