ピクシブ百科事典

スコルポノック

すこるぽのっく

スコルポノックとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するデストロン(ディセプティコン)に所属するキャラクター。
目次[非表示]
  1. ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したメガザラックの本名。サソリ宇宙戦艦とヘッドオンする。
  2. ビーストウォーズ』に登場したスコルポスの原語版の名前。
  3. 実写映画版に登場したブラックアウトが飼育しているサソリ型の機械生命体。
  4. トランスフォーマーアドベンチャー』に登場するディセプティコン


本項目では3,4を取り扱う。1,2は各項目記事へ。

実写映画版

本能のみに従って行動する動物のような機械生命体で、言葉を発する機能は持たない。
劇中では終始トランスフォームすることはなかったが、玩具ではロボット形態への変形機構が与えられている。

普段はブラックアウトの背部に格納されており、一度彼の命令を受ければ執拗に獲物を追撃し、劇中ではブラックアウトが壊滅させた米軍カタール基地の残存兵であるレノックス達の部隊を襲撃している。
ジャミング能力があるようで、後述のA-10に対しレーザー誘導の妨害を行っていたが、機関砲による攻撃を受けてからはジャミングが出来なくなったのか、ミサイルによる攻撃を受けている。

その後は救援要請で駆け付けたA-10の30mm機関砲やヘルファイアミサイルによる攻撃を受け、更にAC-130の40mm機関砲や105mm榴弾砲の砲撃を受けて尻尾を切断され、砂の中へと逃亡、以降はは姿を見せていない。
一説では主であるブラックアウトと一心同体の存在と解釈されている為、劇中の最終決戦でブラックアウトが死亡した際に機能を停止したと見られている。
投稿イラストの傾向としては、大半がブラックアウトとの絡みが主となっている。

なお、その続編となる『トランスフォーマーリベンジ』の最終決戦において、オートボットの援軍として駆けつけたジェットファイアーに致命傷を負わせているが、直後に返り討ちにされた上、結果としてジェットファイアーは自らの身体をパーツとしてオプティマスと合体。ジェットパワーオプティマスとなりディセプティコン首領・フォールンを破壊している。
なお、映画公開当時に発売された玩具は「ストークスコルポノック」という名で別人のようになっているが、小説版を読む限りでは前作の生き残りであるようだ。

更に三作目『ダークサイド・ムーン』では、ブラックアウトを差し置いて「人類と最初に接触したディセプティコン」としてレノックスが回想している。
チェルノブイリでのドリラー襲撃の際も、ドリラーが地下を徘徊する振動からスコルポノックを想像するなど、レノックスにとってはよほど印象の強い相手だったようだ。

トランスフォーマーアドベンチャー

CV:ビクター・ブラント/吹き替え駒谷昌男
『マイクロンの章』第3話から登場。
サイバトロン星では辺境の田舎町の恐喝犯であり、口うるさい奴や弱者を嫌う短気な性格。
投獄されていた監獄船アルケモア号が地球に墜落した混乱に乗じて脱獄すると、同じく投獄されていたグロウストライクやセイバーホーンと結託して暴動を起こしてアルケモア号を制圧した。その後はアルケモア号を密かに修理して地球を脱走し、グロウストライクたちとともに宇宙海賊として再起しようと目論んでいた。

『マイクロンの章』第7話では、グロウストライクたちの信用を得ようと目論んだスチールジョーの姦計にはまり、クレイジーボルトらとともに潰れたドライブインシアターに誘き出されたところをチームバンブルビーと交戦、一時はグリムロックを人質に取るも、バンブルビーのマジックに気を取られたところを反撃にあい、クレイジーボルト達もろとも逮捕された。この隙にスチールジョーはオートボット基地からサンダーフーフ達を釈放したことでグロウストライクの信頼を勝ち取り、スコルポノックは裏切り者として扱われてしまった。

同じくサソリをモチーフとする従来のシリーズのスコルポスやスコルポノックと比べると尻尾が非常に長く、ビーストモードのハサミがロボットモードでは拳ではなく肩になるという独特の変形パターンを持つ。
パートナーマイクロンとしてサイクロン族のブラジオンとクラウトを引き連れているが、他のディセプティコンと違いマイクロンを射出する能力はない。

関連イラスト

Scorponok
スコルポノック



関連タグ

トランスフォーマー ディセプティコン
ザ☆ヘッドマスターズ ビーストウォーズ 実写TF トランスフォーマーアドベンチャー

pixivに投稿された作品 pixivで「スコルポノック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159903

コメント