ピクシブ百科事典

ゾロリ

ぞろり

原ゆたか先生原作の児童書「かいけつゾロリ」シリーズの主人公。
目次[非表示]

CV《2004年アニメ:山寺宏一・子供姿:福山潤》《1993年劇場版:神谷明》《1989年OVA:二又一成

概要だぞお~、ニヒヒ

主人公のキツネの男。元々は「ほうれんそうマン」シリーズに登場する悪役で、主人公であるポイポイのライバル(いわゆるばいきんまんドロンボーなどのポジションで、憎めない悪役)だった。
いたずらの王者になる事と自分のを持つ事、綺麗なお嫁さんを貰う事を夢見る風来坊
家族構成は父親ゾロンド・ロンと母親ゾロリーヌだが、父親は幼い頃に飛行機のテストの事故で行方不明になり、母親も幼い頃に病死する。
ちなみにママの遺言はなぜか「100才になったら卵を100個食べるのよ(ほうれんそうマンシリーズ第1巻「へんしーんほうれんそうマン」より)」と変わった言葉を遺している。結局ほうれんそうマンにより、たまご集めは失敗に終わる。

話の中で父親と思われる人物が度々ゾロリ達の手助けをしているシーンが見られる。

イシシ、ノシシ、プッペ、ナジョー!これが俺様の人物像だ!!

一人称は、「俺様」(ただしゾロリーヌや一目惚れした大半の女性の前では「僕」)。

凄まじく手先が器用であり、たった一人でガラクタゴミからメカ乗り物遊園地までも作ることが出来る。『だいかいじゅう』では10分かそこらで対怪獣兵器を作成しているほど。いずれも怪獣に破壊されたが。

自称「イタズラ天才」で、「イタズラの王者」を目指しているが、他人を傷付けるようなイタズラはしない(アニメ版においては彼の発明の技術を悪用しようとした者の登場やアニメ3期においては自身が考えるイタズラの定義がストーリー上のテーマと言える)。
作品によっては「悪の帝王」「いじめの勇者」を志す場合もあるが、結果として大損をしたり、なんだかんだで善行働くことが多い。
イタズラと宝探しを好み、悪人を気取ってはいるもののおっちょこちょいで心優しく、ダークヒーローの特徴が強い。

困っている人を見たら放っておけない性格だが、お宝や美人が絡んで引き受けることが多い。
また、同じいたずら好きなためか、妖怪学校の先生に何かと頼られて臨時で先生をしたこともしばしば。

義理人情に篤く純粋に人助けをすることもある。特に自らの境遇から子を思う母の心、母を思う子の心に弱く、人助けは親子、特に「母親」が絡むときにすることが多い。(『ママだーいすき』で赤ちゃん狐にダイヤを与えて狐一家を助けたり、『きょうふの大ジャンプ』で金メダルを取らないと永久に国外追放されかけた青年に金メダルを取らせるなど)。

上機嫌になると、「ニヒヒヒ」と笑う。

また、原作では「まほうのへや」、アニメ2期以降では体が柔らかくなった。
運動神経抜群で特技はいくつもある(例:悪巧み変装、発明、剣術運転催眠術オナラなど)。

劇中の活躍から、町(時には国)によっては英雄もしくは犯罪者と言う両極端な評価が成されている(例:悪事を頓挫させられたラグロー市長&コネハ社長、ゴメス署長と言った体制側の悪党からは当然嫌われ者だが、コレット姫を救われた王様からは王子になって欲しいと望まれるなど、指導者の対応も地域ごとに様々)。

1度警察に逮捕されるも自力で脱獄した事でニュースに取り上げられていた事もあり、原作第15巻の「つかまる!!」以降は指名手配されているが、渡来人と言う立場から来る知名度の低さ、警察関係(特にイヌタクなど)の理解者の存在、そして悪行以上に善行を積んでいる為、世界的には指名手配されていない。

基本的には打たれ強いが、「天国と地獄」においてはゾロリーヌを案ずるあまりあの世へ渡り、彼女の叱咤激励を受けて自分の目的を思い出して再起するなど、崩れると脆い一面も持っている。

子分であるイノシシの双子の山賊イシシノシシ、及び妖怪学校の面々からからはゾロリ先生と呼ばれ尊敬されている。
イシシとノシシほどではないが、途轍もない大食いで、好きな食べ物は「海鮮五目焼きそば(辛子付き)」(アニメではイシシと同様にあんぱんが1番の大好物となっている)。

また、惚れっぽい性格でストライクゾーンは著しく広く、下は小学生から上は熟女まで何でもOK。美女を見るたびに目をハートにするのは最早お決まりの展開であるが、良い雰囲気になっても何らかの理由で失恋することが多く、場合によってはその人の幸せを考え、ゾロリ自ら潔く身を引くこともある。
女装をしたこともあるが、相手に惚れられたことがあり、次第に自分の美しくなった姿を見てあやうく本当の女性になりきってしまった事もある。その時のゾロリの一人称は「あたし」、アニメ版において時々は「ボクちゃん」。

余談だが、青年みたいな姿に反して実は120歳を超えている(これは「ほうれんそうマン」での設定で、「かいけつゾロリ」はその後のストーリーを描いている為。アニメ版では年齢不明)。

俺様のチョ~素敵な衣装だぞ

普段は三度笠に縞の合羽と言う渋い服装であるが、「かいけつゾロリ」として活動するときは緑で「ZZ」と入った青い衣装と黄色いラインの入ったオレンジのブーツ、裏地は赤の黒マント(「ほうれんそうマン」の頃は、表裏共に黒で裾はギザギザだった)+赤のラインの入った黒帽子を着用する。コスチュームなので強い力は発揮は出来ないものの、敵の攻撃をかわすためにも、この衣装になることが多い。

ゾロリ イシシとノシシ 
参上!


ちなみにゾロリシリーズで一番最初の「ドラゴンたいじ」ではアーサーから奪った鎧を着用していたので怪傑衣装にならなかったりする(アニメ版では着替えている)。

俺様の可愛いお嫁さん候補を紹介するぜ!

・エルゼ姫
レバンナ王国の王女。
アーサーとの結婚式の際にドラゴンにさらわれてしまうが実はエルゼ姫をお嫁さんにしようともくろむゾロリのマッチポンプによるものでドラゴンもイシシとノシシが操縦する機械仕掛けのもの。
それらの秘密をアーサーに暴かれ作戦は失敗。その後アーサーと結ばれる。しかしゾロリをそこまで嫌悪してはいないらしく、自他共に「ライバル」と認められたようでアニメ版では、主にエルゼ姫が、困ったことがあるとゾロリに助っ人をお願いする。
振り回されるアーサーを見たゾロリは「結婚しなくてよかった」と漏らしている。

・コレット
大魔王サイブス一味に支配された城のお姫様。
サイブスの襲撃を受け、イボガエルの姿にされ眠らされる。
やむなくゾロリのキスで元に戻るはずが元の姿に戻らないためゾロリは怒りだし、見限られてしまう。しかし実際にはキスをして「30分後」に元に戻るものだった。ゲーム版『かいけつゾロリ まほうのゆうえんち』のゲーム画面を見る限りでは意外と長身である。

ミャン王女
ゾロリが体験版を独占していたゲーム、ボケッートモンスター(アニメではパッチリモンスター)のヒロインのお姫様。
モンスターに捕らわれプレイヤーに助けられたらゲーム終了、ゲームが始まればまたモンスターに捕らわれるという生活に嫌気を差しゾロリに裏技を入力させ飛び出してきた。
しかしその後、地道に働くゾロリの姿や、父王に自らの必要性を知らされ元の生活に戻ることを決意。ゲームの世界に入ると2度と戻れなくなるのを理由にゾロリと別れる。
実はお嫁さん候補の中で唯一ゾロリと恋愛をしている。

テイル
タイガー海賊団に襲われていたところをゾロリ達に助けられた考古学者の娘。
髪型はパネルでポンリップと酷似している。美脚。
父の遺した地図を手に、宝探しをしている。虫と蛇が苦手らしい。父が探していた宝とは水のない荒野の村にもたらす水であった。村の水不足を解消した後は父の意思を継ぎ冒険に出る。
幼いころ母を亡くし、父は旅立つことが多くその境遇はゾロリに似ている。

ディナ
アニメオリジナルキャラ。恐竜調査隊の紅一点。
仲間とはぐれた際恐竜の卵を見つけ、近くにいたゾロリを卵泥棒と勘違いし襲い掛かるもすぐに誤解が解ける。実は行方不明になっていた資産家の娘でもある。水浴びシーンもある。
ある意味お色気担当。無事卵が孵化した後はゴリ丸婦人と子供たちと共におっと島に残ることにした。着用していたゴーグルはゴリ丸の息子に奪われてしまったが返してもらったのだろうか?担当声優である水樹奈々女氏はテレビシリーズ版でマルチーヌを演じている。

ママ、僕の関連タグだよ!

かいけつゾロリ イシシ ノシシ
ほうれんそうマン ゾロンド・ロン ゾロリーヌ
キツネ ダークヒーロー イタズラ マザコン 愛すべき馬鹿
山寺宏一 福山潤 神谷明 二又一成 原ゆたか

怪傑ゾロマスク・オブ・ゾロ - ゾロリのモデル

憎めない悪役 - 「ほうれんそうマン」シリーズでの扱い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾロリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 604511

コメント