ピクシブ百科事典

玉藻前

たまものまえ

玉藻前とは平安時代後期に鳥羽上皇の寵愛を受けたとされる伝説上の美女。
目次[非表示]

概要

平安時代後期に鳥羽上皇が院政を行った時代に活躍したといわれ、若い女性でありながら大変な博識と美貌の持ち主であり、天下一の美女とも、国一番の賢女とも謳われた。

その正体は一般には九尾の狐である白面金毛九尾の狐、すなわち妲己となって紂王を誑かして王朝を滅ぼしたのをはじめ各国の諸王を破滅させた大妖怪とされる。また、「化生の前」とも云われ、その正体は白面金毛九尾の狐ではなく、二尾妖狐であったとも云われている。

伝承

玉藻前は、その美貌と博識から鳥羽上皇に寵愛されるが、上皇は次第に病に伏せるようになった。
その原因が玉藻前にあると陰陽師に正体を見破られ、白面金毛九尾の狐の姿となって行方を暗ます。
その後、那須野(栃木県)で発見され、武士の三浦介らに討伐される。
九尾の狐殺生石となり、近づく人間や動物等の命を奪い、人々を恐れさせた。

玄翁和尚が殺生石となった玉藻前の怨霊を鎮めたという後日譚や、玉藻前の死体から玉を抜き取ったとされる三浦介が子孫の代まで玉藻前に祟られたという別伝もある。
中世に恐れられた大嶽丸酒呑童子に並ぶ日本三大妖怪とも、インド中国で君主の寵愛を受け国々を亡国に追いやった世界的大妖怪とも言われるようになった。
また、2005年頃から崇徳上皇や酒呑童子に並ぶ日本三大悪妖怪であると創作されている。
その一方で悪女ではなく、愛情を求め運命に翻弄された悲劇のヒロインとする見方もある。

俗に同じく鳥羽上皇の愛妾であって絶大な政治力を振るった藤原得子美福門院)がモデルであると言われる。

無双OROCHI2 Ultimateの玉藻前

玉藻前



CV:小松由佳
武器:巻物
遥かの昔に「殺生石」に封じられていた人物、その実態は他人の負の感情を糧にする魔性の女。
シリーズ最大の謎「遠呂智の誕生」にも関わった為、見方次第では諸悪の根源。
一人称が「わらわ」、古い言葉遣いで喋る(口調はガラシャと同じタイプ)。

遠呂智の力の名残りと妲己の気まぐれにより、妖蛇亡き後の異世界で復活を果した。妲己とは別人だが、真の姿はやっばり……
最初はある時代で奪った破裂の神鏡を使って多数の武将を封印し、神鏡世界の鏡像武将で本物武将の負の感情を引き出す。神鏡が歴史改変によって武将に奪還された後、自分の能力で偽武将を造って様々の戦場で離間を繰り返した。

戦闘スタイルは巻物で梵字の弾を発射する。同じ弾幕キャラの卑弥呼とは違って、通常攻撃の弾が貫通能力付き、悲運の女性だがプレイヤー版初期スキルは「運上昇」。収集役としても強いが、敵役なので仲間入りの時期が少々遅い。

Fateシリーズの玉藻前

キャスター(Fate/EXTRA)を参照。

関連タグ

玉藻 玉藻の前 玉藻御前 異類婚姻譚
霊獣 妖怪 きつね キツネ耳
藤原得子美福門院
Fate/EXTRAシリーズ キャスター(Fate/EXTRA)/キャス狐 キャスター(Fate)
玉藻・ロア

pixivに投稿された作品 pixivで「玉藻前」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1287247

コメント