ピクシブ百科事典

バイオハザード7

ばいおはざーどせぶん

バイオハザード7は、カプコンのホラーアクションゲーム『バイオハザード』シリーズの一つ。
目次[非表示]

すべては『恐怖』のために

概要

2017年1月26日に発売された、バイオハザードシリーズ本編ストーリーの第7弾。メインシリーズの中では第11作目となる。シリーズ20周年を記念する作品でもある。
フルタイトルは『BIOHAZARD7 resident evil』。Resident Evil(レシデント・イービル)は、海外におけるバイオハザードのタイトル名であり、レシデントは「居住者」、イビルは「悪」を意味する。逆に海外版は『RESIDENT EVIL 7 biohazard』となっている。
本作は『通常版』とゴア表現の強い『グロテスクバージョン』があり、グロテスクバージョンはバイオハザード4以来となるZ区分(18才以上のみ対象)となっている。

詳細

本作は「新生バイオハザード」と銘打たれ、徹底した「ホラー体験への回帰」がコンセプトに掲げられており、それまでの作品ごとに舞台となる規模が大きくなり、アクションゲームの色が増していったシリーズからガラリと変わり、片田舎にある一件の薄暗い不気味な廃屋を舞台とした、初代バイオハザードの洋館事件を思わせる、原点回帰と言える作風となっている。

PVや体験版が発表された当初は、前作と打って変わった恐怖心がかき立てられる内容が大変話題となり、ファンからは「俺の知ってるバイオじゃない!(汗)」という声もあがっていた。
更に、本作はシリーズ初のFPS視点のプレイ画面であり、それが廃屋の中の風景と重なって、「そこを歩く」という恐怖が表現されており、バイオハザード4以来の大きなプレイスタイルの変貌を遂げている。

本作の時系列は『6』の後の物語であり、雰囲気が大きく変わったために設定が一新されたと思ったファンもいたようだが、製作スタッフによればこれまでのシリーズと世界観は共有していて、従来のキャラクターにスポットが当てられていないだけだとのことで、そのため本作は全員が新キャラクターとなっている。

ストーリー

2017年、主人公イーサン・ウィンターズの元に、3年前から行方不明となっていた妻のミアからメッセージが送られてきた。
彼女を探すため、イーサンはメッセージの導きを頼りに、同じく3年前に行方不明となった、ルイジアナ州の片田舎に住んでいた農場主のベイカー一家の放棄された邸宅へ向かった。
屋敷の中を調べるイーサンだったが、そこで彼は不死身の狂人と化したベイカー家の住人に襲撃される。
辛くも境地を脱したイーサンは、自分宛にかけられてくる謎の女性の電話から助言を聞きながら、妻ミアを救出し屋敷からの脱出するため、邸内を探索していく。

PV

TAPE-1“荒廃”


TAPE-2“ベイカー”


TAPE-3“バイオハザード”


TAPE-4“レジデントイービル”


DLC

TAPE-0“Banned Footage”


登場キャラクター

主人公

ベイカー家

その他







この先ネタバレ注意





























お馴染みバイオシリーズの中心的人物。本作における最終決戦にて登場し、イーサンを助けた後に彼を救出する。なぜかアンブレラのエンブレムが描かれたヘリから現れ(しかし、以前と色や模様が違う)、ハンクらU.S.S.のような服装をしている。
更に本作の発売年の春に無料配信される、クリスを主人公としたDLCである短編エピソード『Not A Hero』において、彼の視点からの物語が展開され、本編では明かされなかった謎が暴かれるようである。

















関連タグ

バイオハザード カプコン
ホラー アクション
ゲーム 俺の知ってるのと違う

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「バイオハザード7」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281238

コメント