ピクシブ百科事典

片桐仁

かたぎりじん

片桐仁とは芸人コンビラーメンズの一人である。
目次[非表示]

ラーメンズの片方。
もう片方は小林賢太郎

以下、片金書房館刊「現代片桐概論」、ピーター・ラズウェル著「人類と生きるカタギリ」参照

概論

主な種

カタギリ(モウコカタギリ)

カタギリ種の原種
主な生息地はモンゴル
多くは現地の遊牧民族と共生している

ニホンカタギリ

学名:ニッポニアカタギリウスパーマネントジンピテクス
日本に広く分布し多くの方が目にした事があろう種
降雨時に活性化し、雨上がりによく死骸を発見する事が出来る

エゾカタギリ

ニホンカタギリの近縁種
夏は黒く冬は白い外皮をまとう
春秋の間は頭頂部の毛髪がごっそり抜け落ちる

モモイロヒメカタギリ

モモイロヒメカタギリ

コモドオオカタギリ

コモドオオカタギリ

シーラカンカタギリンンウス

生きた化石と呼ばれる
カタギリとしてだけでなく生物としても古い種
上記の名称は学名だが、その学名も論争中であるため、今後変わる事がある


人類とカタギリ

古代人とカタギリ

・ネアンデルタール人と狩をしていた様子が壁画に残されていた
・ナスカの地上絵にカタギリの姿が描かれていた
・一説ではあるが土偶やスフィンクス、ジャイアントロボ、ライディーンなどもカタギリがモデルではと言われている

遊牧民とカタギリ

モンゴルの遊牧民たちはカタギリを様々な素材として利用する
毛は衣類、肉は食料、皮は住居、骨や歯は楽器や装飾品
そして特筆すべきはガラス質の眼球保護膜を用いて太陽光を集め火を起こすことである。
「エテラレテマリビシンシキディタスマロディ(カタギリに捨てるところなし)」

世界四大珍味

モンゴルを中心に生息し、地中海で産卵を行うカタギリは
ヨーロッパの食文化にも触れ、世界四大珍味としてその名を知られる

カタギリの産卵

産卵地

前述の通り多くがモンゴルの地に生息しながらカタギリは地中海で産卵を行う
これは季節風や海流、さらに原産地が欧州にあるのではないかという説など、様々な理由が挙げられているが、どれも実証には至っていない。
また日本に棲むカタギリは沖縄周辺や本州などは日本海側で産卵を行う

産卵時期

夏至の頃に一団となって産卵地に向かい産卵を行う

受精法

カタギリの受精法は体外受精で行う。
メスが海中に生んだ卵にオスが放精するのだが、オス一頭の放精量は非常に多く、産卵地の海面が一時白濁するほどである(ギリ潮現象)
またオスの精液はたんぱく質が多く、卵と共にイカなどの海生動物が捕食にあらわれる

保卵

カタギリは下腹部に孵化室をもち、この中に受精卵を入れて育てる
その育成期間は約25年と長く、多くの卵はこの間に死滅してしまう

その他

ジュモクさん

NHK教育の毎週、月曜から木曜日の朝7時に活躍。
シャキーン!

pixivに投稿された作品 pixivで「片桐仁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1255209

コメント