ピクシブ百科事典

ガッツマン

がっつまん

「ガッツマン」はカプコンより発売されたゲーム「ロックマン」シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

ガッツマンとは、ロックマンに登場するボスキャラである。
ロックマンシリーズの中ではメジャーなボスである。

概要

DRN.004
元々は土木作業用のロボットで、ボンバーマンとともに土地の開拓などで力を発揮していた。
「スーパーアーム」は、2tの岩も持ち上げる。体が特殊合金で出来ているため、とても頑丈にできている。
気が短いが、情に厚い性格。ストーンマンと仲が良く、ときどきオイルを飲みに行くらしい。
カラオケが好きで演歌をよく歌うが部下からはヘタクソと酷評されている。
弱点武器はハイパーボム

入手できる特殊武器

スーパーアーム

特定の岩やブロックを持ち上げて投げる。投げたブロックは放物線を描いて飛び、
地形に接触すると砕けて破片が拡散する(地形に接触させて投げた場合は即座に破片が飛ぶ)。
携帯アプリ版の「ロックマン」では、特定の岩やブロックが無くても、
ダメージはブロックよりも低いものの、小さな岩石を投げて攻撃する事が出来るようになった。
「ロックマン・ザ・パワーバトル」シリーズでは、ステージ中に投げられる岩が存在しないため、
岩を相手に向かって放物線上に投げつけて攻撃する特殊武器となっている。
ちなみに、スーパーアーム装備中は力の加減ができないため、握手はできない。
間違われやすいが「ガッツアーム」ではない。

スマブラ最新作のPVでも披露している。上方向へ相手を投げていることから、投げ技の一種としての扱いになるのかもしれない。

以降の活躍

ロックマン2では、ワイリーに改造されてガッツタンクとして登場している。
また、ロックマン7では、またワイリーに改造されガッツマンGとして登場している。
「バトル&チェイス」では、優勝賞金でE缶をたくさん買って自分のエネルギーを満タンに
するために「ワイルドアームズ」というマシンに乗って参戦する。
スーパーアドベンチャーロックマン」では、バブルマンヒートマンとの対決に
負けた際に助けに来る。

ロックマンロックマンのガッツマン

CV:乃村健次
仕事仲間を優しく、そして厳しく見守る親方。彼にとって、戦場は「現場」、戦闘は「作業」であり、
現場で油を売っている輩、作業の邪魔をするような輩は絶対に許さない。一人称は「ワシ」。

原作ではワイリーのお気に入りだが、本作の彼のストーリー上では、ワイリーやロックマン?に
使えないとバカにされている。

敵としての性能は原作とは若干異なり、ジャンプ→着地して地響きを起こすといった行動は同じだが、岩は手に持ってもすぐには投げてこなくなっている。岩を投げるタイミングは、垂直にジャンプをした直後となっている。ちなみに、岩の出現方法は天井から落ちるのではなく、足元の地面から引っこ抜くというものに変更されている。
また、地面に潜り間を置いた後、相手の足元から巨石と共に飛び出す大技を使ってくる。難易度がきつきつの時は、飛び出してすぐに岩をプレイヤーに向けて投げつけてすぐに地面に隠れ、これを三連続で繰り出す。
(この技はドリルマンの攻撃とよく似てる)
弱点武器がハイパーボムからタイムスローに変更されている。

プレイヤーとしては、地面に立っている時に目の前にガッツブロックを造ったり、
足下のガッツブロックを持ち上げられたり、ヒビの入ったブロックを頭突き、もしくは
着地することで破壊することができる。頑丈なボディという設定を反映してか被ダメージは他のキャラの半分に抑えられるが、体が大きいがために攻撃を受けやすい欠点がある。
ちなみに、ガッツブロックの配置方法によっては大抵のボスをハメ殺しにできる為、一部では「裏イージーモード」などと言われたりしている。

ロックマンメガミックスのガッツマン

両腕両足が角ばり、虎模様のラインが付き、更に目の辺りが黒ずむ感じにリメイクされている。
『ロックマン誕生』ではワイリーの手によって敵ロボットとして初登場するが、『R破壊指令』以降からは他のライトナンバーズと供にロックマンの仲間として登場するようになる。
『史上最強の敵』ではラッシュジェットに乗ったカットマンと供に愛車『ワイルドアームズ』に乗りながら行動し、この話から彼の愛車が先に登場する機会となった。後に『バーニングホイール』ではバトル&チェイスに参加して一時的活躍するものの、余所見をしたせいで穴の空いた通路から海に落ちてリタイアし、後に建設仲間から不評を浴びたと言う。
作中ではボンバーマンとは仲が良く、一緒にいる事が多い。
巨大E缶を飲み干すほどの大食漢でもある。

Archie Comics Mega Manのガッツマン

『ロックマン編』から初登場し、それまでにワイリーの手によって敵ロボットとしてロックマンに立ち向かうが、後にライト博士の修理により、ロックマンをサポートする仲間として登場する。
『ロックマン2編』ではワイリーに洗脳されてしまったロックマンを救出すべく、ライトナンバーズと供にワイリー城に潜入し、無事ロックマンを正気に戻せた。その後ガッツタンクと遭遇し、これを見てブチギレた本人はオイルマンタイムマンと供にガッツタンクを破壊しに行った。
製作スタッフの間ではお気に入りのロボットであるらしく、作中でもよく登場し、2回もオリジナルサイドストーリーの主役としても登場した。コンクリートマンとは嵐中のダム建設で出会い、当初はライバル同士だったが、途中で発生したトラブルを二人で阻止したきっかけで親友同士となる。他にもアイスマンの依頼でグレッシャーの氷像彫刻の手伝いに来るが、それを障害物を思って破壊しようとする所をアイスマンの『アイススラッシャー』で凍結及び阻止されるほど、アホキャラである事が判明。

ロックマンエグゼのガッツマン

ガッツマンEXE



フルネームは「ガッツマン.EXE」。
熱斗の同級生、大山デカオのナビ。「ワガハイ」が一人称(バトルチップGP)。ガッツパンチ等よりもパネル破壊が怖く、一部の初心者は苦戦した。ガッツソウルのモデルではなく、彼の「4」での「ガッツマシンガン」は無敵時間はない。
「3」での「ゼータパンチ」使用中はインビジブル状態ではなく無敵状態な所がらしい。
鷹岬版では、一度だけフルシンクロしたことがある。

関連イラスト



関連タグ

ロックマン ロックマンロックマン ロックマンエグゼ
ライトナンバーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガッツマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207350

コメント