ピクシブ百科事典

欠落〜ケツラク〜の編集履歴

2018-10-06 21:22:57 バージョン

欠落〜ケツラク〜

けつらく

須らく人は、失ったモノと等しい何かを得る。

ゲーム実況プレイヤーである幕末志士の坂本氏が大学生の時に作ったゲーム。
RPGツクール2000で作成されている。


概要

エビド国とリヒール国の戦争の中、主人公と記憶を失った少女の逃避行を描いたRPG。
タイトルの「欠落」は「駆け落ち」とかけているらしい。
製作者自らの実況動画を除いて公開されておらず、結末は不明。

登場キャラクター

陰(イン)

本作の主人公。かつてはエビド国の兵士だったが現在は脱走兵となっている。斬撃時に吸収した血液を魔力に変える剣「紅~クレナイ~」を所持しており、「絶」という特殊技能が使える。
脱走にも資金がいるためリヒール国にいた奈優を攫い、戦線近くの樹海まで逃げ込んだ。
奈優に名前を聞かれた際に「軍では陰≪イン≫と呼ばれていた」と言ったため、「陰」という名前は本名ではないと思われる。
戦いを始める度に「さて…」と言うのが特徴。

奈優(なゆ)

陰によって攫われたリヒール国の少女。記憶喪失らしい。
東の軍兵に見つかれば銃殺されてしまい、魔物にも対抗できないため陰に付き添うこととなる(既に奈優の両親は殺された可能性が高く、彼女が住んでいた街自体もう存在しないため帰る場所がない)。
坂本曰く「知人の名前」らしい。

関連動画