ピクシブ百科事典

破面篇の編集履歴

2021-04-23 22:55:14 バージョン

破面篇

あらんかるへん

BLEACHの長編のひとつ。

概要

『BLEACH』第三章。
藍染を倒す物語。
第一部の完結篇でもある。

単行本では21巻~48巻(アニメでは110話~310話)の内容にあたる。
アニオリだけで全83話もある(詳しくは後述)。

この話から引き伸ばしやアニオリが多くなった。
この破面篇以外はアニオリが少ないため、BLEACHのアニオリが多いと言われるようになった元凶とも言える篇ともいえる。

本来は全84話(うち過去篇4話)だが、引き延ばしの影響で40話も膨らみ全120話(うち過去篇7話)になった。
つまり本来は64話~147話である。

BLEACHで非常に人気の高い虚化や完全虚化、仮面の軍勢、破面、十刃といった面々が登場した話でもある。
この話で一護は一旦、藍染を倒したことと引き換えに死神の力を全て失う。

内容は死神代行篇終盤のルキアが連行される話~尸魂界篇の展開と酷似している。

アニメの状況について

全83話。

日番谷先遣隊篇

128~137話
一護達が修行していた頃に起きた日番谷先遣隊の話。
ほのぼのとした息抜きになる話。

メノスの森篇

147~149話
アニオリだが原作でも設定だけ存在している可能性がある。
入りかたはやや強引。

新隊長天貝繍助篇

168~189話
グリムジョー戦が終わったタイミングに入れられた完全に尺稼ぎ目的の苦肉のアニオリ。原作のキリが悪いせいか入り方が強引。
※当時、単行本はノイトラがグリムジョーを不意打ちで斬った回である32巻までしか連載されていなかったため、アニメが単行本を追い抜かすわけにもいかず、やむを得ない判断でこの形になったと思われる。

過去篇前後のアニオリ

204~205話、213~214話

斬魄刀異聞篇

228~255話
従属官戦が終わりウルキオラ戦が再開したタイミングに入れられた完全に尺稼ぎ目的の苦肉のアニオリ。原作のキリが悪いせいか入り方が強引。
当時、単行本はウルキオラとの戦いが再開した39巻までしか連載されていなかったため、アニメが単行本を追い抜かすわけにもいかず、やむを得ない判断でこの形になったと思われる。

刀獣篇

256話~265話
斬魄刀異聞篇の後日談。更なる尺稼ぎ目的。

その他

287話、298~299話、303~305話

アニメ化された原作エピソード

原作エピソードは

破面出現篇
110~127話、138~143話
(本来は64話~83話)

虚圏潜入篇
144話~146話、150~167話、190話~196話
(本来は84話~103話)

本来はテスラVS一護まで

破面VS死神篇(前半)
197~203話
(本来は104話~107話くらい)

本来はテスラVS剣八からウルキオラ戦まで

過去篇
206話~212話
(本来は124話~127話)

本来はウルキオラ戦の直後に挿入

破面VS死神篇(後半)
215~227話、266~272話
(本来は108話くらい~123話)

本来はテスラVS剣八からウルキオラ戦まで

空座決戦篇
273~286話、288~297話、300~302話、306~310話
(本来は128話~147話)

本来はウルキオラ戦直後から無月一護VS崩玉藍染まで

全118話


※バウント篇64話本編および同じく64話の死神図鑑、護廷十三隊侵軍篇342話にも本篇の内容の一部あり。
これらのエピソードに本篇の内容の一部が紛れ込んでしまっているため、解釈によっては64話~342話が破面篇と言えなくもない。

あらすじ

グランドフィッシャーが現世に襲撃する。
一護の前に平子真子が現れる。
ヤミーとウルキオラが現れた。ここで内なる虚の妨害が入り始める。
ルキアとの再会を喜ぶのもつかの間、グリムジョーが現れた。グリムジョーの圧倒的な実力に手も足も出せずに敗北した一護。
一護は平子たち仮面の軍勢のアジトに足を踏み入れ、地下室でトレーニングを始める。
ウルキオラから仲間に別れを告げる猶予期間を与えられた織姫は書き置きを残し、何も云わず一護の元を去る。
織姫を助けるために浦原の特訓を受けたチャド、同じく竜弦の特訓を受けた石田と共に、虚圏に向かう。

藍染から空座町を護るため虚圏から帰還。尸魂界に向かった藍染を止めるために最後の月牙天衝の修行を始めたのであった。

関連タグ

BLEACH

前章:尸魂界篇 次章:死神代行消失篇