ピクシブ百科事典

ディアボロス

でぃあぼろす

ギリシャ語で『悪魔』を意味する言葉。 創作では上位悪魔の一種として扱われる。
目次[非表示]

ディアボロス【διάβολος】とは――

  1. ラテン語・ギリシャ語で悪魔」・「敵対者」の意。
  2. ゲーム『ファイナルファンタジー』シリーズに登場する召喚獣の一つ。
  3. ゲーム『剣と魔法と学園モノ。』に登場する種族。
  4. 漫画『キン肉マン』でバッファローマンスプリングマンのタッグチーム。

概要

ファイナルファンタジー』に登場するディアボロス

ディアボロス


 初出はFF8
 真っ赤な肉体に漆黒のラインを持つ禍々しくもスタイリッシュな外見をしている。
 他の召喚獣たちとは違い、珍しく初登場時の姿を保持して続けているキャラクター。
 あまりにも堂に入ったデザインからか、最新作の『零式』にもこの姿で登場している。

 召喚魔法は、敵全体に防御力を無視して相手のHPの割合に応じたダメージを与える『闇よりの使者』。
 属性的にはグラビデと同じく重力操作系に入る。

FF8の『初見殺し

 ゲーム序盤で手に入る『魔法のランプ』を使うことで登場し、エンカウントしたディアボロスを倒すとG.F.(FF8でいう召喚獣)として仲間になってくれる。
 序盤から仲間なるG.F.の中では群を抜いたジャンクション性能を持ち、『アビリティ×3』『ぶんどる』『あんこく』『エンカウント半減』など、かなり高性能な能力を保持している。

 ……が、何せ「魔法のランプ」を手に入れるLv10を超えたあたりでは瞬殺されるほど強いため、何の準備もせずに気安く挑戦するとあっという間にフルボッコにされる。
 こいつのせいで撃沈したプレイヤーも数多く、FF8きっての初見殺しとして知られる。
 しかし、やたら強いわけではなく、ボスキャラとしてはかなりの抜け道がある相手なので、慣れれば撃破自体は難しいものではない。

キン肉マン』に登場するディアボロス

 バッファローマンスプリングマンのタッグ。7人の悪魔超人編ではザ・ミラクルズと対戦。途中からシングルマッチとなり、敗北。無量大数軍編ではバッファローマン対ターボメン、スプリングマン対グリムリパーだったが、ピラミッドリングの崩壊でタッグマッチとなった。ターボメンとグリムリパーは即興タッグでジョン・ドウズと命名された。スプリングマンの犠牲もあり、なんとか勝利する。
 関連タグ
デビル ディアブロ ディアボロバッファローマンスプリングマンザ・ミラクルズジョン・ドウズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ディアボロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244773

コメント