ピクシブ百科事典

ジョアン・レベロ

じょあんれべろ

『銀河英雄伝説』の登場人物(画像左の人物)。
目次[非表示]

概要

CV:家弓家正
『銀河英雄伝説』の登場人物。


自由惑星同盟の政治家で、登場時には財務委員長を務め最高評議会議員の一人でもあった。
バーラトの和約締結後は臨時政府の最高責任者に就任しており、同盟の末期にあって無能な政治家や汚職まみれの政治家ばかりの同盟政府にあって、数少ない政治家としての能力と良識を持った人物だった。
幼馴染であるシドニー・シトレとはよく憎まれ口を言い合う友人同士で、軍人であるシトレからも一定の信頼を置かれていた。
アンドリュー・フォークが持ち込んだ帝国領侵攻作戦についてはヨブ・トリューニヒトホアン・ルイと共に反対する。だが、コーネリア・ウィンザーを筆頭とした推進派の猛賛成に押し切られて作戦は可決されてしまい、失敗した挙句に投入した3千万将兵のうち2千万人近い戦死者を出すという致命的な大敗を招いてしまった。

銀河帝国による『バーラトの和約』の後、ハイネセンの高等弁務官として着任したレンネンカンプの要請で、退役生活を送っていたヤンとその一派を拘束しようとしたが、逆にそれを好機としたヤン達を取り逃がし、挙句レンネンカンプが自ら命を絶つという結果に終わってしまっている。
その後、『第二次ラグナロック作戦』でハイネセンが陥落の憂き目に遭うと、保身に走ったロックウェル大将の一派によって銃殺される。自分が歴史上の悪役になった、と自覚しており、己の最期もヤンを謀殺しようとした報い、と自業自得として受け入れながらも『私の良心と君たちの良心とでは、課せられた義務が全く違う――――だがよろしい、私を撃って君たちの安全を買いたまえ』と毅然とした佇まいでヴァルハラへと旅立っていった。

後にハイネセンに降り立ったラインハルトは、ごく短時間ではあったが安置されたレベロの亡骸を礼節に則って悼んでいる。

人物

腐敗した自由惑星同盟のなかにあって、汚職に手を染めず社会のために働き続けた清廉な政治家だった。生真面目で責任感の強い性格の持ち主で、衰弱し続ける同盟を憂い続けていたが、政治家としては融通がきかず、リーダーシップに欠けるところがあった。平和な時代であれば優秀な政治家として活躍できていたのだろうが、動乱の時代では周囲の状況に振り回され能力を発揮できず政治家として変節を余儀なくされてしまった。
また猜疑心の強い人物であり、本来なら心強い味方になれたヤン・ウェンリーに対してもその軍事的才能と名声の高さから「第2のルドルフ・フォン・ゴールデンバウムになるのではないか?」と恐れを抱いていた。これが、後のヤン謀殺未遂事件の実行に繋がってしまったと言える。(とはいえ、似たような猜疑心は政敵であるトリューニヒトも抱いており、これがガイエスブルグ要塞襲来直前の秘密査問会につながっていた)
時代に翻弄され、身に合わない役職に就いたがために自分と周囲を裏切り続けることになった挙げ句、保身に走った軍人たちの手によって殺害されてしまうという末路をたどったため、同時代の人間からも後世の歴史家からもその報われぬ人生を哀れまれた。

関連タグ

銀河英雄伝説 自由惑星同盟 ヨブ・トリューニヒト

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョアン・レベロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2861

コメント