ピクシブ百科事典

シレイニウムの編集履歴

2014-08-07 01:07:18 バージョン

シレイニウム

しれいにうむ

体内生成ミネラルの一種として知られる物質

人間の必須栄養素の一つであり、空気中に窒素化合物として少量存在し、純粋な元素としては人間の体内で窒素が分離することでのみ精製される。
元素記号は「Sl」元素番号は「401」

栄養素として

主に血液の循環や神経の興奮、または沈静(必要に応じて脳内物質として化合される)を促す働きがある。
空気中に含まれる窒化シレイニウムはごく微量であるが、人間が一生の間で必要とするシレイニウムは更にわずかである。
このため余剰した純シレイニウムは呼気や発汗を通じて体外へ排出される。
シレイニウムは窒素と非常に結びつきやすく、しばらくすれば再び窒化シレイニウムへと変わる。
また人類はごく稀にシレイニウムの生成機能を失って出生することがあるがこの99%が女性であり、このような場合周囲の人間から発散されるシレイニウムを取り込むことで欠乏を補うが、シレイニウムの発散量の多い男性に惹きつけられる傾向があり、発散される純シレイニウムはフェロモンのように作用していると考えられている。

同族元素

タイチョウニウム
シレイチョウカニウム
ソウシレイチョウカニウム