ピクシブ百科事典

サイクロナス

さいくろなす

サイクロナスとはトランスフォーマーシリーズのキャラクターである。主にデストロン軍団に所属する。作品ごとに性格等は若干異なるが、ここでは最も有名であろうトランスフォーマー2010でのサイクロナスを中心に記述する。
目次[非表示]

概要

ユニクロンによってデストロン軍団の負傷者を改造する形で生まれ、
ガルバトロンの部下となったトランスフォーマー
オリジナルデザインのSF戦闘機にトランスフォームする。
トランスフォーマー史上類を見ないほど忠義に篤い男で、頭がおかしくなっても
ガルバトロンに忠誠を尽くした。敵を倒すにあたっては卑怯な手段も厭わないが、
戦士としての生き方に誇りを持つ武人でもある。

トランスフォーマー・ザ・ムービー

初登場。戦闘機形態でガルバトロンを乗せている姿が印象的。
サイクロナスの元となったトランスフォーマーは諸説あり。
プレイステーション2用ゲームソフトではボンブシェルと明記されている。
②ガルバトロンの元であるメガトロンに対する忠誠心ぶりから、スカイワープなのではとファンの間で囁かれている。
プロット段階では「彼と同時に同型だが小型の部下『アルマダ』が生成される」とあり、その名残からか誕生シーンでのみ2体が同時に登場している。
日本語吹き替え版ではユニクロンに「宇宙の暴れ者、航空参謀サイクロナスとその無敵艦隊」と紹介されているが、この「無敵艦隊」とは言語での「アルマダ」を固有名詞と気付かず誤訳されたものである模様。

トランスフォーマー2010

CV:稲葉実
すっかり頭がおかしくなったガルバトロンの下、デストロン軍団を実質的に纏め上げている状態に。

背中合わせのナンバートゥー


同じくサイバトロンの中間管理職であるウルトラマグナスとはライバル的に扱われる事がしばしばあった。
「戦士は戦って死ぬべきだ」

トランスフォーマー・ザ・リバース

CV:立木文彦
海外展開。サイバトロンの完成させたヘッドマスターシステムに対して利害を共にする
ロード・ザラックと交渉の結果ターゲットマスターシステムを考案し、その第一号となる。
海外ではターゲットマスター仕様に金型を改修、パートナーのナイトスティックを付属した
サイクロナスの玩具も発売された。

トランスフォーマー・ザ・ヘッドマスターズ

CV:西村知道
色々な事情によりバカキャラにジョブチェンジ。
ユニクロンが作ったもう一体のサイクロナスなのか、
はたまたマトリクスの影響を受けてしまったのか…「わかんねーなー全然わっかんねーなー」

ユナイトウォリアーズ

日本国内の玩具シリーズ『ユナイトウォリアーズ』では、「タクティシアンサイクロナス」として登場している。
『ザ・ヘッドマスターズ』の戦いから10年後の2021年、死んだガルバトロンから啓示を受け、ボディにガルバトロンの霊体を憑依された事で合体可能なスクランブルボディに再フォーマットされた。
更にはユニクロンの力を借りて別の次元から、不完全な半実態ゴーストボディのゴーストスタースクリーム、別次元のユニクロンの変形に巻き込まれて死亡したはずのカースアルマダスラスト、悲惨な運命の末ゾンビとしてさまよっていたゾンビウォーブレークダウン、次元の狭間をさまよう末に仲間を怨むようになった元サイバトロン戦士ワンダリングローラーの4戦士を召喚、合体戦士「グランドガルバトロン」への合体機能を獲得した。
現在は彼ら4体の持つ怨念を集積したエネルギーを利用し、主君ガルバトロンの完全復活を企てている。
なお主君ガルバトロンへの忠誠心は今でも健在で、ガルバトロンが多くの部下に見放されるきっかけとなったグランドガルバトロン計画も内心では実現させてあげたかったようである。

シャッタード・グラス

善悪反転世界におけるサイクロナス。
元のサイクロナスが忠義者であったのに対し、こちらはメガトロンを裏切り
彼に瀕死の重傷を負わせ、ガルバトロンへと転生するきっかけを作った反逆者である。

アニメイテッド

不動の武人


チーム・ジャールの一員として登場。宇宙の辺境でチーム・ロディマスと戦った。
裏設定では未来から来たという設定があり、アニメイテッド世界のガルバトロンの存在を示唆している。

pixivに投稿された作品 pixivで「サイクロナス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 251314

コメント