ピクシブ百科事典

NINJAGAIDEN

にんじゃがいでん

『NINJA GAIDEN』とは、テクモが開発を手がける忍者アクションアドベンチャーゲームシリーズの総称。
目次[非表示]

概要

忍者龍剣伝』の主人公であり、デッドオアアライブの操作キャラでもあるリュウ・ハヤブサが久々に主人公として復活し(時系列上は忍者龍剣伝が後ではあるが)、様々な武器や忍術を使って敵に立ち向かっていくアクションゲーム。

『NINJAGAIDEN』とは、『忍者龍剣伝』の海外タイトルであったものである。「世界に通用するゲームを」というスタッフの方針からこの名前となった。
ちなみにこのシリーズは、時系列的には『忍者龍剣伝』の前である(時系列順に並べると、『NINJAGAIDEN』シリーズ→『忍者龍剣伝』→『DEAD OR ALIVE』シリーズ、となる)。

『忍者龍剣伝』同様の手ごたえのある難易度と、流血・切断要素たっぷりのハードな描写、忍者の強烈で爽快なアクション、そして硬派なストーリーから、特に海外で大きな人気を誇る。

女性キャラクターの露出度が妙に高く、衣装が際どいことでも知られる。クリアしたモード等に応じてコスチュームが増える。リアルタイムレンダリングのため、カットシーンにおいてもそのコスチュームで進行する。
PIXIVでは主人公リュウよりも女性キャラクターのイラストが多い。

『2』までは非常に評価が高かったが、製作スタジオであるTeam NINJAのスタッフが大きく入れ替わった『3』以降は、凡ゲー~駄作としての評価を多く受けるようになってしまった(このシリーズのディレクターであった板垣伴信氏は、給与に関するトラブルでテクモを退社するに当たり、『2』を完結作と位置づけていた。それを彼なしで復活させたのだから、この惨状も、まるっきり予想外のものではなかったと言える)。
今、ファンがもっとも悲しんでいるゲームシリーズのひとつ、と言っても過言ではないだろう。

シリーズ作品(据え置きハード)


NINJA GAIDEN

2004年発売。Xbox専用ソフト。
ゲームとしての完成度は高いが、後の作品に比べるとシステム面で未完成な部分が多く見られる。

NINJA GAIDEN BLACK

2005年発売。Xbox専用ソフト。初代のアップグレード版で、カメラ操作などのシステムが追加された。XboxクラシックとしてXbox360向けに配信もされた。

NINJA GAIDEN Σ

2007年発売。PS3専用ソフト。初代の移植版で、グラフィックが向上している他、レイチェルが一部のステージでプレイアブルキャラクターとして操作できるようになっている。後にPSVに移植。

NINJA GAIDEN 2

2008年発売。Xbox360専用ソフト。シリーズ最終作と銘打たれた。シリーズの生みの親である板垣氏の最後の作品である。
首や四肢を斬るなどの「欠損」システムが導入された結果、描写の残酷度が跳ね上がったため、18歳未満は購入ができなくなっている。

NINJA GAIDEN Σ2

2009年発売。PS3用に発売。『2』の移植版で、あやね、レイチェル、後述の「Dragon Sword」に登場する紅葉が一部のステージでプレイアブルキャラクターとなり、難易度もNINJA GAIDEN2より下げられている。初心者にオススメの1本。後にPSVに移植。

NINJA GAIDEN 3

2012年発売。PS3・Xbox360用。シリーズ初のマルチプラットフォーム。
プレイヤーキャラはリュウとオンラインモードの名もなき忍。
製作陣が大幅に入れ替わり、「刀で人を斬る」ことに軸を置いたシステムの大幅変更を行った結果、ファンからは「退化」と批判されるほどの完成度となってしまった。
リュウがこれまでのような完璧超忍ではなくなり、黒幕とライバル(黒幕の実兄にして操り人形)の呪いと精神攻撃に苦しめられ、敵組織は政府機関と関わりがあるなど、ストーリーから爽快感が失われてしまっている。

NINJA GAIDEN 3 RAZOR'S EDGE

2013年、Wii U・PS3・Xbox360向けに発売。
システムに改善が加えられ(というか殆ど『2』までのシステムに差し戻し)、ストーリー面でも瀕死兵強制殺害イベントなどを削除した結果、『3』と比べて評価は大きく改善した。しかし放置されている欠点も多く、シリーズの堕ちた評判を取り戻すまでには至っていない。

YAIBA NINJA GAIDEN Z

2014年発売。PS3・XBox360向け。
『ロックマン』『鬼武者』『デッドライジング』を生み出した稲船敬二氏がコンセプターとして参加した。
主人公が新キャラクターであるカミカゼ・ヤイバに変更され、アメコミ調のグラフィックの中、ゾンビを相手に戦っていくという殆ど別のゲームへと生まれ変わった(世界観は従来作品と共有しており、リュウも登場する)。
各レビューサイトで、『3』をも上回る酷評を浴びたほどの駄作で、ファンからの評価も同様にひどい。劣化ニンジャスレイヤーと言った所の珍作。


携帯ハード

NINJA GAIDEN Dragon Sword

08年ニンテンドーDS用に発売。DS本体を縦に持ち、タッチペンでキャラクターを動かす・技を出すなどの操作をする。

NINJA GAIDEN Σ PLUS

2012年発売。PSV用ソフト。
『Σ』の移植版で、イージーモードなどが追加されている。後述する『Σ2 PLUS』からは考えられないほどの良移植。

NINJA GAIDEN Σ2 PLUS

2013年発売。PSV用ソフト。『Σ2』の移植版。
とにかく処理落ちとグラフィックの劣化がひどく、コンボ数に制限がかかるなどのシステム改悪なども加わって、据え置き版の高評価からは考えられないほどの低評価を集めた。『3』と今作が、シリーズと、TeamNINJAの評判を叩き落したと言っても良い。


関連タグ

忍者龍剣伝 リュウ・ハヤブサ デッドオアアライブ

pixivに投稿された作品 pixivで「NINJAGAIDEN」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1625755

コメント