ピクシブ百科事典

ウルキオラ・シファー

うるきおらしふぁー

ウルキオラ・シファーは、日本の漫画『BLEACH』の登場人物。タグとしては「ウルキオラ」の方が機能している。
目次[非表示]

「俺と来い 女」

「これが そうか この掌にあるものが 心か」

容姿

ウルキオラ


CV:浪川大輔

プロフィール

破面・No.4。
誕生日12月1日。身長1m69cm。体重55kg。
帰刃名は『黒翼大魔』(ムルシエラゴ)。解号は「鎖せ『黒翼大魔』(とざせ『ムルシエラゴ』)」。

概要

作中で最初に登場した成体の破面
角が生えた仮面の名残を左頭部に被った、黒髪に真っ白な肌を持つ痩身の男。

闘争心が強すぎる傾向の破面たちの中にあって、常に冷静沈着で、藍染からの信頼も厚い。
織姫の能力に目をつけた藍染の命令で、織姫を藍染の元へ連行。その後監視と教育を兼ねた世話役になる。その為、二次創作では織姫とセットに描かれる事が多い。

破面、ひいては十刃の中で唯一、帰刃・第二階層(レスレクシオン・セグンダ・エターパ)が可能で、解放時には例え卍解状態の死神でも目視出来ないほどの速力と、1段階目とは比較にならないほど強大かつ異質な霊圧を得ることができる。
なおこの2段階目の解放についてウルキオラ自身は「この姿は藍染様にもお見せしていない」と語っているが、藍染がこれに気づいているかどうかは不明である。
また、大抵の破面が虚の仮面を剥がされる最中に超速再生の能力を失ってしまうことが多いのだが、超速再生能力を失わなかった希少種で、脳と臓器以外は破損しても瞬時に再生することができる。

なお、最期は黒崎一護の完全虚化によって傷ついた体が再生に追いつかず、灰化してしまうがどうやらその時に一護や織姫の言動や行動から少し興味を持ったようで、最後には織姫との会話を思い出し「俺が怖いか」という問いかけに「怖くないよ」という意思の言葉から、心という物を理解したのちに消えた。

関連タグ

BLEACH ブリーチ ウルキオラ 十刃
ウル織

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルキオラ・シファー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 253148

コメント