ピクシブ百科事典

陣川公平

じんかわこうへい

テレビドラマ『相棒』の登場人物。捜査第一課強行犯捜査第一係の経理担当者で、階級は警部補。
目次[非表示]

概要

演:原田龍二

相棒』の登場人物。
警視庁捜査一課の経理担当。階級は警部補。大阪府寝屋川市出身。

思い込みの激しい性格のため、二度も誤認逮捕を起こして、一度特命係に左遷される。すぐ捜査一課に復帰し、その後も度々登場するが、思い込みが激しく人の話を聞かないキャラクターにどんどん拍車がかかってゆき、あちこちの事件に首を突っ込んではひと騒動起こしている。また、殺人容疑で一時的に身柄を拘束されたり、拉致監禁されたり、妹が行方不明になったりするなど、災難に巻き込まれる頻度も非常に高く、根っからのトラブルメーカー体質である。

日商簿記一級の資格を所持しており、経理職としては非常に優秀だが、前述の性格による迂闊な行動が多く、捜査能力はかなり低い。そのため杉下右京からは呆れ気味に見られている(が、当の本人は右京のことを「尊敬する元上司」と公言している)。しかし未だに刑事への憧れを捨て切れておらず、自宅の部屋中に指名手配犯の手配書を貼り付けて、再び刑事になるチャンスを虎視眈々と狙っている。
また、酒癖が悪く、酔うと故郷の関西弁が出たり、右京のことを「杉さん」、月本幸子のことを「さっちゃん」呼ばわりしだす。

亀山薫捜一トリオは彼の方が階級が上のためか丁寧な態度で接する(ただ、捜一トリオの面々は経理の仕事を放ったらかして事件現場に赴く彼のことを快く思っておらず、彼が刑事になることに対しても嫌がっている模様)。

陣川くんと


階級が同じである神戸尊に対しては、自分の方が特命係の先輩であるとの意識からか、「ソン君」と呼び、先輩風を吹かせていた。
尊の卒業後に右京が自ら引き抜いた甲斐享には「親の力を使って杉下さんの相棒になったんだろ!」と一方的なライバル視をしており、顔を合わせると冷たく接することが多かった。
享の卒業後、自ら特命係にやって来た冠城亘に対しては、法務省からの出向ということもあり、『自分と同じようなエリートの雰囲気』を感じたのか、「冠城先輩」と呼び慕う。

黙っていれば十分二枚目であり、実直で人柄は良いものの、上記のような経緯もあり、美和子からは「顔はイケてるけど、残念なタイプ」と言われてしまった。

家族

陣川美奈子

演:水崎綾女

陣川兄妹


Season13にて登場した、陣川の妹。風邪を引いた陣川を見舞うなど、兄妹仲は割と良好な模様。

人材会社に勤務するヘッドハンターだが、とある事件に巻き込まれたことがきっかけで自身の務めている会社が機密情報を外部に漏らしていたことが判明し、会社を自主退社した。
現在は新しい勤務先を探している。

思い込みが激しく惚れっぽい性格で、昔からよく失恋しているなど、兄と似たところがある。
一方で、誘拐された際には自力で縄を解いたり、犯行グループの1人を気絶させて車を奪って逃走する等、行動的な一面も見せた。また、会社が情報を漏らしていることに薄々感づいているなど、兄と比べて頭の切れる人物であることを窺わせる描写もある。

陣川は妹に対して「警視庁一の敏腕刑事」で通しているらしいが、美奈子はそれが嘘であることをちゃんと見抜いている。ただ、兄を傷つけたくないため今でも敢えて知らないふりをしているようだ。

シリーズにおける彼の扱い

陣川回ひゃっほおおおおお


シーズン中に最低でも1話、彼がメインの話を挿入するのが恒例となっており、シリーズにおける準レギュラー的ポジションを確立している。
また、劇場版でも1作目では(直接の登場こそなかったものの)特命係に情報を提供し、2作目では右京と共に警視庁人質籠城事件の収拾に当たり、スピンオフ2作目では経理の仕事に励む様子が描写されるなどちょくちょく登場している。

余談

同姓同名実在の人物がいる。公認会計士で元オムロンの取締役だった。
会計関係の書籍を多く書いている。

関連イラスト

「君が運命の人?」
いつかあったかもしれない光景


関連タグ

相棒(刑事ドラマ) 特命係 杉下右京 亀山薫 神戸尊 甲斐享 冠城亘 トリオ・ザ・捜一
残念なイケメン





切なすぎる展開(S-14-12のネタバレ注意!)

事の発端はある殺人事件だった。都内のマンションで女性が殺害され、
捜査一課では、その手口から、5年前に4人を殺して逃亡中の連続殺人犯が、
沈黙を破って活動を再開したのではないかと見ていた。
一方、陣川は相も変わらず、コーヒーショップの女性店主・さゆみに熱烈な片思いをしていた。
まだ交際もしていない内からプロポーズを決行するが、
その答えが聞けるはずの夜、さゆみはこれまでの連続殺人事件と同じ手口で殺されてしまう。
その後、真犯人が分かってしまった陣川は復讐のため、獲物を追う猟犬と化し、真犯人を追い詰める。
暴行の末、相手が取り落としたナイフを取り上げ、そのナイフでとどめを刺そうとする――
しかし、その寸前で右京と亘によって静止された。

後に未解決事件の犯人を逮捕したと言う事で警視総監賞を貰い、再び刑事の道を目指す事になるものの、
美人に翻弄されやすい」、「捜査対象若しくは事件と関わった女性に惚れる」、
最終的に想いを寄せていた女性と破局する」というお約束は何とも皮肉で切なく、
歴代の陣川回の中でも最も後味の悪い形で幕を閉じた。

なお、陣川本人はプロポーズについて「どうせ失敗していた」と悲観的になっていたが、
右京と亘が(陣川が自棄を起こすのを防ぐためか)独自に進めた調査の結果によれば
彼女はプロポーズにOKを出すつもりでいたらしい――。

元気になぁれ!


ちなみに、本話のサブタイトルは「陣川という名の犬」だが、放映前まで「アンフォゲッタブル」というタイトルでテレビ朝日の公式サイトにも公開されており、直前で改題された模様。

pixivに投稿された作品 pixivで「陣川公平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157968

コメント