ピクシブ百科事典

クラピカ

くらぴか

「HUNTER×HUNTER」の登場人物。メインキャラ4人の1人。
目次[非表示]

「死は全く怖くない 一番恐れるのはこの怒りがやがて風化してしまわないかということだ」

CV:日高のり子(パイロット版)、甲斐田ゆき(1999年フジテレビ版)、 沢城みゆき(2011年日本テレビ版)

この項目は、コミックス最新巻以降の内容を含みます。

概要

4月4日生まれの17歳、171cm59kg、AB型。
ルクソ地方出身。幻影旅団によって滅亡した「クルタ族」の生き残り。
同胞の仇を討ち、仲間達の奪われた眼球を取り戻すためハンターを志す。
ハンター試験合格後、マフィアの令嬢ネオン=ノストラードの護衛を経て、現在はノストラードファミリー若頭としてマフィアに所属。

容姿

H×H ログ 8
クラピカさん!
20140404


肩に届くまでの癖のない金髪(パイロット版では茶髪)、二重の大きな目、女性と見紛う整った容姿。
耳にイヤリングを付けている。

性格

沈着冷静、頭脳明晰。メインキャラ4人の中で最も知的なキャラクター。
非常に頭の回転が速く、観察眼や洞察力に優れ、複雑な状況でも正確な判断をする。知識量も豊富であり、思考の基本は冷徹そのものだが、感情面では情を捨てきれない面がある。冷徹な思考と感情が相反し、内的葛藤に苛まれる事も多い。プライドは高いが内面は不安定で脆い。目的のために自分らを軽んじる事を厭わず、時に命知らずな行動に出る。
他人を頼りたがらない秘密主義者だが、一度気を許した相手には義理堅く情に厚い。
ゴンやキルアらに対しては見守り擁護する姿勢を取り、彼らが危険に晒される事を激しく嫌う。レオリオに信頼を寄せるが、表面上は徹底して皮肉な態度を取る。
幼少期はゴンに似た無邪気な性格だったが、過酷な経験を経て性格が激変した。復讐と葬送に命を懸ける一方で、凄惨な過去から再び仲間を失う事を恐れている。

クルタ族

緋の眼
目


ルクソ地方に住む少数民族。手練揃いの一族だったが、4年前に128人全員が惨殺された。
クルタ族は感情が昂ると瞳が燃えるような深い緋色になるという特異体質を持っていて、この状態で死ぬと緋色は褪せずにそのまま残る。緋色が刻まれた眼球は「緋の眼」と呼ばれ、その色は「世界七大美色」の一つと評され闇市場で高額で取引きされているため、クルタ族は人目を避けて山奥で暮らしていた。
怒りや悲しみによって達する緋の色が最も深く鮮やかであるため、クルタ族は凄惨な拷問を受け殺された。クラピカはクルタ族である事を隠すため、普段は黒のカラーコンタクトをしており、民族衣装から黒服を着用するようになっている。
現在闇市場に出回る「緋の眼」は36対とされるが、旅団が持ち去った1対は不明。

格式張った断定口調は幼少期に語学の参考書替わりに用いた小説の影響による。一人称は「私」だが、幼少期と独白ではクルタ語で「オレ」を使用し言葉遣いもくだけたものになるが、ときどき独白でも「私」を使用するなど現在は一人称が混在している。
なお「なのだよ」は作中では2回(「~だよ」を含めると3回)しか言っていない。
メインキャラの中では唯一名字が発表されていないが、これは隠れ住む少数民族であることから元から名字がないためではないかと言われている。

念能力

具現化系に属する念能力者。瞳が赤くなると特質系となる特異体質。
右手の各指に装着された5本ので戦う。「一人で戦いぬける力」という趣旨のもと、鎖は指ごとに異なる効果を持っており、先端にはそれぞれ異なる形の錘が付いている。

具現化系能力

通常の状態。5本の鎖は具現化系能力によるもの。

名称能力錘の形
癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)自然治癒力の強化十字架
???不明-
束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)捕えた旅団員を強制的に「絶」状態にし拘束する鉤爪
導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)集中力を強化しダウジング効果を発揮・防御用
律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)標的の心臓に刃を刺し、掟を宣告した上で遵守させる短剣
 <備考>
・ 中指の鎖は旅団以外の人間に使用すると死ぬ制約がある。その結果、強度が飛躍的に向上した。
・ 中指・小指の鎖は「緋の目」発動時にしか使用できない。
・ 薬指の鎖は探し物の発見や相手の嘘を見抜くことができるが、仕組みはクラピカ自身も完全には理解しておらず、「極限まで集中することで自己認知を超越した無意識下の直感が鎖に伝わる」との仮説を立てている。
・ 人差し指の鎖は未登場。

特質系能力

クルタ族特有の特異体質状態。「緋の眼」発動時のみ特質系に変化する。

絶対時間(エンペラータイム)

「緋の眼」発動時に使える能力。オーラ総量が増え、全系統の能力を100%引き出すことが出来る。
ただしクラピカが覚えた能力の威力・精度が100%にまで上がるだけで、習得率が100%に上がるわけではない。その決定的な強さゆえ反動も激しく、長時間使用すると数日寝込む程の疲労に陥る。

念の上達の早さは驚異的なほどで、念の存在を知ったのはゴンとキルアよりも後だが、少なくとも半年以下で発・凝・陰・流・硬などを会得しており、作中トップクラスの強化系と渡り合うほどになっている。
五感と身体能力も常人離れしており、念なしでヒソカと小一時間戦い、強化系を極めた旅団戦闘員であるウボォーギンを翻弄し、銃弾も通さないウボーの身体を強化打撃で打ち砕くほど体術に優れる。
ただし、試しの門では1の扉(4トン)までしか開ける事ができず体格も細身であるため、念なしでの純粋な腕力はメイン4人内では比較的劣ると推察される。

性別

団長運び中


女性と見紛う容姿が特徴。作中の女性キャラクターと同じ少女漫画のようなパーツで描かれる。
他人からどう見られるかの自覚はあるらしいが、特に感慨もなく容姿の良さを駆け引きの道具の一つとして考えているようだ。必要とあれば女装(変装?)し、周囲から全く違和感を持たれない。敵対する人物からは容姿について下品な揶揄をされることもあるようだ。
性別についてはファンの間で長年論争が続けられているが、現在の公式媒体では女顔の男性説が有力。
作者本人はジャンプ本誌掲載のインタビューで「予想以上に男性か女性か分からないキャラになってしまった」とはぐらかし、本編では曖昧な描写が続けられており、原作では明確にされていない

再登場

作中のメインキャラであるが、本作の休載に加え、GI編・キメラアント編とストーリー上絡みがなく、最後の出番は2002年の第149話(15巻)であった。選挙編では過去の登場人物が勢揃いするなか、ひとり姿を見せず行方が知れなかったが、ついに2012年の第339話(32巻)で3コマ映り、10年ぶりの再登場を果たした。

4人
緋の眼



0巻読み切り

アニメ初の映画公開に伴い、劇場特典としてクラピカの過去を描くHUNTER×HUNTER0巻クラピカ追憶編」が配布された。2012年12月の週刊少年ジャンプでは特別読み切りとして「クラピカ追憶編」が掲載された。

暗黒大陸編

2014年6月の343話(33巻)から本格的に再登場。
クラピカに台詞が与えられたのは12年ぶりとなる。
ヨークシン編終了の13巻が2001年発行、暗黒大陸編開始の33巻が2016年発行となるため、単行本にすると約20巻分、15年ぶりの本格的な活躍となる。
ありがとう冨樫先生。

!
起こすな



娘の予言能力を失い心を病んだライト=ノストラードに代わり、若頭としてノストラードファミリーを取り仕切る。財源を合法的な賭博用心棒に切り変え、納税もするなど組を立て直していた。
緋の眼奪還も進めており、その所有者は塾講師、弁護士音楽家、投資家、牧師医師詐欺師、企業役員、資産家、教祖、政治家芸術家王子と様々。奪還のためには手段を選ばず、「大方の要求は私が折れる」と断言している。
取り戻した仲間の眼は地下霊廟に安置され、手厚く献花されている。

十二支んからジンとパリストンが脱退し、補充員としてレオリオと共に加入した。
頭脳と念能力を用いてハンター協会に貢献している。特にミザイストムと協力することが多い。
また暗黒大陸への渡航船上では、緋の眼を所有するツェリードニヒ王子との接触を図るべく、ワブル王子の身辺警護に就任した。

関連イラスト

クラピカ
クラピカが幸せになりますように


クラピカとクロロ
クラピカ


関連タグ

HUNTER×HUNTERメイン4人ゴン キルア クラピカ レオリオ
幻影旅団 クロロ ウボォーギン パクノダ ヒソカ
ノストラードファミリー センリツ ネオン クラピカの師匠
十二支ん ミザイストム 
パイロ

性別:クラピカ クラピカワイイ クラピカッコイイ クラピ子
クラピカ追憶編

蔵馬 クラコンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「クラピカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21096104

コメント