ピクシブ百科事典

ダスティ・アッテンボロー

だすてぃあってんぼろー

田中芳樹・原作の小説「銀河英雄伝説」の自由惑星同盟サイドの登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:井上和彦

ヤンの士官学校時代の後輩で自称革命家。
「それがどうした!」の名言で有名な同盟軍ヤン艦隊の主要人物。
「鉄灰色」の髪とそばかすが特徴で、若いながら非凡な能力を備えた用兵家。
行動原理は「伊達と酔狂」と公言している。

人物

自由惑星同盟軍のなかでも異例のスピード出世を遂げた将帥で、自由惑星同盟が存続してさえいれば30代で元帥にも成れたと言われる実力者である。
そんな軍事的才能とは裏腹に、本人は最初ジャーナリストを志望していた。しかし父親から無理矢理軍士官学校を受験させられたすえに、あろう事か士官学校以外の学校全てを落としてしまったため、仕方なく士官学校に入学したのである。
ヤン・ウェンリーとはその頃に知り合い、以来公私をともにする間柄となった。
英雄ラインハルト・フォン・ローエングラムの出現以降、ヤンの元で帝国軍と一進一退の攻防を繰り広げたが、バーミリオン会戦終結後の「バーラトの和約」に伴い退役した。
その後も同盟政府によるヤン暗殺を阻止し、「イゼルローン共和国」建国の立役者となるなど多方面で活躍した。

能力

ヤン以上に剛柔のバランスが取れた用兵家である。ゲリラ戦術や偽装戦術を得意としており、とりわけ退却戦が得意である。ビッテンフェルト率いる黒色槍騎兵艦隊を相手取っても偽装敗走や撤退戦術を繰り広げるあたり、筋金入りの”奇術師”であった。
ヤンから”学生革命家”と称されるように、軍事以外の分野でもめまぐるしい働きを見せており、「イゼルローン共和政府」の構想をぶち上げたのも彼である。

性格

体制に反発するジャーナリストの父親から影響されたのか、アッテンボローもまた反骨精神溢れる男である。
彼の行動原理は”体制”に対する反発であり、大多数派には決してなびかない革命家(自称)である。ヤンにとっては数少ない理解者の一人であり、ヤン艦隊を支える縁の下の力持ちであった。
ちなみにヤン艦隊の問題児オリビエ・ポプランとは毒舌をたたき合う仲である。

関連イラスト

伊達と酔狂
en



関連タグ

銀河英雄伝説 銀英伝 自由惑星同盟 アッテンボロー アッテン

pixivに投稿された作品 pixivで「ダスティ・アッテンボロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91022

コメント