ピクシブ百科事典

鳥人間コンテスト

とりにんげんこんてすと

鳥人間コンテストとは、読売テレビ主催による人力飛行機の滞空距離及び飛行時間を競う競技会である。
目次[非表示]

飛べ、栄光の大空へ! (初期のキャッチコピー)
飛ばなきゃならない理由(ワケ)がある! (第34回大会以降)

概要

正式名称は「鳥人間コンテスト選手権大会」
参加団体や関係者からはしばしば省略して「鳥コン」とも呼ばれる。
日本テレビ系列の夏の風物詩であり、長寿番組となっている。
1977年滋賀県近江八幡市の宮ヶ浜水泳場で第1回が開催されて以降、毎年7月に滋賀県彦根市の琵琶湖を舞台に開催され、1980年(第4回)以降は同市内にある松原水泳場を会場としている。
1997年には台風の直撃を受け、第21回大会の全面的な中止が余儀なくされた。また2009年には諸々の事情で大会の開催そのものが中止とされたが、復活を望む多くの声が寄せられ、翌2010年(第33回)から再び開催される運びとなった。なお、この第33回大会以降岩谷産業株式会社が鳥コンの特別協賛スポンサーと勤めている。また、Iwataniも企業でチームを作って参加している。

大会のルールは毎年改訂されており、ルールブックもそれに合わせて最新版が発行されている。基本は湖岸に設置されたプラットフォームから有人の飛行機を飛び立たせ、着水し飛行不能になるまでの飛行距離(または飛行速度)を競うというもの。

もともとは『びっくり日本新記録』という番組の一コーナーで、単発番組になったのは第2回大会以降である。また初期は某8チャンネルバラエティのような内容であり、参加者も個人参加が主流だった。だが、大会の規模が大きくなったことで大学クラブサークルの参加が増え、さらには大学のOBによる私設チームの参戦も大会を賑わせている。それに伴い番組の内容も大きく様変わりし、バラエティ然とした内容からアスリート色の強い内容に変化していった。
「手作り飛行機で、人間の力により空を飛ぶ」という浪漫の塊のような大会である一方、危険と隣り合わせでもあり、事故に至ったケースもある。そのため各チームには知識・技術・経験とも習熟が求められ、向上した機体性能やパイロットの能力が大会のルールを凌駕する場面も見られるようになった。

競技部門

1977年の第1回大会は飛行距離を競う、滑空機による「競技部門」のみ。
第2回からは面白さを競う「コミックエントリー」が加わったが、こちらは第11回で部門ごと競技が中止されたのを最後に姿を消した。なお、第2回から登場したプロペラ機も、当時の機体性能の低さからしばらくコミックエントリーに分類されていた。
競技部門が機体やパイロット別に分割されたのは第10回からで、「滑空機部門」「人力プロペラ部門」「女性パイロット部門」に分かれ、以後は滑空機とプロペラ機を主軸とした競技構成となる。
2006年の第30回大会以降は「滑空機部門」「人力プロペラ機タイムトライアル部門」「人力プロペラ機ディスタンス部門」の3つの部門で構成されている。

関連タグ

飛行機 プロペラ 琵琶湖 東北大学ウィンドノーツ
大空へ・・FIELD OF VIEWの楽曲。97年大会のイメージソングとして作られたものの、大会が中止となったためにシングルでリリースされなかった。
本庄季朗・・第一回大会優勝機の設計者

外部リンク

ウィキペディア「鳥人間コンテスト選手権大会」……部門の変遷の詳細や大会各回の記録など。
人力飛行機の安全運用について……HPA Safety有志による資料(HPA = Human Powered Aircraft または Airplane)。

pixivに投稿された作品 pixivで「鳥人間コンテスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160602

コメント