ピクシブ百科事典

ヨブ・トリューニヒト

よぶとりゅーにひと

ヨブ・トリューニヒトとは田中芳樹原作の小説「銀河英雄伝説」に登場するキャラクターである(画像右)。
目次[非表示]

「私のような人間が権力を握って他人に対する生殺与奪を欲しいままにする、これが民主共和政治の欠陥でなくてなんだと言うのです」

概略

CV:石塚運昇

原作開始当初は41歳にして自由惑星同盟の国防委員長を務める政治家
最悪の民主政治の権化であり、民主政治の負の側面を象徴する人物である。巧みな弁舌とその容姿で国民の支持は高かく、軍部や軍需産業とのパイプも強く、国民に対して打倒帝国をスローガンに戦争を賛美し、命を投げ出し戦わせることを扇動する主戦派の政治家である。
軍の支持は厚かったが、一方でヤンビュコックのような反骨心旺盛な者達からは口先だけの扇動政治家であると忌避されていた。しかし本人としてはそっちのほうが権力を握りやすいから主戦派を演じているにすぎない。

比喩表現としてのトリューニヒト

トリューニヒトの名前をweb検索すると様々な実在する政治家の名前が検索候補に羅列される。欧州において嫌いな政治家をヒトラーに例えるかのように、銀英伝ファンの間において嫌いな政治家をトリューニヒトに例えられる事がある。

関係

憂国騎士団

帝国打倒を唱える過激な政治結社、憂国騎士団との太いパイプを持ち、裏では反対勢力を弾圧、殺害していると原作では噂されていた。しかしながらアニメ版ではまごうことなき真実として描写されており、壊滅した第4、第6艦隊の慰霊式典では婚約者を亡くしたジェシカ・エドワーズに扇動演説を邪魔されたことから、彼女に制裁を加えようとしたところをヤン・ウェンリーの差し金で失敗している。

地球教

地球を総本山とし、帝国同盟両国に浸透する宗教団体地球教からの人的、金銭的な援助を受け行動していた。しかし地球教が皇帝・ラインハルト暗殺をたくらんだ際には、トリューニヒトがその情報をいち早く憲兵総監・ケスラー上級大将に伝え地球教の殲滅に寄与した。

トリューニヒト派閥

金や権力欲・出世欲に目がくらんだ政治家や軍人の手綱を握り、自陣営の駒として利用していた。賄賂の内容や愛人の有無まで細かく把握している。救国軍事会議のクーデター鎮圧後は、軍に対する民衆の信頼を取り戻すという名目で軍の上層部をほぼトリューニヒト派で染め上げている。

実績

帝国領侵攻決議

ヤン・ウェンリー率いる第13艦隊がイゼルローン要塞を陥落させた直後、同盟では帝国領に侵攻すべきという声が高まり、それを受けた議会は選挙対策の一環として帝国領侵攻を計画した。しかし、トリューニヒトはこの作戦案に反対票を投じた。結果的にはトリューニヒトの判断は正しく、帝国領侵攻は失敗に終わったが、第10艦隊司令・ウランフ中将、第12艦隊司令・ボロディン中将(アニメではさらに第8艦隊司令・アップルトン中将らを含む各艦隊司令)をはじめとする2000万人にも及ぶ戦死・行方不明者を出す惨敗に終わるなど同盟軍は致命的打撃をこうむることとなった。トリューニヒトはその先見性を評価されて暫定政権の首班を経て最高評議会議長に就任し、同盟の元首となった。

ヤン・ウェンリー査問会

ヤンが「(クーデターを起こした救国軍事会議との戦いの前に)かかっているものは、たかだか国家の存亡だ。個人の自由と権利に比べればたいした価値のあるものじゃない」と発言した事を受け、ヤン艦隊の軍閥化を危惧した各分野の文民たちが、ヤンを非公式の査問会にかけている。この際、査問会を取り仕切っていた国防委員長がトリューニヒトに伺いを立てていることから、トリューニヒトがこの査問会の実施を指示したことが判明する。
シェーンコップがヤンに対し何度も焚きつけた事からもわかるように、ヤンには同盟における独裁的な権力を手に入れる機会が何度もあった事は事実だが、それらの意見は「軍部が国民の上に立って権力をふるうのは民主主義の精神に反する」というヤン個人の政治思想によって防止されている事を、査問会は最後まで洞察しえなかったないしは信じられなかった。

バーミリオン会戦の降伏

帝国軍がヤンの守るイゼルローン回廊を避けフェザーン回廊を通過した際には、トリューニヒトは民衆の批判の声が高まるとどこかへ雲隠れして職場放棄した。ヤンがバーミリオン会戦において戦術的な勝利をおさめ、帝国軍最高司令官・ラインハルト元帥の旗艦ブリュンヒルデを射程に収めたとき、トリューニヒトは最高評議会議長の権限によって停戦命令を出す。同盟首都ハイネセンへ訪れた帝国軍ミッターマイヤー・ロイエンタール両艦隊による首都への攻撃が実施されたためである。同盟の首脳陣は、首都ハイネセンへの無差別攻撃を甘受しラインハルトを殺害するよう強く主張し、ビュコックなどは実力を行使してでも止めようとしたが、それが返ってトリューニヒトがカウンタークーデターを行う大義名分となり武装した地球教徒の乱入によって反対者を黙らせて降伏を強行した。
戦闘の結果を知らされた同盟のあらゆる人々はトリューニヒトの決定に激怒したが、ヤン自身は後に正しい選択だったと漏らしている。またハイネセンに家族を残してきた兵士たちも内心トリューニヒトの判断を支持していた。

バーラトの和約後

帝国軍がハイネセンに侵攻した際、艦隊を指揮するミッターマイヤー上級大将がヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ伯爵令嬢の提案によって行った勧告により、トリューニヒトに一連の戦争の罪はきせられなかった。バーラトの和約以降は身の安全をはかるため、家族をともなって帝国に移住する。自由惑星同盟滅亡後には銀河帝国皇帝・ラインハルト・フォン・ローエングラムの元で仕官を希望。これに対しラインハルトは、新たに設けられた旧同盟領の高等参事官職を「トリューニヒトに対して恨み骨髄の同盟市民達の只中に入っていくような職を受任するはずがない、もし断れば仕官の道は永久に断ってやろう」というつもりで提案するが、周囲の予想を裏切るほどの厚顔さでこの人事を受け入れ、ロイエンタールの下へ配属される事になる。この人事は当時の軍務尚書・オーベルシュタイン元帥が対立関係にあったロイエンタールを貶めるために推薦したのではとの噂が帝国の政官界、軍部に流れたが、実際にはオーベルシュタインはこの人事に関知しておらず、皇帝・ラインハルトがトリューニヒトに嫌がらせをしていたのが真相であり、トリューニヒトがこの人事を受け入れたことを知ったラインハルトは渋い顔をしている。

ロイエンタールの反乱

新領土総督・ロイエンタール元帥の反乱の際には、イゼルローン要塞に駐留するヤン艦隊に帝国軍を足止めすることに対する交渉の具として同盟領の返還とともに扱われる。イゼルローン要塞を指揮するユリアン・ミンツはこの交渉を拒否し、帝国軍のイゼルローン回廊通過を受諾している。その際、ワルター・フォン・シェーンコップエルネスト・メックリンガー上級大将との通信によって帝国軍を「センチメンタリストの集まり」と評している。
反乱に失敗したロイエンタールが敗北後にトリューニヒトと会談した際、「皇帝が卿を帝国宰相に任じるのであれば、卿はその任に就くのか?」とロイエンタールが問うたとき、トリューニヒトは「皇帝がお望みであれば」と答えた。その答えに不信感を覚えたロイエンタールが「卿は民主共和制を憎んでいるように聞こえる」と述べると、トリューニヒトはさらに「権力の座に就けてくださるのであれば帝国に忠誠をつくしましょう」とも答えた。この一連の答えにロイエンタールはトリューニヒトが「エゴイズムの怪物」であることを確信する。「この男が同盟を滅ぼしたのは、この男が同盟に生まれたからにすぎない。もし帝国に生まれていれば、別のやり方で帝国を骨の髄までしゃぶりつくして帝国を滅ぼしたであろう」皇帝・ラインハルトが真意を見誤り、敵将・ヤン・ウェンリーが単なる悪徳政治家だけではない何かに恐怖を覚え、軍務尚書・オーベルシュタインすら軽視したトリューニヒトを死の間際にあるロイエンタールはトリューニヒトの本質を見抜き、生かしておくべくではないと決断した。しかし、トリューニヒトはそれらの質問を死に瀕したロイエンタールが意識を混濁させたものと考え、質問に取り繕うことなく自身の本音で答え、その中でラインハルトを「才能はあっても、人間として完成にほど遠い、未熟なあの坊や」と強く誹謗してしまったため、反乱を起こしてもラインハルトへの忠誠心が残っていたロイエンタールの逆鱗に触れ、その場で射殺された。トリューニヒトはロイエンタールをどちらかというと自分の同類であると思い込んでいたらしく、ロイエンタールの理不尽さを責めるような表情で死んだ。
余談だが軍務尚書・オーベルシュタイン元帥もトリューニヒトのラインハルト批判と同様の意見を述べており、のちに軍をみだりに動かし、ヤンとの対決に固執するラインハルトについて「私的な感情で兵を損ねた」と非難したことから、ビッテンフェルト上級大将らと対立し内乱寸前の状態にまでなっている。

真意

死後にその計画の一端が明らかになる。トリューニヒトは早い時期から帝国に憲法を作り、議会を開設させることにより帝国の民主化を完成させることを画策していた。帝国領侵攻決議やバーミリオン会戦での降伏勧告など、一見すると一貫性のない判断が、帝国の民主化という目的に合致して行われたものだと判明する。
同様の計画を思案していたユリアン・ミンツは、トリューニヒトが自身の利益のために帝国の民主化をたくらんだものだと想像したが、トリューニヒトがどのような思想を抱いて帝国民主化計画を立てたのかは歴史の闇の中である。
しかしながら、帝国の政官財界を中心に民主化の種を撒いていたのは確かで、生き延びていれば帝国を民主化させた大政治家としてトリューニヒトが全人類社会の頂点に君臨する展開も十分にあり得たとのこと。

人物

決して無能で弁舌だけの扇動政治家でないことは証明されている。政策を実現するための視野・政治的手腕はずば抜けたものがあり引き時・出現する時を見極める力は作中でも随一である。軍部の指導者でありながらアムリッツアの大敗以降の責任を取るでなく、かえって勢力を拡大し、政権、軍部を掌握し、ついに同盟が滅亡しても命を失うことなく、物語終盤まで生き延びている。彼は査問会、ロイエンタールの反乱と二度ほど大きな失敗を犯しているが、そのいずれもが他者の人格に対する共感を欠いたことが間接的な原因となっている。
またロイエンタールとの会話から自分を支持した民衆へ怒りや民主主義に対する憎悪を抱いているとれる描写があり、ただのエゴイストにしては奇妙だとロイエンタールに評されている。
なおコミック版を担当した道原かつみの一番のお気に入りのキャラクターでもある。しかしキャラ紹介の一枚絵に薔薇を持たせているので、小さく「バラを持たせるな」と突っ込みの一文がある。

自由惑星同盟政治家ビッテンフェルト



周囲からの評価

作中の人物からは、ことごとく悪徳政治業者として扱われ「エゴイストの怪物」、「怪物じみた男」、「悪質な癌細胞」、「次々と宿主を枯れ死させる宿り木」、「人の言葉をしゃべるネズミ」などといった最低の評価を受けている。しかしその責任を国家や有権者に求める声もある。

「専制政治が倒れるのは君主と重臣の罪だが、民主政治が倒れるのは全市民の責任だ。あなたを合法的に権力の座から追う機会は何度もあったのに、自らその権利と責任を放棄し、無能で腐敗した政治家に自分たち自身を売り渡したのだ」 - アレクサンドル・ビュコック

ヤン自身は、人物としてのトリューニヒトを誰よりも嫌悪しアニメ版ではトリューニヒトが参加する式典をボイコットした事すらあるが、民主国家の首班としてのトリューニヒトに対してはこうした評価を下している。

「私は最悪の民主政治でも最良の専制政治にまさると思っている。だからヨブ・トリューニヒト氏のためにラインハルト・フォン・ローエングラム公と戦うのさ」 - ヤン・ウェンリー

創作物に珍しい純粋な政治家で優秀な悪人であり、他の優秀な人物が自分なりの信念の下で能力を発揮している中、その信念全てを嘲笑うかのような立ち回りを見せた。さらには主人公であるヤン・ウェンリーとラインハルトを無視できず、作中のほとんどの人物が好意か悪意を激しく向けていた中、トリューニヒトは最後まで厄介な人物以上の認識を持っていなかった。これらの要素のためか、読者からは妙に人気があり、そのためか二次創作では良い人化したりオリ主の後援者という立ち位置につかされることが多い。


関連タグ

銀河英雄伝説 自由惑星同盟

なお作者によれば、この作品には「主観的な正義」の人しか出てこない。
自分を支持した民衆に怒りを抱いていることやラインハルトの天才児ぶりを批判しているところから推測するに、トリュー二ヒトにとっての正義は「己の理性を信じ、他人の感情に左右されることなく、自分や自分の属する組織の利益を追求する」ことなのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨブ・トリューニヒト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13507

コメント