ピクシブ百科事典

パパス

ぱぱす

ドラゴンクエストⅤの主人公の父親。
目次[非表示]

パパスとはドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁に登場するキャラクターの一人。
及び上記のイラストに付けられるタグ。

概要

ドラゴンクエストⅤにおける主人公の父親で、妻はマーサ。少年時代を主人公と一緒に冒険する。
名前の由来はおそらく「パパ(父親)」。

主人公や召使いサンチョとともに一時的に身を寄せていたサンタローズの村ではかなりの人気者で、ビアンカの父ダンカンなど、多くの知り合いがいたが、その正体を知っているのはサンチョだけであった。

主人公の少年時代の終盤には、ゲマによって主人公を人質にとられた状態でジャミとゴンズによって半殺しにされ、さらにゲマのメラゾーマ(SFC版では別の魔法かブレスに見える)によって灰にされ、人生を終える。
ポリゴン化による演出面が強化されたPS2版では、このシーンでの彼の最期は特に凄惨なものとなっている。ゲマがあの方に似ているせいもあり、その様子は同じく偉大な父親キャラクター最期を彷彿させる。

実はグランバニア王国の王であり、旅の目的は魔王にさらわれた妻のマーサを捜すことである。マーサを救うためには天空の勇者の力が必要であると知り、旅の中で既に天空の剣を発見している。王位は旅に出る際、弟のオジロンへと譲っている。(上記のパパスの名前同様、オジロンの名前の由来は主人公の叔父である事からと思われる。)
リメイク版ではサンタローズを作る際には誰よりも働き、グランバニア王都の城内に城下町があるという、城塞都市化も彼の主導によるものだったことが語られる。

上記のイベントはドラクエシリーズの中でもかなり衝撃的なシーンでもあり、プレイヤーのゲマに対する憎しみが生まれるイベントでもある。実際に会話システムが導入されたリメイク以降では、主人公を始めとした親族なども怒りを露にしており、より一層際立っている。
また、死ぬ間際に発した「ぬわーーっっ!!」というセリフは有名で、たまにネタにされる。
ネーミングセンスも突飛なもので、物語の冒頭では息子を「トンヌラ」と名づけようとしていた(ちなみにトンヌラと入力していた場合は「サトチー」になるが平仮名でとんぬらでもトンヌラと名付けようとする)。
トンヌラに何かこだわりでもあったのだろうか?

小説版での本名は「デュムパポス・エル・ケル・グランバニア」。ドラマCDでは神谷明が声を担当。
リュカの娘ポピーこと「ポピレア」の名前は、パパスにちなんでビアンカが名付けた。
ダンカンのみならず、ラインハット王・ベルギス(小説版におけるヘンリーとデールの父親)とも旧知の仲。ベルギスとは共に冒険したこともある。

漫画「天空物語」では魔物の襲撃から国民を守るために地下(城内ではなく地下という設定)へ町を作ったのはパパスの案という設定である。

NPCとしての性能

少年時代においては、一時期だけNPCとして戦闘に加わる。Lv.27、装備品は『パパスの剣』と『皮の腰巻き』だけという軽装備でありながら、豊富なHPを持ち、二回行動と頻度の高い会心の一撃が強力。回復呪文も心得ており、歴代の戦闘に加わるNPCの中ではなかなか強い部類に入っている。
使用する回復魔法は「ホイミ」と「ベホイミ」。フィールド上で主人公のHPが減っているとかけてくれる。
だがただのホイミ、ベホイミではなく、回復量はベホマ並、そして解毒もするという高性能ぶり。
ただしリメイク版からは解毒効果はなくなってしまっている。

関連イラスト

パパスとゲレゲレとぼく。
「父の見れぬ背中」


あの時...
ドラゴンクエストⅤ - パパス


関連動画


モンバトのとどめの一撃

関連タグ

ドラゴンクエスト DQ5 ドラゴンクエストⅤ 父親
主人公(DQ5) サンチョ ぬわーーっっ!!
パパスの剣

pixivに投稿された作品 pixivで「パパス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 852576

コメント